ライフスタイルブック

これから家創りをしようとするお客様へのサービスとして、
ライフスタイルブックを作成することにしました。
スクラップブックに切り抜き写真や、参考になる図面や、
イメージなどの写真を貼り付けて、設計をするときの
参考にするというものです。
建築家さん達が、自分の作品をまとめた、ポートフォリオを
つくるのと似ています。
これをすることで、お客様のイメージをより具体化することが
でき、良い家創りの第一歩を踏み出すことができることに
つながれば幸いと考えています。

町屋再生

先日、大阪空堀にある、空堀倶楽部に行ってきました。町屋再生の複合商業施設
ですが、町屋といっても、これは屋敷ですが、うまく、目を引く建物に変身しています。
さりげない技も色々ともりこんでおり、見所もたくさんありました。
150年近くもの歴史のある建物だけに、改造しがいがあるのかも
しれません。
今、リノベーションといった言葉が、だいぶ浸透してきており、若い人たちもまず、
こういうこともできるかなといった、選択肢にもなり得る可能性が出てきてるように
も思います。
ただ、この建物群は、商業施設だけに改修にお金もかかっており、うまく見せよう
と思うとそれなりに費用はかかるといって良いとおもいます。
ロード型店舗の「〇らや」といううどん店は、ほんとに最初は使えるものは全て
使って、手作りだったらしいですが、その後のチェーン店は、雰囲気はだして
いますが、最初の店舗とはかなり様相が違っています。お金もかかってる
ようです。
これからの家を持とうという人たちは、現住居を改装して、自分スタイルで
住もうというパターンもあると思いますが、20~30年経った、建売住宅などは
壊せないし、改造できないしといったことも出てきそうです。
どうする既存、建売!
ドリカムパートナーでは、このような問題を解決していくために、立ち上がって
いきます。
では!
RIMG0087.jpg

第3者の設計監理の必要性

本日ある設計事務所へ行って、話をしておりましたところ、
設計事務所の現場監理の話で、コンクリート打設に立ち会う
との事。
当たり前の話ですが、設計図書通り出来ているかというところ
で、打ってしまってあとで大変てなことになったら大変なので、
現場を見るということは当然ながら、コンクリート打ちに立ち会って、
きっちり施工されているところを確認するという姿勢がいかに
重要かというところが、なされているので安心しました。

続きを読む »