家創りは参加すること。

ドリカムパートナー南大阪です。
私たちは、家創りを真剣に考えているお客様と理想の家を建ててもらうために
ドリカムというシステムでもって、お客様が受身にならない、積極的に参加し
ていくための、よりやりやすいしくみを提供しています。
当然お客様が家創りに真剣になり、参加していかないと「良いもの」ができて
いかないのは当たり前なんですが、私はお客様にデザインに参加してほしい。
素材選択に参加してほしい。それを自分たちで行ってほしい。と思ってます。
そこで、当然プロに任せるべきところ(ほとんどだとは思いますが・・)は任せ、
自分たちの思い出や、形を家創りのなかに、残していく。そういったことは、
家が出来たときの充実感、満足感が違うと思います。
また、そのためにはお客様は、家のことについて、知らなければなりません。
そして、勉強しなければなりません。一生に一度あるかないかの大仕事
なのですから、それぐらい真剣に勉強しましょうよ。
そうすることで、きっと後々、家を大切にメンテナンス考えていけるでしょうし、
後悔しないと思います。要望だけ伝えて、あとはお任せじゃあ、きっと
理想の家創りは実現しないでしょう。
私たちは、カフェにて、少しでもお客様の、知識収集、勉強、参考になれば
と思い、たくさんの洋書、雑誌を置いて、ライブラリーにしています。
是非利用していただけたらと思います。

ローコスト住宅

ドリカムパートナー南大阪です。
近頃ローコスト住宅っていっても、かなり聞きなれた言葉ではありますよね。
一般的に家創りにおいて、坪いくらの家って感じで目安をつけますけど、
今、ちまたで、坪25.8万の家!って宣伝してるところもあるようですが、
この金額でほんとうにできたらローコスト住宅なんでしょうけど、では、
実際ローコストで建てた家が坪いくらでできているんでしょうか。
実際に25.8万で家は建つのでしょうか?
最近、ある会社に問合せてみましたが、その金額で全てはできませんと
はっきり言われました。では、どのくらいでできるのでしょうか?
気になるところです。
私たちドリカムパートナーでは、一般的に言う坪単価で、おおよその目安を
だすとしたら、坪55万~60万くらいですよ。って説明してるのですが、
実際、住宅メーカーでもないので、いわゆる目安としての数字であって、
こらが一人歩きするのは、よくないかなって感じはします。
当然建築家の方々が知恵を絞って、コストを抑えて建てた家もありますし、
それはローコスト住宅とも言えると思いますが、今、私が考えている
ローコスト住宅っていうのは、一般的に言う坪単価で40万くらいなのかな
って感じはしてるのですが、どうなんでしょうか???
最近非常にこのあたりの情報が欲しいと思ってる今日この頃です。

建築家の技

ドリカムパートナー南大阪です。
最近たくさんの人とお話する中で、建築家の提案を期待する人が多く、その提案を
私たちも見ると、なるほど、なるほどと思えることも多く、参考になるのですが、
たとえば、そういった技集、技のライブラリーみたいなものがドリカムにあって、
お客様の要望に対して、アドバイスであるとか、PRツールに使ったりとか、
そういったプラン集、ライブラリー集みたいなものでまとめたら、色々な活用の
しかたができるのではないかと、ふと思いました。(データベースとしてまとめて
みるという作業が必要です)
例えば、ホームページでドリカム会員になっていただけたら、そういったプラン集
(著作権等いろいろ考えた上でのはなしですが)
を見ることができるとか、付加価値をドリカムのシステムでもあげることができる
のではないかなと思ったりもしました。(検索できたら便利です)
やはり、お客様が分かりやすく、参考になったり、メリットを感じてもらう上での
サービスもドリカムパートナーとして作っていきたいところではあります。
単なる紹介会社ではないですし、お客様に満足を得てもらうためのツールを
たくさん用意したいと感じています。
日々お客様に身近に、そしてメリットを感じてもらうための手法というものが
どういうものがあるのか考えています。

コンペをするってことは?

