リノベーション?新築?設計コンペ開催

昨年の暮れに行った設計コンペヒアリング。

大阪市内の谷町にある所有する建物を
そのままの大きさを利用して3階建てのリノベーションということで
ご依頼頂いた案件です。

ただ、建て込んだ地域で
さらに道路の問題や築年数が深いことから
今後、長くに渡り住むことを考えると
坪数を少し減らしても新築の方が良いのではないか?という事も考慮にいれて
その判断をする意味でも
今回の設計コンペを異例ではありますが
両方のプランを建てて頂く事を
建築家の方々にご協力頂き
新築プラン、リノベーションプランの2点をプランニング頂きました。

 

そして、今年に入って早速のプレゼンテーションは
大阪駅前にあるグランフロントで行われました。

◆一人目の建築家はウメダタケヒロ建築設計事務所 梅田さん
タイトルは 高天井の家

3階の減築を利用して2階のリビングに高い天井を作ったプラン
玄関から斜めに上がり
コストを考え空間を生かし
現状の階段位置を上手に利用したリノベーションプランと
広さを取る事を重視した新築プラン
どちらもリビングの高い天井を作って
空間の広がりを作っています。

 

◆二番目は一級建築士事務所 mnaa 中村さん
タイトルは 谷町の路地に建つ「明るい新しい」マチヤ


敷地の形状を生かし
現状の間取りを生かし
間取りを区切る階段を無駄なく上手に収納にしたリノベーションプランと
道路車線で削られる斜め空間を生かし
外観もかわいい雰囲気になるガラスタイルは室内を明るくし
導線を重視した使い勝手の良い新築プラン

 

◆三番目はTUKURU建築設計舎 澁江さん
タイトルは ひとが集まる明るい家


3階の部屋を手前に設ける事で
2階の奥の屋根に天窓を作り
リビングを明るく通常使う部屋を広く取ったリノベーションプランと
減築した3階部に家事をまとめ
将来1階だけで生活しやすいように
変えられる間取りを作った新築プラン

どのプランもリノベーションと新築を
わかりやすくプレゼンテーションして下さったので
比較して考えやすかったです。

今の空間がどのようになるのか?
言葉で伝えてもわかりにくいものですが
図面とパースで説明してもらう事で
建築家は自身のプランをわかってもらいやすくなり
施主は間取りを把握できます。

特に、普通はできない建築家の専門的な提案を含めたプランニングを
複数見る事ができる設計コンペは
他では体感できない貴重は時間です。

建築家の皆様
素晴らしいプラン、本当にありがとうございました。
結果は1週間後、
施主様がどのプランをどの建築家を選ぶのか
ドキドキします。

後日お知らせいたしますので
しばらくお待ち下さませ。
http://house-bridge.jp/blog/

新しい家づくりが始まりました。(宝塚・川西市の家)

土地さがしからのお客様ですが、

今のご自宅の売却があり、住宅ローンも払っている状態ですので

順番を整理して、住宅ローンを上手に進めないといけません。

 

売却があると、本当は先に売った方が良いのですが

引越しもあるのでかんたんではありません。

かといって、後からの売却にすると

住宅ローンも難しく、新しい物件に進む時に

家を売り急ぐ事にもなりかねません。

 

住宅ローンの借り換えも含めて

慎重に進めましょう。

宜しくお願い致します。

 

 by tani

新しい家づくりが始まりました。(八尾市の家)

建築家サポートのお客様です。

設計事務所に来られたものの、今の状況から

どう進めてよいかわからないと言う事で

サポートさせて頂く事になりました。

 

土地をすでに購入されてローンの支払いが始まっているお客様

それも、条件も悪い内容の上に

実際の土地金額の支払いも進んでいない“ つなぎ資金”での融資。

高い手数料だけ払っているような状況。

とにかく、現状を整理して銀行の組みなおしからです。

宜しくお願い致します。

 

by tani

新しい家づくりが始まりました。(鶴見区の家)

大阪市鶴見区の花博記念公園に

隣接した場所にお住まいのお客様。

お子さんの年齢も考えてそろそろ・・・と

御相談頂いきました。

 

お子様が小学校に通われている事もあり

環境が気に入っている事もあり

エリアを絞って土地探しからです。

まずは資金計画を立てて確認してから進めましょう。

宜しくお願い致します。

 

 by tani

ショールームは建築家と一緒に!

朝一番でTOTOショールームの前で待ち合わせ。
私も初めてみました。
ショールームを案内してくれるスタッフが総出で
ずら~っと並んでる姿!

