設計コンペ 5つのプランに興奮しっぱなし!

 

kyoto

 

 

 

高槻市の家のプレゼンテーション!

ご自宅は京都のお客様ですので

京都ナビで開催でした。

 

 

 

 

施主様の要望は

1Fリビングの窓から緑見えるワクワクできるプラン。

細長い土地はまわりを住宅に囲まれ、

要望は1Fリビングではありましたが、

先生方はそれぞれリビングの位置を悩まれたようです。

 

 

 

①会社名 一級建築士事務所 ノセ設計室   

        能勢 聡さん

タイトル  ~ 外をとりこむ  ・  外にひろがる ~

 

 

 

nose2 

 

路地のようなアプローチの先に

中庭をのぞむ玄関が印象的。

その中庭にあるデッキが本当に気持ちよさそうな

自然を楽しむことを意識した2Fがリビングのプラン。

 

 

 

 

 

 

 

 

②会社名 ステュディオエイトアーキテクト

八木康行さん

タイトル ~ 光と風のトンネルハウス ~

 

 

yagi2

 

 

通り抜けるトンネルは

光を取り込み、風を通す事を意識した

斬新な外観。

キッチン中心の奥庭のある1Fがリビング。

家事動線を一直線上にしたプラン。

 

 

 

 

 

③会社名 エム・アイ・エー・アーキテクツ有限会社

鈴木 道子さん / 徳永 康治さん

タイトル ~ 集いの舎 ~

 

 

mia2

 

 

家族が寄り添い日々の生活を楽しく!

1Fは静かなセカンドリビング空間と

2Fの子供たちとの動の空間で構成

小上がり和室のあるハナミズキがシンボルツリーの

コートハウス

 

 

 

 

 

 

④会社名 ef設計

木下 太さん

タイトル ~ モダン& カジュアルカントリー ~

 

 

 

 

ef2

 

 

広めの敷地を生かし、1Fを大きくとったプラン

高窓を利用して光を取りこみ生活スペースを1Fに集約

選択動線を最少におさめ使いやすさを重視。

方位も気にしてくれていました。

 

 

 

 

 

⑤会社名  越智嗣夫建築研究室

越智 嗣夫さん

タイトル ~ 「 住まい 」 ~

 

IMG_1680

 

 

2軒分の広い中庭を取って

水回りとLDKを玄関で分けた1Fリビングのプラン

2Fの寝室にあるルーバーの床が

光を通す斬新な発想

 

 

 

 

 

 

出揃った5つのプランを見ながら

受けた印象を忘れないように受けた気持ちをまとめて 少し話ましたが

第一印象はご夫婦で違っていました。

 

 これから決定まで、ご夫婦で話し合い。

終わってからメールを頂きましたが

あれからもずっと興奮しっぱなしだったようです。

どの先生のプランも本当に素晴らしく、ご自身の要望を一生懸命に考えて

プランニングして下さっていることに感動されていました。

おひとりに決めて頂くのに 少し時間がかかりそうです。

コンペにご参加頂きました登録建築家の皆さま

本当にありがとうございました。

(*v_v)” ハウス・ブリッジ tani

景色の大切さ

ここは、

ある施主様の以前のお家から出た所の景色です。

テラスハウスがいくつか棟になっている中庭的な所です。

子供たちもここで遊んだりしていました。

IMG_6903

ちょっとした景色なんですが、

高低差のある庭の緑が好きでした。

窓の外のちょっとした緑、

家の小窓の所の小物。

何ででしょう?

ほっとします。

家の景色、家からの景色。

とても大切な気がします。

 

ハウス・ブリッジ tani

パースからイメージをつかむ、伝える。

外観のパースです。

高台になっている土地を生かして

1階は駐車場。前後左右4台停める事ができます。

IMG_1435

パースから見ると

どうみてもRC(鉄筋コンクリート)造に見えますが、

1階部分は基礎、駐車場ともでコンクリートですが

その他木造の混構造です。

図面とは違う、ハッキリした印象をつかむことができます。

IMG_1436

お客様のお店にお邪魔して

打合せは夕方からスタート。

IMG_1437

 

金額の確認もしながらなので、

工務店さん同席で進めていきます。

宜しくお願い致します。

 

(*v_v)” by tani

勢いのある笹と快晴の大安。-地鎮祭-

IMG_1401

 

 

 

本当にみずみずしい

きれいな笹が印象的でした。

 

 

IMG_1406

 

 

 

今日は地鎮祭です。

その前に、現場で建築家さん立ち合いの元

施工契約を交わしました。

 

 


気持ちも新たに地鎮の義が始まります。

IMG_1417

 

神主さんは真っ白な衣でした。

御式が始まると

りんとした気持ちになります。

 

 

 

工事の着工にあたり、神職をお招きして

神様にお供え物をし、祝詞をあげ、

お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

IMG_1419

 

 

土地の四方を工務店さんと共に

清めていきます。

IMG_1422

 

土地の上に、小さく白く四角い半紙

切り幣(ぬさ)が土地を清めます。

 

 

 

そして切り幣(ぬさ)は、式場の中の盛砂にもまかれ

その、土地に見立てた盛砂の山を

建築家が草を刈り → お施主様がクワで耕し → 神主さんが鎮め物を納め → 工務店さんが土をならします。

IMG_1425 IMG_1426 IMG_1427IMG_1429

そして、玉串をお供えし、それぞれが

土地の神様にご挨拶。

この工事の無事を祈ります。

IMG_1431

IMG_1433

 

