やっぱり、設計コンペは素晴らしい!

本日、設計監理契約です。

要望がたくさんあって、

ご夫婦でも要望が少し違う。

誠実な内田雅章建築設計事務所

内田さんのお人柄に

「自分達の家を一緒にして欲しい」と思われたとの事です。

2015-01-31 17.07.59

どなたもそういうところがある家づくりですが、

・土地の条件

・要望

・建築家の提案

によって、同じ土地でもプランがそれぞれ違う設計コンペ。

どの部分が共鳴して、パートナーに選ぶかは

その方によって違います。

2015-01-31 19.06.34

今回は、難しい要望の中で

本当にその施主様が何を一番に望まれているのか?

施主様自身もわかってるわけではありません。

そこを要望の中からくみ取って思い切った提案をされ

違う形で提案した事が逆に誠実に感じた。

そんなコンペでした。

2015-01-31 17.07.43

 

ご自宅での打合せだったので

お子様たちもそれぞれリラックス~♪

(‘-‘*)

 

 

 

設計コンペにご参加いただいた先生方は

それぞれ素晴らしいプランでした。

選ばれたのは、施主様との相性、共鳴する

部分が結果になったと言う事だと思います。

 

そんな建築家と巡り合える

設計コンペってやっぱり素晴らしいと思います。

 

これから

お施主様ご家族との長いお付き合いです。

改めて宜しくお願い致します。

 

<(_ _)> by tani

施主の希望と建築家のプランを生かす

本日は仕様の打合せ。

外壁のサンプルです。

外壁を決めるのは難しいですよね。

2015-01-31 10.28.53

 

 

このサンプルだけでは大きな外観のイメージはわきにくく

また、近くで素材や色を見ても

大きな塊になった時。

どんな感じになるのか

イメージできる人はなかなか少ないと思います。

 

 

 

そこは建築家!

ちゃんとお施主様の好みをわかって

そのイメージを壊さず、全体的なコストも考えて

提案してくれています。

このサンプルも、オオタ デザインオフィス 太田さんが

選んでくれています。

2015-01-31 10.28.55

 

これはハンドル。

ハンドルもドアの素材や形状に合わせて

どんなものが付くかで

まったくドアの表情がかわります。

 

 

 

建築家の先生方の中にも

いろんなタイプの方がおられます。

積極的にコストダウンに協力して下さる方もいますが

全体的な雰囲気を壊さずに

材料だけでコストを下げていくのは難しいですし

大事!と思う部分が施主と先生では

違うところもあります。

2015-01-31 11.33.20

 

赤ちゃんだったお施主様の

お子さんも

大きくなりました。(^^)

お絵かきして

打合せに参加です。

 

 

 

 

実際、建ててから見たら

お施主様もわかる部分でも

図面の中で理解しにくいです。

正確ないイメージを理解できているのは建築家ですが、

それを説明する事や、必要かどうか確認する事は

また、難しい。

 

コストとイメージとを考えながら

お客様の要望と建築家のプランを生かす

これはなかなかの作業です。

 

手前味噌ではありますが

そこはプロデュースが入っていることで

お互いの大事な部分を生かしながら

収めていく事が出来ると思います。

 

もっと建築家との素晴らしいプランで

自分の家を建てる方が増えるよう

サポートしていきたいです。

 

ハウス・ブリッジ tani

フェンスのイメージ

今日決めるのは外部のフェンス。

イメージも素材によって違います。

高さなどは、場所にもよりますし、

付けてから、変更できないものだけに

お客様の要望や建築かのイメージを

お互い伝えるには画像が有効。

IMG_2144

とは言え、

今回のルーバーフェンスの間隔は

内側が見えないように軽やかにするには

微妙の間隔に調整しないといけません。

IMG_2145

 

外周も大きく、価格も気になります。

ハウス・ブリッジ tani

決済って大きな金額が移動するのに・・・

金消契約も無事済み、本日決済でした。

IMG_2150

 

 

 

新しく住む高槻市の支店でも可能ですが

本日はお住まいのある京都本店でしました。

 

 

 

 

 

今回は土地の金消契約ですので、

土地の売主である高槻の不動産業者さんと

売主、買主双方の司法書士さん立ち合いで

書類の確認。

登記の名義を変更し、新たに施主様の名義にします。

 

銀行で各内容を確認した上で、

銀行の融資をおろしてもらい、

支払い確認後、名義変更を同日でします。

 

大きな金額が通帳を通過するだけなので

現金を見る事なく、お支払するご本人も支払った

実感がないと思います。

なんだか毎回緊張します。(^_^;)

by 谷

雪の現場からコンビニで快適な打ち合わせ。

年明けの打ち合わせ。

昨年、組んでいた型枠にコンクリートを流し込んで

基礎が出来上がっていました。

同じところから画像を撮ったので

変わった様子がよくわかります。

IMG_2106

無題

 

 

現場では

基礎が出来たところで

図面で説明をしてくれています。

「ここの部分がここですね。」

「なるほど~」

みたいな・・・

 

 

ここから、雪が!!!

