設計打合せは台風接近のため自宅で・・・

今日は本当は村岡先生の建物を
見に行かせて頂き、現地で打合せの予定でしたが、
大型台風が迫ってきているとの情報で
急遽、ご自宅打合せに変更~・・・したのですが
台風はそれて
静かにご自宅で打合せとなりました。(´ω`)ゞ
本日は、
コンペ時のプランのまま2台の駐車場を取るか
1台を掘り込み車庫にするプランにするか
費用も見ながらの大事な打合せ。

手前にいる上田さん。。。
切れちゃいました。(^^;)
家の費用を抑えて
将来のため、土地を有効活用するため
工務店さんにもご協力頂き、見積りも細かく出してもらい
掘り込み車庫も考えましたが
そのために本当に必要な家の設備や仕様を押さえるのは
本来の方向ではないと
お施主様ご夫婦で何度も考えた上で判断!
2台の駐車場を取る形で
再度プランニングです。
村岡先生!上田さん!
よろしくお願いしまーす。
(*′ノO`) by tani

解体もすっかり終わり。今日は測量でした。

建築申請書類を提出するために
解体を先にしてもらったお施主様邸土地。
先日まで長く建っていた懐かしいご実家は
すっかり無くなって広々した土地になっていました。
あっけないというか、
お庭の木も石もなくなって
少し淋しい感じがしました。(;^_^A

今日は測量の立会いを頂き
家の形に配置確認の綱も張られて
新しい家が建つのを待つばかりの土地。

北野先生、申請よろしくお願いします!
ヽ(*^ ^*)ノ by tani

隣地立会いの測量

今日は隣地の方々に立ち会って頂き、
土地家屋調査士さんに依頼し測量です。
登記簿を変更するような確認書ではなく
あくまで、隣地の方々との民々の境界確認です。
世代が変わったり、持ち主によって
土地はややこしいこともありますが
お施主様の土地はご近所のお付き合いの中で
境界確認はスムーズに進みました。

「ここやと思うわ」
「ああ、この延長線ですね。確かに」
など、実際立会いする事によって図面だけではわからない
お互いの認識している場所の確認がキチンとできます。
その上で書面にて覚書を交わします。

「ここがこうでここからここまでですね」
「ふむふむ」
その後、図面を見ながら
建築家さんと土地家屋調査士さんがチェック!
測量頂いている間に
建築家さんは役所に確認!
私は別のお客様の銀行の本申込みの同席に
いったん解散。

今度は機械での測量。
何ポイントも取って各箇所の距離を測ります。
戻った時はまだまだ測量中
この後、暗くなるまでかかって測量をして頂きました。
1日で終らず、もう1日かかるようです。
本格的な測量って本当に大変です。
(^^;)よろしくお願いします。
by tani

活発な質疑がたくさん出ました。

今日はお施主様邸、ヒアリング。
ヒアリングの時は
少し早くお施主様のお宅にお邪魔して
内容のチェックと流れをご説明します。
ご自宅に10名ほどもお出でになるので
セッティングも打ち合わせのうち。
ヒアリングをご自宅でするのは
好みをわかって頂ける利点と
使いたい家具などを実際見て頂けるからです。
お子様がいらっしゃるご家庭だと
ご自宅の方が落ち着きますしね。(^ー^* )
さあ、ヒアリング。
お施主様も緊張していますが
先生方も結構緊張されているはず。

用意した資料に目を通し、質疑の時間があります。
今日のヒアリングはとてもいろいろな質問が出ました。
先生方の性格やタイプにもよりますが
資料を見るだけで質疑の少ない場合もあります。
ヒアリングが終った後、
建築地を確認するため車で移動します。

先生方はそれぞれに色々なところに立ち、
写真を取ったり、現場の確認をしたりします。
お施主様邸はご自身のご実家の前なのですが
洗濯物を干していたお母様と建築家さんが
バッタリ!(^^)ご挨拶されてました。

土地には可愛い白い花が・・・
建築家の先生方
お施主様の理想の家造りのステキなプラン!
お待ちしていま~す!
ヽ( ・0・)ノ by tani

施工契約が滞りなく行われ。

プランも固まり、
少しの仕様や使い勝手を残して
施工契約となりました。
1010231.jpg
施工契約の時はその時に決めた仕様で
契約は行われます。
その後、現場に入ってからも仕様などは
色や素材を見ながら決めていきます。
実際入った部屋に立って、場所の確認をしたり
色の雰囲気を見て選んだりと
変更は必ず発生します。
増える場合もありますが
交換する場合は減額にもなり
変更があった場合は、
差額などを確認しながら進めます。
11月末に土地の決済。
ゆっくり設計の打合せが出来たので
タイミング的にはちょうど良かったですね。(・_・)b
年末までには
解体→基礎まで出来たらいいですね。
夢の自宅ももう少し。
楽しみな年末年始になりそうです。
by tani