ドリカムパートナー南大阪です。
最近住宅販売会社もしくは、建売供給工務店などが、コンペで建築家を選ぶのは面白い方法だと
いった話を聞く機会がありました。その背景には、今自分のお付き合いのある設計事務所の
先生だと、限界があるから、コンペを行って、色々とデザイン性のある個性的な家のプランを考えて
いただくのに効果的なのではないかということらしいのです。
これには、設計事務所の先生が、プランニング力が無いと言っているように思われますが、
中には、本当に間取りのプラン提案程度しかできない事務所もあるのかもしれませんが、
販売会社や工務店が規制を設けて、自由度を無くしていて、個性的な家が作れなくなって
いるのかもしれません。事務所の先生からすると、工務店が施主になるので、工務店や
販売会社の意向を聞くことになります。これは、住み手不在の家創りが、良い家になるのか
というと疑問符の付くところです。全部が全部そうではないにしても、存在はしているでしょう。
このような、形態のもと、コンペをしてもうまくいくでしょうか?また、設計監理については
不必要と言われるかもしれません。これでは、本当の意味のコンペの趣旨から外れて
いくことになるでしょう。
では、コンペってなぜするのでしょうか?
コンペを開催する趣旨を自分なりに考えてみたいと思います。
近々書きます。ちょっと待っていてくださいね。

建築家のリフォームの技

今日はリフォームを考えられてるお客様と、1年ほど前にリフォームされた方のお宅を拝見させて頂きました。
私も初めてお伺いするのと、設計された建築家の先生の話を聞けるという事で、すごく楽しみにしていました。
さっそくお邪魔させてもらい、玄関に入るとすごく木のいい香りがして、無垢の木を使っているのが見なくてもすぐわかりました。
廊下を進んでいくとダイニングキッチンがあり、回遊性を重視して計画された動線と壁一面の収納や階段部の蹴込収納、冷暖を考慮した階段吹き抜け部の間仕切りなど、建築家ならではの工夫や技が所々に考慮され、見学に来られたお客様も「さすが建築家の考える家は全然違うわ!すごくいい!!素人じゃこんな事思いつかない!!!」とすごく感激して頂けました。
私も参加させてもらえて本当に良かったです。今日快くご自宅を見させて頂きましたお客様や建築家の先生、本部から遠い所来てくださった社長、本当にありがとうございました。
見学に来られたお客様にも家作りを楽しんでもらい満足して頂けるように頑張ります。
by ym

ステンシルなんか面白いよ。

ドリカムパートナー南大阪です。
昨日に続いて、塗り壁の話題ですが、昨日のお客様がさっそく、定期教室(初級講座)を
申し込んでくれました。毎週教室を開かないといけないので、大変ですが、がんばって
参りたいと思います。
今度は、当講座にて、塗り壁によるステンシルを行います。
ペイントのステンシルより、立体感があり、ポイントでアクセントに自分で彩れば
これも楽しいかもしれないですよ。
家の壁は、皆アートだと思って楽しんでもらえたら、嬉しいですよね。
View image
明日の塗り壁教室は、お休みになってます。
よろしくお願いします。

塗り壁教室行いました。

ドリカムパートナー南大阪です。
本日、塗り壁体験教室を行いました。今月2回目で、定期教室も行っていきます。
自宅を珪藻土の壁に変えたい人に、体験してもらって、その後練習してもらい、
自分で壁を塗ってもらおうと思ってます。
参加者は、ほとんど女性で、家のどこかを塗りたいと思って参加している人ばっかりです。
私たちは、家創りは参加するものというコンセプトのもと、事業活動を行ってますが、
色々と要望を言うことも参加することに他なりませんが、自分で手を加えるということが、
どれだけ、完成したときの充実感になるかということを、お客様に知ってもらいたいので、
ぜひ、どんなことでもいいので、自分で作る部分もとりいれるということをお勧めしています。
参加された皆さん、自分で塗りたいと思って来ている人なので、皆呑み込みが早いです。
多分、皆家のどこかを塗っていくことになるんでしょうね。
塗り壁教室は相変わらず、人気があります。
これからもがんばって参ります。
参加されたい方は、当社までお問合せください。