 

 

 

お子様はパパと一緒にお供え。

 

 

 

 

 

お天気も素晴らしく

清々しい地鎮祭でした。

 

(*v_v)” by tani

お施主様と建築家さんが会うリアルコンペ

 

DSC_0285

 

 

 

建築家ネットワーク 大阪ナビの会議室で

ヒアリングは始まりました。

 

 

 

 

 

 コンペ参加設計事務所は以下の5社に決定いたしました。

 ・ エム.アイ.エー.アーキテクツ㈲ 様

 ・ ef設計 様

 ・ ステュディオエイトアーキテクト 様

  ・ 越智嗣夫建築研究室 様

 ・ ノセ設計室 様

 (登録順)

​ 忙しい中たくさんのご参加希望

​ 本当に​ありがとうございました。

 

そして5社の先生方、宜しくお願い致します。

御家族と先生方にご挨拶頂き、

スタートします。

 

 

施主様の家づくりの要望やコンペの条件などの

資料配布し内容をじっくり読み取って頂き

直接、質疑をして頂きます。

少しでもよくお施主様を知って頂くために

直接会って頂くこと、

話して頂くことは

設計頂くために重要です。

文字では伝わらない事も直接会って会話することの大切さ

会って頂いた時の印象などはリアルコンペならではだと思います。

お施主様もとても明るい方だったこともあり

先生方の質疑も多かったように思います。

 

 

その間・・・

仲良し兄弟は

おとなしくゲームにいそしんでました。

ゲーム恐るべし

本当におとなしく静かでした・・・・

( ^m^)

 

 

 

建築家の先生方!

施主様にとって

ワクワクドキドキのプラン宜しくお願い致します!!

 

ヽ( ・0・)ノ  ハウス・ブリッジ tani

土地が決まったら、設計コンペスタートラインです。

土地契約でした。

昨年、お話を頂いてから、1年。

いよいよ設計コンペのスタートラインです。

 

ヽ(*^ ^*)ノ

 

土地が決まると設計コンペの募集をかけます。

土地の条件や地域、近隣の様子がわからないと

設計できないですものね。

 

ご契約の前に土地の確認をしました。

キチンと確認頂き、その土地の条件や注意点、

その土地の境界線、ポイント確認をしてもらいます。

 

この土地は前面道路が

市の管轄と微妙にからんでいて

建物の位置を注意しないといけないところがあります。

そんな土地の条件も

設計コンペには必要になります。

 

ご近所の建物の高さ、窓の位置、風の通り

光、庭の場所、朝夕の違い。

設計コンペの参加建築家はプレゼンまでに

何度も足を運び、その方の終日の心地よさを考えて

プランニングを考えてくれます。

 

たまたま、お隣におうちを建てる方に

お会いしました。(^^)

お互いの配慮も必要ですし

お会いできて良かったです。

 

これからお隣さん!です。

施主様の事宜しくお願い致します。

 

<(_ _)> by tani

とうとうお引渡しです。(ノ_ ; ) 

今日はお引渡しの日です。

昼間にメーカーさんにおいで頂き、

奥様に各設備に使い方を説明頂きました。

IMG_1316

 

 

 

 

 

まずはキッチン。

 

 

 

 

そして、2階のサッシの説明

IMG_1325

サッシも

二重ロックがあったり、網戸の外し方や

上げ下げ窓の使い方、ドア調整など

聞いておかないとわからない程、複雑ですよ。

ちゃんと聞いておきましょうね。(^^)

 

そして、お仕事終わった旦那様の時間に合わせて

お引渡しの説明です。

IMG_1330

 

 

まずは工務店さんから

施工中の写真や保証書

鍵の確認などして頂きました。

 

 

そして
IMG_1331

 

ご確認が済んで

引渡しの印鑑をペタッ

ef設計 木下先生、

見守ってます。 (*^_^*)

 

 

 

 

 

IMG_1334

 

夜のお引渡しだったので

寒さ気にかけて下さり

施主様に頂いきました。

ありがとうございました。

(* ̄  ̄*)

 

でも、

お引渡しはいつもちょっと悲しいです。

by tani

 

機能的&合理的&デザイン&ローコスト!

IMG_1253

 

 

 

今日は完成見学会。

あいにく雨模様。

前日に大雨と聞いていたので

まだ、降らずにもっていてくれるだけ良かったです。

 

 

 

今まで入っていなかった全面の駐車場の前の

スパンドリルの門も入りました。

 

この駐車場が快適。

深い屋根がかかった軒下みたいな空間ですから

車は屋根付きになりますし、

仕事で車移動の旦那様がいない間は

お子さんの遊び場!

 

前面のスパンドリルの門は、飛び出し防止にもなるし

この駐車場の天井にはブランコやハンモックがかけられる

フックも付いています。

 

2階を支える1階の柱部分は コの字型になっていて

そのへこんだ部分にエアコンの室外機が収まり

大きな室外収納になっています。

さすが、建築家~ ♪

本当に機能的で無駄がなく、デザインもステキで

それが、ローコストにもなってる!

ここまでできるのは建築家との家づくりだからです。

(*゚ー゚)v

IMG_1257

お天気もあり、いつもより少なめの来場でしたが、

これから家づくりを考える若いご夫婦も来て頂き

建築家さんと作った家づくりが

他と違う事を色々体感して頂きました。

 

ハウス・ブリッジ tani