結構なぼたん雪だったので

近くのコンビニに移動~

無題

 

 

なかなか快適な打ち合わせ場所です。

(^_-)-☆

 

 

そろそろ外壁を決めるところでず。

材料の種類もですが、

パターンといって塗り方の模様や

色も様々。

近かいはパターンを ”小粒ロック” にしました。

ロックな感じです。

色は次回、サンプルを取って決める予定。

暖かいコンビニでコンビニコーヒー。

コンビニさんお邪魔しました。

by tani

たくさんの要望を詰めたプランが出揃いました。

さあ、「 河内長野の家Ⅱ」 プレゼンテーションです!

 

IMG_2036

 

1人目の建築家は

片岡英和建築研究所  片岡さん

タイトルは

「 みんなの庭 」

 

 

片岡英和建築研究所②敷地を生かし、中庭を包んだプラン。

1Fのキッチンを一段下げて

横につながるテーブルをそろえスキップフロアにした

家族が集まるリビングを重視し

庭を中心にしたプラン。

CGでの説明は新しいプレゼンでした。

 

 

 

 

櫻井建築事務所①

 

 

2番目の建築家は

櫻井建築事務所  櫻井さん

タイトルは

 「 古野のめぐり家 」

 

櫻井建築事務所②

 

 

 

3方に接する道からの見え方を意識し

1Fから、2Fから、用途や使い勝手によって

様々な行き来ができるよう

家をめぐる事ができる人の流れを考えた

2Fリビングのプラン。

 

 

 

内田雅章建築設計事務所①

 

3番目の建築家は

内田雅章建築設計事務所 内田さん

タイトルは

「 333 さんさんさん サンサンサン 」

 

内田雅章建築設計事務所②

 

タイトルのネーミング通り、

3面道路に面する3つの三角屋根の家

様々な要望を考慮した結果、

広い敷地を生かし、中庭を囲む平屋プラン。

各部屋からの動線をコンパクトにして

庭も部屋との動線のなかに考えた

まわりの視線を建物で遮り、内に明るい家。

 

 

 

プラスアトリエ①

 

4番目の建築家は

プラスアトリエ  向坂さん

タイトルは

「 河内長野の家 」

 

プラスアトリエ②

 

 

視線をさけつつ、

南側からの光を大きく開いた開口から

1F LDKに落としカーテンなしで過ごせる

コの字型の家。

2F は子供の年齢などを考慮してフレキシブルに

個室を利用するプラン。

 

 

 

ノーブルゲイト①

 

5 番目の建築家は

ノーブルゲイト 光成さん

タイトルは

 「 眺めている家 」

 

ノーブルゲイト②

 

敷地から一番見たい景色、

葛城山、金剛山の方向に開き

 

まるで家がその景色を眺めているような

景観を考えたプラン。

家事動線を一階に集中し、お子さんとの生活を

考え、造作家具の提案などもありました。

 

 

 

長い様で、あっという間のプレゼンテーション

どなたもそうですが、

要望はたくさんあるので、敷地と予算を考えて

それをプランにおさめていくのは建築家にとって楽しみであり

悩むところです。

そこで何をするのか?単に広さだけを望んでいるわけではない

お施主様の要望をその建築家、その建築家で

捕え方、表し方が違います。

良い悪いではなく、相性もあります。

 

IMG_2101

 

プレゼンが終了後、

各プランと図面を見るお施主様。

 

 

 

ご夫婦で感じ方もそれぞれです。

まずは、出した要望、提案して頂いたプランを

見直しながら検討して下さい。(^^)

 

ハウス・ブリッジ tani

その家の収納ってどのくらい必要か。わかりますか?

午前中に京都銀行本店にて金消契約確認。

IMG_2020

さすがに本店は古くて立派でした。

IMG_2021

 

 

 

京銀さんはよくお世話になりますが、

どこの支店も銀行っぽくない雰囲気です。

 

 

 

 

午後はお施主様の京都のご自宅で設計打ち合わせ。

コンペのプランから要望が詳細になっていきます。

設計の鈴木さん、徳永さん、

施主様の様々な要望を図面に落とし込みながら

確認して下さっています。

 

 

IMG_1950

 

ここを通って洗面室から干場に行きたいので

「引き戸を付けてほしいです。」

「外部に出るサッシは引き戸よりドアの方が気密性がいいですよ」

 

 

などなど、要望と利便性、その他の条件など

ひとつづつ話て各箇所の打ち合わせです。

 

特に、今日は家にある物のチェック!

各部屋の荷物を画像に取って、どこにどのくらいの収納が必要か

実際寸法を測りながらすべての部屋、外部も

数字で確認していきます。

 

ここまでしてくれる建築家って・・・ほんとに頼もしいです。

これで、必要以上の収納に面積や金額をかけず

収納が足りないって事もないです。

 

適材適所の収納はお施主様でもなかなかわからない部分。

整理する物、増える可能性のある物

これはとっても大事で、ここまでしてもらえる事は

すごくありがたいことです。

エムアイエーアーキテクツさん!ありがとうございます。

 

by tani