土地見学はまめに行きましょうね。

お施主様と業者さんと一緒に
土地見学に行きました。
最初はただただ見るだけなんです。
多少、条件に合わない土地でも
見て感じて、自分がどんな土地が良いと思うのか?
地域の土地の相場や雰囲気を知ること。
それは土地を決めるのにとても大切なことです。
20101130i.JPG
今日も5つほど土地を見ました。
土地の条件って
地域、金額、広さ、近辺の様子、形、日当たりなど
いろいろありますが、全部の条件に合う土地は
ほとんどありません。
いくつかの大事な条件が合っていたら
それ以外の条件は
建築家さんが入ることによって
マイナス条件がプラスになったりします。
例えば旗竿地。
一般的には土地の価値から言うと
少し安くなったりします。
それでも、プライベートが守られ
中に開いた明るい部屋つくりが出来ます。
日当たりを気にする方は多いですが
決して南向きじゃなくても
明るい部屋作りができます。
段差のある土地でも
スキップフロアにする事によって
ステキな家作りになります。
建築家が入る建物は
土地の利点を生かし、マイナスな条件も
プラスに変えてくれるプランが出来るので
むしろ、プランニングがとても楽しみです。
お施主様!
土地探し、マメに行きましょうね。
きっとお施主様に合う土地が待っています。
ヽ( ・0・)ノ by tani

村岡建築デザイン事務所で打合せ!

プランが決まってくると
今度は材料の仕様を見ていきます。
建材は多種ですし、
設備もメーカーによってカタログもたくさんあるので
設計事務所での打合せが多くなります。
その場ですぐに
「こんな色です」
「こんな素材です」とか
以前の施工写真などを見ながらの説明と
事務所で打合せすると
材料や素材感がすぐにわかるのでわかりやすいですね。
設計事務所での打合せ自体が
たのしいです。
20101128s.JPG
お施主様が打合せ中に
お子さんはおとなしくミニカー遊び。
しかも、このときは持っていらしたみかんを
待ってる間に5個も食べて!(◎_◎)
大丈夫だったかしら?
次回も先生の事務所で打合せですよ~
(*′ノO`) by tani

蓄熱暖房の具合はいかがですか?

今日は蓄熱暖房の点検です。
暑い夏があっという間に寒さを感じるようになって
蓄熱暖房の出番となりました。
蓄熱暖房は入れたらすぐに暖まるわけではなく
温度調整も1日がかり。
それでも季節の間中常に暖かく
ランニングコストも安いと言うことで
建築家さんに提案を受けてお施主様が選んだ暖房です。
20101127①.JPG
蓄熱暖房もいろいろありますが
お施主様が選んだのは「サーマスラブ」という
基礎全体を暖めるタイプのもの。
基礎コンクリートに床暖房のような設備が入っていて
基礎全体が暖かくなることによって
床下が暖かくなるのです。
だから、入れてある場所だけ暖かい床暖とは違って
どこでも暖かく、また、床材も床暖専用を使うことも必要なく
2階もほんわか暖かい暖房です。
ただ、調整がこまめにできないので
今日は操作方法や温度調整のチェックに来てもらいました。
20101127②.JPG
その間、お子さんが粘土遊び。
とても上手。ヽ(*^ ^*)ノ
20101127③.JPG
次はブロック、なんだか作るものが
本当に可愛いんです。
また点検に来るので
その時にはまた遊んでね。(*^_^*)
by tani

設計監理契約からスタート!

建築家決定から1週間。
庄司アトリエさんとの設計監理契約日+打合せの日です。
長いと思っていた5名のプレゼンも
あっという間の時間でした。と言っていたお施主様
建築家決定、そして今日ご契約。
20101127k①.JPG
1級建築士である免許を提示頂き、重要事項説明をして下さり。
契約書の内容を確認頂きながら説明。
無事納得頂いた上でご契約。
20101127k②.JPG
今後の流れを工程表を使って説明してくれます。
建築家との家作りはハウスメーカーや建売りとは全く違います。
ひとつひとつお施主様の要望を聞きながら
何度も打合せを重ね、費用におさめて行きます。
これから長いお付き合い。
庄司さん、三田さん
お施主様の家作りよろしくお願い致します。
<(_ _)>