建築家さんに予約してもらって必要な設備のみを
説明してくれます。
担当の方もとても良いかたでした。

「何が一番気になりますか?」と聞かれて「トイレ!」と施主様。
掃除が特に気になるとの事でした。


今は便座のつなぎの隙間がないタイプのものがあって
便器もシームレスなので本当に掃除しやすそう。
実物を見ると実感。
もちろん、節水!
昔はペットボトル13本の水を流していたようですが
今は3,5本です。本当に設備って進化しています。

毎回、建築家と施主様とでショールームは来ますが
来るたびに新商品に出会えます。

 

トイレのアクセサリーもちょっと気になります。

TOTOのあと、トクラス、サンワカンパニー、リクシルと
今日一日で4つのショールーム
予約時間を決めているのでテキパキショールーム周り!
朝からずっとですので結構時間はかかります。
でも、実際の図面を持って建築家と回ることで
設置できる物とできないもの、寸法を確認しながら見て回ると
必要な設備をきちんと確認できるので
とても大切です。


キッチン、バス、トイレなど
イメージが湧いてきます。
建築家も施主の好みや設備に対する考え方、
気になる部分など知ることができるので
基本設計の際にまずは見ておくことが大切だと思います。

新しい家づくりが始まりました。(東京都練馬区の家)

東京都練馬区のお客様です。

土地はお持ちで、銀行や建築家との家づくりについて

プロデュースを依頼されました。

ちょっと遠いお客様ですので、今回は電話でのプロデュースです。

でも、どこかのタイミングでお会いしたいと思っています。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

by tani

出そろった!さすが建築家のプランは違います。

2週間前のヒアリングから
「どんなプランが出るのだろう!」
「昨日は寝れなかった」と言うほど
ワクワクドキドキ、本当にこの設計コンペ プレゼンテーションを楽しみにしていた施主様。

王寺に購入した土地はきれいな住宅地。
彫り込み車庫があり、横の階段を登るこんな土地です。

その同じ土地に対して、
5名の建築家が提案したプランです。

1. オオタデザインオフィス

タイトル 【A HOUSE ON THE HILL TOP】

機能的に作ることが基本のコンセプト。敷地の段差を活かし土地を全体的に掘り下げて、室内をスキップフロアで計画。1Fの土間に床暖を入れることでスキップフロアを活かした空調にも配慮し、外観のルーバーにも機能を持たせ2色で分けした個性的なプラン。


__________________________________________

2. モカアーキテクツ

タイトル 【17Mの住宅】

眺望のよい南東にあえてテラスを設けず、そこは30畳程の広いリビングにし、敷地の長さを最大に取った17mの奥行きに極力平屋に近い空間を確保。カフェのような室内をつくり、家事をとにかくしやすい配置にして遊びやすく安全な場所に庭を配置、個室を振り分け階段で2Fに持ってきたプラン。

__________________________________________

3. グランデザイン

タイトル 【ヒマネキノイエ】

高い敷地を活かして無駄なスペースを極力カットし、玄関入ってすぐにリビング空間が広がるプラン。太陽の動きを意識して各部屋を上手く配慮し、一年中快適に過ごせる事をコンセプトにした家。Rを活かした外観の室内には階段、その途中にある旦那様の要望であるDJブースがポイント。


__________________________________________

4. N+Architectuts

タイトル 【景色を楽しむ住まい】

幾何学模様のようなデザインされた歩かせる階段を取り、アプローチを楽しめ、家族が過ごす共有空間であるLDKはDKとLをあえて少し離してそれぞれの空間での居心地を考え、DJブースで仕切るような配置。2Fにぐるっと回るような廊下を配置して部屋への動線を作ることで上がる階段を大きな吹き抜けにして1Fに光を届けるプラン。


__________________________________________

5. SPACE-CREATION 高木建築事務所

タイトル 【どてのある家】

高い敷地と彫り込み車庫を全体の建物と考え、手前の土を堀削して2F部分が普通の1Fの位置に来るよう、土地含めたスキップフロアの要塞のような斬新なプラン。TVの裏に壁を建てDJブースを配置した事や、一段下げた場所にある玄関と水回りの位置と玄関前にできたパティオがポイント。

 

 

5名の建築家の提案を受け、
同じ土地にこんなにも違うプランが出るなんて・・・
と驚きとともに本当にプレゼンテーションを堪能して下さったようです。

終わった後、それぞれのプランを並べて
しばらくお二人でそれぞれジッと見ておられました。
集中して5名の提案を聞いたので
終わった後は疲れが出たようです。

2週間という限られた時間の中で
お施主様の事を考え
要望と土地を活かした提案をしてくださった建築家の皆様。
本当に素敵なプランありがとうございます。
いつも先生方には本当に感謝です。

大事なプラン1つづつを改めて見て頂き
お返事、お待ちしております。
本日はお疲れ様でした。

 

色々見たいが当たり前。

自宅に来てもらうリアルコンペ。

設計コンペと言う、自分に合う建築家を選ぶ方法があります。
ネットコンペもありますが
それは単に間取りだけの組み合わせになりがちです。

というのも、
1つは、プランの要望はあくまで
その時に依頼者が伝えている内容だけだと言う事です。
リビングは広く、
和室も欲しい
子供部屋は6畳くらいで2人分など・・・

