上棟式~!ヽ(^o^)/

クレーンで木材を吊り上げるのですが
市内なので建てこんでいることもあり
道幅もあり
電線もありで
慎重な作業が続いて
見ているほうも緊張するような
ギリギリの作業。
重機の操作はさすがですね  (^_^;) 
夕方からの上棟式
お施主様が塩を
工務店さんがお酒を四方の柱に
お清めして
大工さん達と今後の工事の無事を祈って
乾杯しました。
怪我のないよう
気をつけて、施主様の夢の家創り
宜しくお願いします!
(*v_v)〃 by tani

現場打合せの議事録ってこんな感じです。

設計の打合せはお施主様と建築家
施工の打合せはプラス工務店の3者
での打合せです。
どちらも毎回議事録を作って
双方、または3者
ドリカムパートナーにも議事録は送ってもらいます。
今回㈱トップステージさんでの施工をお願いしている
お施主様の物件の議事録はこんな感じ。

議事録もいろいろですが
この物件は画像も入って
とてもわかりやすく作ってもらっています。
現場打合せをして
その内容を3者とドリカムで確認する事は
進行と予定も含め大事な事です。
他の物件も皆そうやって
打合せのたびに議事録を作って下さっています。
建築家の先生
工務店の現場監督さん
いつもありがとうございます。
<(_ _)> by tani

基礎のコンクリート打ちとJIOの検査

基礎の配筋検査が済
JIOの配筋検査が行われ、
特に問題無し!!
そして、コンクリート打ちです。
着々と図面の家が形になっていきます。(^^)

JIOと言うのは
家の検査をする会社です。
工務店も10年保証はしてくれますが
その工務店独自のものではなく
第三者機関に頼むことによる瑕疵保険ですね。
他にも何社かあります。
今年の10月からは必ず入らないといけない保証ですが
今までは任意の保険でした。
アネハ事件から
建築はずいぶん変わりました。(*_*)
以前に比べて
粗悪な建物は建たなくなるのでしょうけど
キチンとした建て方をしている家にとっては
広く浅くなっていいような悪いような・・・
の保証と言えるのではないでしょうか?
by tani

現場打合せは何よりのコミュニケーション

コンパネの上で現場打合せです。
(*^m^)
図面が仕上がって建て始めても
建築家とお施主様との打合せは
現場でも何度も行われます。
図面上だけではわからない事も多いですし
現場に入ってから実際見ながら
決めていくこともたくさんあります。
・お施主様
・建築家の先生
・現場監督さん
・大工の棟梁
こうやって顔を合わせて打合せすることは
コミュニケーションとしても
とっても大切な事です。

by tani

パースって優しい雰囲気で素敵です。

パースとは
フリーハンドで書かれた図面や
建物や部屋の絵の事なのですが
このお施主様に選ばれた
太田先生はパースが素敵で
打合せの時にも書いて下さるのです。
それをお施主様は
家が完成したら玄関に飾ります
っておっしゃっていました。(^^)
たしかにやさしい色合いで
人柄も感じるし、
ほんわかしたパースを好まれた
お施主様の気持ちわかります・・・(* ̄‥ ̄*)
パースはフリーハンドで書かれた雰囲気が
きっちりした図面と相反して
そのプランにこめられた先生の想いが
詰まっている気持ちがします。
by tani

地盤調査しました!

本日、地盤の調査でした。
通常
調査会社に頼んで日時を決めて
行ってもらうのですが
建築地に近いお客様だったこともあり
立ち会って頂いて
画像まで頂きましたので
早速 up♪
 (*^m^)
ドリカムでは
地盤調査は必ずして頂きます。
土地売買の時に検査書類等がついていても
本当にきちんとした調査でない限り
しないと進みません。
建物の場所が決まってから
ポイントを決めてするわけです。
もし、
改良が必要になった場合
それも資金計画に入れないといけないので
とても大事です。
調査結果があがり大丈夫だと聞くと
ほっとします。
(^_^;) 

by tani

いよいよ着工です ヽ(^o^)/

建築申請が通り
着工です。
コンペでランドサットの安田先生に決定してから
プランに時間をかけたので
6ヶ月くらいかかってますね。
お施主様のお休みに合わせての打合せですので
基本設計・実施設計と一歩づつ
進んで来ました。
お施主様と建築家の先生のこだわりの
素敵な設計!
きれいな住宅地ですが
この建物はその中でも
きっと目立つことでしょう
(*^m^)早く見たいです。
by tani

鬼門が・・・・(*_*)

図面の打合せがあるたびに
お施主様の希望と建築家の山根さんの提案で
どんどん住みやすく変わっています。
プランも固まってきたところで
概算も取って進めていました。
ところが
プランがほぼ決まり
「もう建つ」←お施主様の口癖です。(*^m^)
という段になって、
風水の話が出てきました。
(◎_◎)鬼門が・・・・
気にしないというお施主様もおいでになりますが
知ってしまうと気になるもの。
玄関と水周りだけでも外そうかという話になり
再プランということになりました。
大きな買い物。
確かに気になりますよね
山根先生~
風水加味してあまり変更のない
再プラン
<(_ _)> よろしくお願いします。
by tani

「オモムキノイエ」とは?

コンペの時にソツカ建築アトリエ曽束先生提案頂いた
「オモムキノイエ」にタイトル変更しました。
ヒアリングの時、御夫婦ともにこだわりを持った
趣味をお持ちだと感じた曽束先生は
その延長上に今回の家創りがあればいいと思われたそうです。
「オモムキノイエ」
御夫婦の願いがひとつの空間になって
そしてやがては大きくなる子供達に受け継がれて・・・
と言うことを思い浮かべながらつけて下さったタイトルです。
プレゼンの図面にもいろいろな想いを
書いて下さっていて
お施主様を想いプランされていることを
感じましたし
ロマンチストの曽束さんらしいです。
(* ̄‥ ̄*) by tani