地盤調査を行いました。

今日は地盤調査です。
古くから所有しているお施主様土地ですし
つい最近まで、地盤調査をする事って
なかったと思います。
実際、今でも
「前に家が建っているし大丈夫だろう」などと
調査をしないで進める事もあるようですが、
ドリカムパートナーでは必ず地盤調査はします。
20101125地盤調査.jpg
地盤は大切な家の立つ土地。
その土地が建物を支えるだけの体力があるのかどうか
とても大事なところです。
普通は建物の配置が決まった段階で
その4角と真ん中くらいに1ポイントを取ります。
全体的に硬い地盤であればOK!
ポイントによっては弱い地盤が出る場合もあり
その時は土地改良が必要になります。
今日はその調査の日。
次回の打合せの時には
今日の調査の結果も、建物の概算も出てくるので
その時に資金計画と見合わせながら
その先のプラン仕様など決めて行きましょう。
by tani

着々と。。。(^m^ )

現場打合せは今日は3階で行いました。
3階のハイサイドライトの窓。
20101123.JPG
工務店さんの支店長さんと現場監督さん
山根先生とお施主様
今日の内容は・・・
仕様決めや工期の関係。
予定通りの工程にあわせて
慌しくなってきました。
20101123①.JPG
下では大工さんがフローリング工事の真っ最中~
20101123③.JPG
内装の材料も決めていきます。
室内のクロスは先生がある程度良いものを
絞って持ってきてくれているので
どれにするか思案。
20101123②.JPG
どうですか?どれにする?こっちかな~?
迷っている後姿。
20101123④.JPG
お風呂は在来工法でするお施主様邸。
ユニットバスとは違う素材選びからです。
決まった材料はこれ。
着々と。。。そして着実に
(・_・)b by tani

チャットハウスの1年点検!

お久しぶりです。(^ー^* )
ご家族4人で出迎えてくださいました。
お元気でしたか?
20101121①.JPG
相変わらずのステキなたたずまい。
玄関、階段の壁。
お施主様の奥様はディスプレイが上手。
20101121②.JPG
こんな感じ~♪
施工会社の高柴商事さんも一緒だったので
気になる所はその場で対応してもらいました。
1年経って見て
素材や雰囲気は改めてステキなお家だと思いました。
20101121③.JPG
2階の胡桃の木のフローリングもいい感じでした。
こう言ってはなんですが、
同じ分譲地の周りのお家と
違います・・・
(*′ノ・`) 
1年点検は終りましたが、
何かあったらいつでもご連絡くださいね。
by tani

古文書?!(◎_◎)

と、思われるような古い地図。
これは公図といわれるもので
その土地の昔の地図です。
公図はどこの土地にもありますが
ここまで古いものは私もはじめて見ました。
公図を見ると昔の事がわかります。

前回の土地の件があるので
今日は調べて下さった土地家屋調査士さんが
詳しい内容を説明下さいました。
続けて、河野先生と打合せ。
新プランでの模型も作って下さっていました。
ここからまた、新たに進化しています。

打合せのテーブルの上には
奥様とお子さんとで作ったレゴのクリスマスが・・・(^ー^* )
良く見ると、アイデア満載で細かく作ってあってびっくり!

お施主様は木のぬくもりのするオモチャも好き。
季節の飾り物もステキな置物をいくつか見せてもらいました。
お部屋に飾ってある額が
そうめんの箱に好きな布地を貼っただけ!って
びっくりしました。
自身の好みもはっきりしていて
素材の良いものがお好きなお施主様。
河野先生もそんなお施主様ととても合う方なので
打合せされてて楽しいだろうな~と思う
そんな打合せでした。
by tani 

建築家決定しました!ヽ(*^ ^*)ノ

プレゼンから一週間、
建築家が決定しました!!!
選ばれた建築家の先生は
(株)庄司圭介アトリエ一級建築士事務所です!!
おめでとうございます。
お施主様は、どの先生も甲乙つけがたく本当に悩まれたそうです。
島本町とアトリエの距離も少し遠いので
お施主様はマメに足を運んで下さるのか?と
気にされていました。が、「もちろん!」ですと
お返事頂き、安心して下さいました。
庄司さんと三田さんのダブル担当でお願い致します。
(*^_^*) by tani
ご参加いただいた先生方、ありがとうございました。

地鎮祭前の確認打合せ。

現在、建築確認申請中。
古家のあるお施主様土地は
解体が12月1日
地鎮祭が12月12日に決まり、
今日はこれまでの内容の確認打合せでした。

・図面の確認
・埋蔵文化財の書類関係(土地によってはあります)
・エコポイントの申請についての説明
・最終プランの模型
・仕上げ材の確認
などなど、
内容確認頂けましたか?
現場に入っても打合せはありますが
いよいよ、家の施工が始まりますよ~
(*′ノO`) by tani