単に施主の要望だけを伝えるということは
そのまま単にそれを組み合わせる事になります。
もちろん、その人の要望なので
それも一つの答えです。

もちろん要望は大切ですが、
どうして必要なのか?
何に使うのか?
いつ、いつまで使うのか?
どんな生活パターンなのか?
と言う、本来の使い方や要望の意図がとても大切だからです。

その内容をヒアリングすることで
もしかしたら、必要なスペースは同じ空間にあった方が良かったり
いずれ使わないスペースになるなら
その先の事を考えて、違うスペースと共有にしたり
使い勝手を考えたら
要望と違う形や場所にあった方が良かったりなど

建築家にプランニングしてもらうと言う事は
デザインだけでなく
要望を提案という形で
より良い間取りにしてくれます。

必要なスペースを積み重ねていくと
広い坪数が必要になってしまいますが
その内容を聞くこと、提案することで
もっとコンパクトな間取りや
無駄のない間取りを実現することも可能です。

実際会って
その要望を整理し、本来の意図を聞く
それがリアルに合うヒアリングです。

そして、もう一つ。
とても大事なことは相性。

どんなに好みのプランでも
自分の性格や生活の仕方を理解してくれる
相性の合う建築家でないと
家づくりは難しいと言う事です。

生活空間はとてもプライベートな事です。
過ごしやすい空間を作ってもらうためには
自分の全てを知ってもらう必要もあり
話しやすい、付き合いやすい
そんな人が設計として入ってもらう事が大事です。

建築家ネットワークナビの設計コンペは
多くの建築家の中から
相性の合う人、好みの建物を建てる
そんな建築家5名に直接会って
要望を聞いてもらってプランニングしてもらう方法を取っています。

会うことで自分を知ってもらえる。
相手を知ることができる。
文字で伝えるだけでなく
言葉で伝える事でニュアンスが伝わります。

今回も施主のご自宅で設計コンペのヒアリングを開催しました。
事前に用意した要望書を読み解き
様々な質疑をすることで
家具の好みや使い勝手の悪い事での悩み
今後も使いたい家具の雰囲気やサイズを見てもらって
より、知ってもらう事で
本来の自分の要望が明確になります。

そのヒアリングから
各建築家が提案してくれることで5つのプランを見ることができます。
どんな風にプランニングされるか?
要望の受け止め方や好みの感じ方によって
それぞれのプランが提案されます。

どんなプランが出て来るのか
本当に楽しみです。

by tani

色々見たいが当たり前。

和やかな地鎮祭

雨が降ると言われていた土曜日、
午前中は雨もなく、
無事、地鎮祭を迎えることができました。

地元のお寺にお願いして
土地に神様にご愛猿をする「地鎮祭」です。
今度ここに家を建てますので
どうぞ宜しくお願い致します。
と言う祭事です。

お隣に住むご両親も
式に参列して頂きました。
地鎮祭は各地域によって
内容も意外と違います。

四方お清めも、
多くは神主さんだけがしますが
今回はその後、ご家族も一緒にお清めをします。

 

そして、刈初めの儀。
順番や道具を使う人も違いましたが
建築家 → 施主 → 工務店 → 神主 → そして改めて施主 → 神主
と、施主の出番が2度ありました。

初めて見たのが、「鈴払いの儀」です。
祭壇にある鈴を巫女が鳴らしながら場を清め
さらに参列した人達も清めていく儀式です。

涼やかな鈴の音が広がっていました。

参列したそれぞれが祭壇に榊を備えるのですが、
将来の主であるお子様も
丁寧に参りました。
小さくても、その雰囲気は感じるようで
いつも元気なお子さんも
ちょっと静かに、静かに
二礼二拍手一礼です。

何より初めてだったのが、
終わった後のお茶会です。

いつもは祭事が終わったらそのまま片付けて
すぐに帰ってしまう神主さんと一緒に
テーブルを用意して
お茶とお菓子をみんなで頂きました。

地鎮祭という祭事も一つ、心が引き締まるお式なのですが、
こうして参加したみんなで
土地でお茶会をすることの方が
土地の神様は喜んでくれているように思いました。

いつも本当に美味しいお茶を出して下さるお母様
おいしいお茶とお菓子をありがとうございました。

土地の中に栗の木があり
まさに鈴なり!
建築家さんと工務店さんと一緒に
拾わせてもらい頂きました1
ありがとうございます。♪

無事、地鎮祭が済みました。
本日はおめでとうございます。

by tani

新しい家づくりが始まりました。(谷町リノベーション)

親御さんから譲り受けた家を

リノベーションして住まいにしたいと言うお問合せから

家づくりが始まりました。

 

ご自身は違うマンションでお住まいなのですが

近くでずっと空き家としてあったご実家を

思い切ってリノベーションしたいという事です。

周りが立て込んでいるので室内が暗いので、

使い勝手の悪い間取りを一新して

住みやすく、明るくしましょう。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

by tani