もう1年だなんて、本当に早いですね~

今日はお施主様邸。
1年点検でした。
6ヶ月点検に同行出来なかったので
お引渡しから本当に1年ぶり♪
お子さんが大きくなっていていつもビックリします。

まずは1階の寝室をチェック
※お兄ちゃんはこの日お熱で
  おでこには熱さまシート!
2階のテラスが1階の明り取りになっていて明るく
やわらかい光で雰囲気がいいんです。
お施主様もお気に入りで
ご家族でお休みになっているとか。
次は2階。
リビング、水回りは全て2階にあります。
トイレの鍵の不具合を工務店さんに直してもらいました。

その後はお茶を頂きながら
しばし閑談。
打合せの懐かしい話なども出て
楽しいひと時でした。
私はあの時、赤ちゃんだった下のお子さんが
本当におしゃまな女の子~♪ になっていて
びっくりしました。
ヽ(*^ ^*)ノ by tani

現場は進んでます!(」`□´)」

鉄骨の骨組みの中に
断熱材を入れ、
配線や配管なども仕込まれていました。

外のデッキの防水もすっかり出来上がっていました。
防水は、ほこりや木くずが舞い上がると
後から塗装に不具合が出やすいらしいです。
(◎_◎)なるほど~

今日は体調を崩して
奥様は打合せは電話で参加!!
キッチンの内容は旦那様を通して
確認しました。(^^)
さあ、3階に上がって
図面ではわからない
広さを体感。
高さの制限もあったので
上がってみて実感。
吹き抜けも思った以上に広い感じ。

壁の位置を確認しました。
工務店さんとも1つづつ
打合せをしながら
現場は進んでいます!!
(」`□´)」 by tani

柱状改良ってこんな感じ。

昔は地盤改良なんてしないまま建ていましたが
アネハの事件から
特にお客様の方が気にされていると思います。
当然、ドリカムパートナーでも
土地に対する調査は必ず機械を入れてします。
お施主様のお土地も
地盤が柔らかい部分があり
改良工事が必要でした。
固い地盤まで掘り返した土にセメント系の固化剤を入れる
「柱状改良」です。
ドリルのようなオーガーという機械で土を掘ります。

手前にあるのがセメントが入っているタンクです。
セメントを流し込んだ直径を確認し
写真をおさめて完了です。

これで地盤は安心。(^^)
次は基礎工事です。
by tani

今日は建築家さんとの設計監理契約です。

東大阪のお施主様邸に向かう道
もう、秋ですけど空気が澄んでいるからか
夏のような青空でした。

清清しい~
今日は空間工房 用舎行蔵さんとのご契約&第一回打合せです。
優しそうな河野先生と穏やかそうな村西先生・・・
そんなイメージです。
(*v_v)”

建築士免許を提示し、重要事項説明を確認してから
契約書と約款に移ります。
事前にお渡しし、確認頂いていたので
ご契約もスムーズでした。
続いてプランの打合せ。
要望もいろいろあります。
1つづつ確認しながら進めて行きます。
イメージをわかって下さっていて
うれしいですよね?
期待も膨らみます。
お施主様の旦那様と同じ年の河野先生!
奥様と同じ年の村西先生!(^^)
これからよろしくお願いします。
by tani

イメージ沸いて来ましたか?!

キッチンのショールームに来ました。
ヽ( ・0・)ノ
使い勝手、素材、設備、
キッチンにはいろいろ決める事があります。
まずは、そのキッチンメーカーの特色~

「足元の引き出しにこんなに入るんですよー」 「そうなんですかぁ」

高さはどうしましょう?
「これが90cm、少し高いかなぁ~」
次は設備の確認!
ガスとオール電化どっちにしますか?

IHってこんなに早く沸くんですね~
レンジフードは進化してますよ。
最近のはお手入れ不要で油はキャッチャーに溜まるんです。

「ここを押すと簡単に外れるんですよ」 村岡さんも乗り出して。。。
天板の素材や設備を確認。
色も気になるし、ジャグチもどれが使いやすいか
迷います。(;´Д`A “`
まだまだ、迷ってても大丈夫ですよ。
ひとつづつ決めていきましょう。
さあ、もう1つのショールームに!!
by tani