セメント打設

お施主様邸はセメント打設です。
今は普通はベタ基礎で、
セメント打設は2度に分けてします。
土台を組むために捨てコンをうって
その上に配筋し、外枠を組みます。
その上にまず1回目、底にあたる部分のセメント打設。
その後、
立ち上がりの部分の枠を組んで
立ち上がり部分の2回目のセメント打設です。

ドドドドド・・・コンクリートを枠に入れていきます。

綺麗にならして1回目の打設完了!
by tani

今日は上棟式です。(^^)

快晴の今日。
いよいよ上棟式です。
晴れ渡った空に組みあがった木の構造が
綺麗です。

工事の無事と家族の幸せな家作りの喜びを
噛みしめながらお施主様は四方お清めをします。
ずっと打ち合わせしてきた図面の家が
ひとつづつ形になっていくって
感動ですよね。(^^)
by tani

JIOの配筋検査合格です!

今日はJIOの配筋検査です。
JIOの検査の方って女性が多いんです。
配筋だけでなく
金物とかも女性が来て
足場をスルスルと登っていくので
びっくりします。
余談でしたが (^^;)
配筋検査は、コンクリートの中に入る鉄筋の検査です。
・鉄筋の太さ
・ピッチという鉄筋の幅
・コンクリートの中の鉄筋の位置
などを見ます。
このスペイサー( 通称ピンコロ )は
配筋の下の部分にかませます。
縦横高さがそれぞれ違うので
それで高さを簡単に見れるのです。

配筋の下に所々見えるのが
スペーサーです。
JIOの検査では6㎝、コンクリート厚を取らないといけません。

検査はもちろん合格。
検査後は写真を撮って終了です。
次はコンクリート打設!!
by tani

建て方と中間検査が終わりました。

建て方は構造になる木材を組み上げる日です。
この日は大工さんだけでなく
建て方専門の業者さんも来るので
たくさんの人がかかわります。
建前ともいいますね。

上棟式は建て方が終ったらするお式の事なのですが、
天気の様子にもよるので
同日で出来ない場合、別の日に上棟式だけする事が
最近は多いですね。
by tani (*゚ー゚)v

図面がわかってくると逆に迷いますよね。(^^;)

図面が進んで来ると
ご自身でも図面の内容が良くわかってくるし
そこに住む感覚が良くわかってきます。
そうすると色々迷うんです。
「こうする方がいいのかも?」
「こっちをこうした方が・・・」
など、わかってくる程に要望も出てきます。
それって、
それに対応して下さる建築家がいるからこそ
出来る事なんです。(^^)
お客様の 『 理想の家 』 を実現するために
お客様の側に建築家がいる事が
納得するまでプランの話が出来る事。
ここまで話をしながらの家作りは
建築家がお客様側にいないとできません。
そして
その事なしに理想の家は建ちません。
その分時間と手間はかかるんですけどね・・・
 ( ´ノД`) 北野先生おねがいしま~す

打合せはとてもなごやか~ 
今日はお父様もおいでになり
一緒に打合せ。
二世帯って皆さんは
大変じゃないか?って思われますが
お施主様ご家族はとてもうまく行くんだろうなぁ~と
素直に思います。 
( ^ω^) うんうん
ハウス・ブリッジ tani

プレカット工場に行って来ました。ヽ(*^ ^*)ノ

4月月末には建て方を予定しているお施主様邸
今日は構造に使う材木をカットしている工場に
浜野先生と共に工務店の兼本さんに案内頂きました。

初めて見る大型の裁断機械!(◎_◎)
仕口と言われる 木材と木材の継ぎ手の加工や
羽柄加工と言われる 構造体以外の加工の機械など
ほとんどは図面を機械に読み込ませて
自動で機械が切ったり彫ったりするのがプレカットですが
難しい加工は今でも大工さんがしているとの事。
今日もちょうど、お施主様邸を担当する大工さんが
図面を確認しながら
工場で加工を手作業でしていました。
お施主様邸で使う木材を
浜野さんは1本づつ確認していました。
リビングに見えてくるヒノキの丸柱もとても綺麗な木肌でした。
あとは大工さん!
よろしくお願いします。
(^^) by tani

タイトル命名~♪

仮称 西宮市殿山町の家に名前が着きました。
ヽ( ・0・)ノ

『HAUS-REF』
REFとはreflectorの略で反射板を表します。
計画中の建物は斜めの壁が印象的で
1階の中庭に光りを反射させる為に斜めとしています。
撮影等で使われている反射板は
俗にレフ板と呼ばれ、
その道の人にはレフ=反射の意味で会話にも出てきます。
常に斜めを向いて1階を照らす
壁を持っている建物としては最適だと思います。
記 HAUS 山根先生より。
(*v_v)” ハウス・ブリッジ tani

バリアフリー2010!行って来ました。

お施主様邸は親御さんとの二世帯です。
年齢も考えると
介護の事も考えて家作りをしたい。
やさしい息子さん夫婦です。(* ̄  ̄*)
車椅子は通るかな?
水回りはどうしたら使いやすいんだろう?
結局、今日はインテックスで行われた「バリアフリー2010」
にも行っちゃいました。

いろいろなセミナーがあるのですが
聞いたのは
「高齢者の安心生活を考える」
トイレや浴室の実例を説明してもらいながら
何を気をつけたらいいか
何を考えて選んだらいいか
使う人、介護する人の視点に立ってのプランニング
納得の3時間でした。 (*^-^)
様々な設備もあり
びっくりするくらい進化してるんだと
驚きました。
みんなが住みやすい家作りを
したいですよね。
今度の設計打合せが待ち遠しいです。
ハウス・ブリッジ tani

配筋検査がありました。

JIOの配筋検査がありました。
役所の検査は
中間と完了検査の2回ですが、
10年保証の瑕疵担保保険の検査機関が
配筋と金物検査に来ます。
きちんと検査して進むのは
お施主様にとっても安心です。(^^)

by tani

建築家決定!

西宮市殿山町の家、建築家は、
一級建築士事務所HAUSの山根さんに決定いたしました!
                                ヽ(^^)ノ
夜な夜な悩まれたお客様。
睡眠不足になったり、仕事も手につかないくらい
頭がいっぱいになったそうです。
山根さん、今回も宜しくお願いします!
ハウス・ブリッジ tani