土地さがしにはポイントがある

ホームページよりお問合せ頂いたお客様

伺った日に土地を見に行きましょうと言う事になり

いくつかの土地を見るために

ご一緒しました。

IMG_1095

土地だけを見るのは意外と難しいです。

建物付きの場合

古い建物があると更地と違い、建物のイメージがわきにくいです。

特に、この土地のように石垣など高低差がある場合

駐車場を作るために

土地の形状を変えないといけません。

 

もちろんできるのですが、

その分の解体費用や駐車場にする費用

また、地盤改良などの費用も

考えておかないといけません。

 

IMG_1097

この土地のように更地の場合は

イメージば付きやすいですが

隣の土地との境界線や水道ガスなどのインフラが

整っているか?

なかったら、そのための費用も計算しておかないといけません。

 

土地にお買い得はありません。

でも、マイナスになる条件は

土地金額の交渉で減額することができれば

そのために費用が使えますので

マイナス面は決して悪い条件ともいえないのです。

 

トータルで考える事で

土地探しは広がります。

(≧∇≦)b  by tani

 

一口に解体と言っても。

解体が済みました。

建築家 オオタデザインオフィス 太田さんが立ち会って

解体業者さんに説明頂いたので

要望通りに無駄のない解体作業して頂き

すっかりきれいな更地になっていました。

 

IMG_1078

 

 

石垣があり半分が道に接道し

半分は少し高くなった区画のきれいな住宅地

解体後にお客様と一緒に

立ち会って確認しました。

 

 

 

 

土をすき取ったり、足したりすることに

意外と費用がかかります。

 

建物はどのあたりに建つか?

駐車場はどこにどの方向に作るか?

これから建てる図面を元に

どのあたりまでどのように塀を崩してもらうか

土はどのくらい残してどの程度撤去してもらうか?

この指示が出してもらえるかどうかで

後の作業も変わってきます。

 

建築家さんが自分の方に付いて下さっていると

本当に安心です。

IMG_1077

 

 

ねっ!

 

ハウス・ブリッジ tani

 

 

 

 

 

 

 

キッチンを自分仕様に変更

キッチンイベントで好みの形のキッチンが見つかりました。

ただ、面材や形状を変更してもらいます。

IMG_0130

クッチーナさんという、難波にあるキッチンメーカー。

一般の方は知らない方も多いですが、

ほとんどの内容がオーダー可能なので

通常のメーカーキッチンと違って

単に組み合わせではなく、

必要ない部分を削って、好みの仕様にしてもらいます。

IMG_1067

 

 

外観のパースも出来てきて

イメージが更にわかりやすくなりました。

IMG_1070

 

その後の打合せ。

工程や金額は工務店さん同席で確認して進めます。

 

ハウス・ブリッジ tani

DIYは愛着+ローコスト ♪

IMG_1063

 

 

 

現場もずいぶん進んで

お施主様にご確認頂く事も増えてきました。

 

 

 

 

 

IMG_1050

 

今日は塗装の色を決めます。

 

 

 

IMG_1057

 

 

 

これはオイル系の塗料の色見本です。

木目を残したまま、浸透する塗料です。

室内の塗料は

ウレタン塗装、オイル塗装をよく使います。

 

 

 

無塗装という選択もありますが、

直に足を置くフローリングなどは防汚の意味でも

色を付けないクリアで塗装をする方が多いです。

木の素材の良さや木目をそのままにするとオイル系。

汚れがとにかく気になるという方は

ウレタン塗装になりますが、すこし人工的な感じになってしまいます。

 

今回、お施主様も家具の塗装をDIYで塗る事になりました。

植物性の塗料なのでお子様がなめても大丈夫という事もあります。

減額もできるのでDIYは時々しますが

自分の家を手掛けるのは楽しいです。

それに、愛着もわきますよね。

(^_^)v  by tani

建築確認申請、本見積り、宜しくお願い致します。

全ての図面ができました。

さあ、本見積り!

概算をお願いした3社に再度おいで頂き

依頼しました。

IMG_1035  IMG_1038 IMG_1040

概算の時の金額を考慮して

・質を下げずに減額するVE案

・必要かどうかを再度確認

・お施主様の優先順位をお聞きして選択

など、プラン変更も含めて調整しました。

予算もこれからかかる諸経費

家具・家電・カーテン・登記費用・融資手数料など

その他の費用も考慮して予算額を改めてチェック。

 

工務店さんも毎回

それぞれの下請けさんに交渉などしてくれて

頑張ってくださいます。

 

建築家さんにはその間に

建築確認申請を平行して進めてもらいます。

宜しくお願い致します。

 

(;^_^A  by tani