今日、屋根裏に入りました。(耐震診断です)

ドリカムパートナー南大阪です。
私たちは、ドリカムパートナー運営の傍ら、設計業務等も行っていますが、本日は、お客様の要望で
住宅の耐震診断を自分たちで行いました。私たちは、構造関係は強いのですが、私自身住宅の屋根裏
や、床下にもぐったことがありませんでした。
初めての経験で、暑いし、ほこりっぽいし、狭いし、大変でしたが、色々と日ごろ目にしない部分が
見ることができ良く分かりました。この家は10年前に建てられたものですが、神戸の震災前だったことも
あり、お客様が地震には全然無頓着で作ってしまったので心配だと。今、ちょこちょこと地震があちこち
で起きているし、心配にもなるので、安心を買う意味で今、調査して、補強すべきところがあれば
して欲しいとのことです。診断結果はまだですが、是非ともお客様に安心を提供したいと思います。
家には、信頼して話ができるホームドクターがいれば、安心だと思うはずですね。今回のお客様は、
知り合いだったこともあり、信用して相談を私たちのところへ話しをもってきてくれたのです。
家というもの何が起こるかわかりません。その時には、信頼して話ができる建築家(ホームドクター)
を持つことをお勧めします。(診断で、インチキしようと思ったらできてしまうような世界です・・・怖いけど)
今日は、ということでヘトヘトに疲れてしまいました。

家のプランニングって難しい!?

ドリカムパートナー南大阪です。
家って「買う」という行為と「創る」という行為の二つがありますよね。「買う」場合は、はじめから出来てる場合。マンションとか、建売住宅とか、気に入ったプランで、買うことになります。でも、ドリカムパートナーでする家創りは、ゼロからお客様と創っていく作業になります。要望を聞き、それに対して建築家がプランを考え、プレゼンテーションを行い、そして、またお客様との再三のコミュニケーションを交わしていく中で、一つひとつ形になっていくのですね。お客様の要望を満たしていくことについては、そんなに難しいことではないかもしれませんが、要望以上の提案を気に入ってもらうことは難しいことかもしれません。オリジナリティの住宅が出来上がっていくことについては、楽しみなところがあります。
ところで、建売住宅のプランニングってのは、マンションもそうですが、架空のお客様を想定して、プランニングしていくことになるので、オリジナリティの部分はでにくくなりますよね。要望を聞いて形にしていく事よりも実は難しいかもしれないとふと思ってみたりもしました。実際のお客様の生活スタイルを頭で思い浮かべながら、考えるプランニングと仮想のお客様に対してののプランニング。どちらが良い家(プラン)が出来るのでしょうね。

ブログを始めました。

ドリカム南大阪の今井です。
昨年11月から始めたドリカム南大阪もはや、8ヶ月がすぎ、時間がたつのが早いと感じながら、実績に結びついていないところはあるのですが、本部並びに各店舗が頑張っている状況に少しでも追いついていこうと日々、ドリカム事業を推進率先活動をしております。
これから、この南大阪ブログを通じて、建築家とお客様とを結ぶより良い情報源となりながら、コラボレーションを強くして、理想の家創りにまい進したいと考えています。
日々の更新を通して、よりお客様に見えるパートナーとしての仕事をこなして行きたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。
また、イマイクリエイトとしての、イーズスタイル、イーズカフェ事業もどんどんがんばって参りますので、気軽に相談できるコーディネーターとしてのイーズをよろしくお願いします。