監理をしてくれる安心感。

IMG_0924

 

 

 

 

n現場に来ました。

無事、工程通りに進んでいます。

 

 

 

 

建てた時に「工事長かったねー」って

よくご近所の方に言われます。

建売りって、2か月くらいで建つので

そんなイメージで見ているからだと思います。

実際、

建築家との家づくりは、少なくても4か月はかかります。

IMG_0922

 

内装もだいぶ

進んでいました。

 

 

註文住宅、特に建築家さんとの家づくりは

1~2週間ごとに現場の打合せもあります。

図面の中で確認した内容でも、実際を見た時に

高さの感じや使い勝手、スイッチの場所など

「こっちに合った方がいいかも?」とか

「ここにも欲しい」とか

ちょっと高いから低く、逆に高くなど

微調整もしていきまます。

色のチェックも現場でする事が多いです。

IMG_0923

 

2階からの

パノラマです。

 

そして、何より

図面通りに材料や工程が進んでいるか

建築家さんが工務店さんと確認しながら建てていくからです。

自分では確認できない、構造や見えなくなる部分のチェックは

図面を書いた建築家が監理をしてくれるのが

建築家と家づくりする違いでもあります。

 

だから、建築家との直接契約の事を

「設計監理契約」といいます。

建築家は設計するだけではなく、

その図面通り建っているか、建て始めてから最後まで

キチンと監理してくれるのです。

 

by tani

解体の前にご近所の方にご挨拶。

IMG_0875

 

 

 

気持ちの良い晴天の日

解体をしてもらう業者さんと一緒に

現地を見に来ました。

 

 

 

 

この土地には古家が付いていました。

それもコンクリート造(RC造)の建物です。

RC造の建物は基礎が大きく

解体には木造の倍ほどの費用がかかる事があります。

先生も気にしていましたが、

今回はとても良い業者さんに恵まれたので

予算の中で解体ができそうです。

 

IMG_0878

 

今日はお施主様と建築家さんも立ち会ってもらいました。

どこまでどのように解体するか?

その後の建物にも影響があるので

確認することで、その後の建築のムダもなくなります。

施主様に立ち会ったもらったのは

ご近所のあいさつ回りがあるからです。

 

 

 

解体するときは

ご近所には迷惑がかかります。

あいさつ回りは解体業者さんがするのですが、その時に

お施主様に一緒に回ってもらう事で

ご近所の方の対応も違います。

お施主様は大変ですが、

今後住むまわりの方々に早目にご挨拶頂く事で

ご近所の方も安心して下さると思います。

宜しくお願い致します。

 

by tani

設計コンペの前に必要な頭の整理

 

「収納」や、「整理術」などは

女性にとても人気が高く、セミナーなどやっても

参加率がとても高いそうです。

 

本日はオーガナイズ診断。

事前に頂いたアンケートを元に

施主様の聞き取りをしていきます。

オーガナイズは

自分を知って、性格に合わせた

収納や整理を考えていく方法を教えてくれます。

IMG_0822

 

その方の理想はありますが

その方の性格に合っていなかったら

結局、使いにくくなってしまいます。

 

 

たとえば、

部屋はスッキリしたい。

全て収納を隠してドアを付けて隠したとします。

でも、出したらすぐに片付けない人だと

出した物は使った所にほったらかしで

段々雑然としてきます。

でも、

使いたい場所、

どうしてそこで使うのか?

どのくらいスペースが必要か?

を聞いていくと、

その方の本来の要望が見えてきます。

 

そうすることで、

使いやすく、使ったらそこでそのまま収納できて

スッキリした状態を保てる。

スッキリした収納を作るのではなく

自分を知ってスッキリ収納できるように、頭の整理をする。

という感じです。

 

その方の要望だけを聞いてプランニングするのではなく

その方の性格、使い方にあったプランのために

オーガナイズを設計コンペの前に受けてもらっています。

 

ハウス・ブリッジ tani

 

概算を取る事で設計打合せの方向が決まります。

 

 

設計監理契約をしてから

毎週のように打合せ、ショールームでの確認をして

概算見積り依頼してから

初めての打合せ。

IMG_0778

 

消費税の事はもちろんですが、

このところ、材料や人件費が上がっていて

3社とも予算より少しオーバーして見積りが上がってきました。

全体を比較したうえで変更は少し必要です。

 

概算はあくまである程度の予算も取って出されてくるので

少し高めになります。

これから詳細図面を書く上で

より詳しくお施主様の要望を聞いて

打合せしていくのですが、

今まで出ていなかった要望が必ず、色々出てくるので

まだ図面で示されていない部分も含め

費用が上がる事を見越しているのです。

 

その見方が図面を見て

見積りを作る人の方向性

もちろん、仕入れの金額などによって

金額が違ってでてきます。

 

工務店さんも、概算見積もりを出すには

本見積りの時に高くなっていたという事がないよう

概算はわからない部分があるため少し高めに出てきてしまいます。

 

だいたい、

お客様の要望が上がる事と工務店さんが高めに見ている部分

が同じくらいと考えて概算の金額を参考に

今後の打合せも進めて行けるという事です。

 

だから、予算で納めるために

概算見積もりは早めに取る事が必要です。

予算を何に使うかお施主様にも取捨選択してもらう

協力も必要になります。

 

by tani