キッチンイベントから

キッチンイベントのお越し頂いたお客様のお宅に

お邪魔しました。

旦那様のご実家の敷地内に

新築をお考え。

「土地を見てきてほしい」との事で

行ってみたのですが・・・

ほ~んとうにいい土地でした。(^^)

回りは緑!山!

こんもりと小高い丘の上の家で

庭には紅梅、

すぐ下にはちょっと大きな池?

景観はもちろん

自然に囲まれた素晴らしいところでした。

 

IMG_2515

 

こんなところで子供を育てられたらいいなぁ~というような

ロケーション。

近くに大きな住宅地もあり

とても便利そう。

夢が広がりますよね。

 

キッチンイベントでは、

その方が好きなうキッチンではなく、

今のキッチンの使い方や使い勝手を聞き

その他の部屋とのつながりやその他の動線、

お持ちの道具、ストックを確認し

何を求めているか?

どんなところを重視しているか?

で、その方に合うキッチンの提案をさせてもらうものでした。

 

キッチンはその方それぞれで

聞き取りをすると意外と違うものです。

 

この、お客様も説明させて頂いたら

「なるほど・・・」って言われてました。

 

キッチンは家の中心になる大事なところです。

また、企画しますので

一度、是非受けてみて頂きたいと思います。

 

ハウス・ブリッジ tani

 

建売りも進化していると言うので見学に・・・

知り合いの工務店さんを紹介されて
今日は見学会に施主と向かいました。

IMG_3183

玄関の上のひさし。 シャープな金属製のものが設置されていました。

とにかくテーマは「白」
壁も床も白がいい施主様。
この家はそんなイメージに近かったのか
写メでパチリ。

白と言っても色々あります。
素材の違いで色合わせするのは難しいものです。
IMG_3185

IMG_3197

今の建売りはこんな可愛らしいキッチンも設置しているんですね~ちょっと驚きました。

 

IMG_3201

一段さがったリビング。意外と使い勝手が良いんです。こんな使用はなかなか建売りでは見ないですよ。

IMG_3204

リビングから幅広い階段を上がって振り分けの2階へ!

IMG_3212

外壁の塗装や木とのバランス。 サッシの色合いなど上手に合わせています。

今どきの建売りは進化してるんだと
思いました。
良い経験でした。(^^)

by tani

注文住宅【家具を選ぶと言う事】

家が完成したら新しい家具を買う方多いですよね。
好みの家にどんな家具がいいか考えます。

今日は大阪のあの「大塚家具」に行ってきました。

IMG_3283

今回は欲しい家具がある程度決まっていたのですが
それでも、もっと好みの物があるかと
結構な家具を見ましたが、
やっぱり、最初に決めていた家具を選択。
IMG_3267

Yチェアってやっぱりいい。
でもそのYチェアだって色々ある。
色もだけど、木の素材はマットな物とオイル仕上げの物。
その組み合わせもあるので
同じYチェアでも何種類もあるので
どうしても見に行く必要がある。

IMG_3274

それと同じで部屋の雰囲気に合わせて
家具を選ぶと言う事は意外と難しいです。
好みも含めて部屋に合わせて選ぶと言う事は
本当は家を考えると共に
考えていく事はもっと早道かと思います。

by tani

施工見積りの概算は数社で出すとわかる

河内長野市の家の概算見積です。

設計は基本設計と詳細設計との2つがあります。
部屋の間取りを決め、
土地に対する配置を決めるところまでを
基本設計と言います。

まず、その時点で概算を3社ほど入れます。
家づくりには予算がありますので
基本設計の時点で見積りを一度入れて
みることで、予算に合っているのか?を確認するのです。

img_3164

創建さん

見積りの取り方は施工会社によって違います。
一社や二社だと
同じくらいの金額なら良いのですが
大きく差がある場合、どちらが基準になるかわからないので
三社入れる事で
だいたいの金額がおさまっているかが確認できます。

img_3167

中山建設さん

出てきた概算をみつつ
その先の詳細設計を進めていく事が必要です。
もし、予算が少しオーバーしている場合なら
仕様を選び直したり
設計の面積を考え直したりして
予算に収まるよう、考えながら図面を進めていく事が
できるからです。

img_3169

新建築さん

細かい仕様を決めていくのが詳細設計ですが
概算の時とちがい、ひとつひとつの部屋の仕様や設備を決めていくので
金額も少しプラス傾向になります。
そのためにも基本設計の時の見積りは
予算におさめるために指針になるとても大事な作業です。

img_3171

後日、頼んだ田浦建設さん

今回は四社、概算見積を依頼しました。
見積りはとても大変な作業です。
建築家の図面は、メーカーや工務店の見積りと違い
細かな仕様が明記されている事や
空間にこだわりがあるので
慣れていない工務店さんには
とても面倒な見積りでもあります。

いつも、そんな手間や作業を惜しまない工務店さんに
ご協力頂いて概算見積をいらしています。

図面の枚数にもよりますが
2週間~3週間程もかかる見積りです。

お忙しい中本当に大変ですが
どうぞよろしくお願い申し上げます。

by tani

いよいよ大詰め!外構の打合せ。

内装はほとんど出来上がり、

キッチンも据え付けられました。

img_3144

天板は白の人造大理石、
ステンレスの方もいますが、
最近は人造大理石にする方が多いですね。

色や風合いも色々ありますので
面材とも合わせやすく
好みのキッチンになりやすいからかもしれません。

施主様は建築家さんのおすすめもあり
他の素材を邪魔しないよう
清潔感のある白で
天板も面材も選ばれていました。

キッチンに立ってみたリビングの景色です。
img_3147

横並びにサッシが続き、
景色も綺麗ですが
室内の明るさもしっかり取れて
1階から上がってこのリビングに入ると
カフェのようなオシャレな空間です。

 

玄関のイメージを確認しつつ
外構の最終チェックをしました。
img_3138

敷地も広く車を振り分けで
3台ほど止める事が出来るよう
上手に設計して下さっているので
来客があっても助かると思います。

by tani

会って決める設計コンペのコミュニケーションプラン

2つの建築家ネットワークナビの建築家選択方法

1つは80名の登録建築家の中から5名を選んで
プレゼンテ―ションを受ける。設計コンペプラン

もう1つは3名の建築家と面談をして
依頼するコミュニケーションプラン

今回は
2つめのコミュニケーションプランで
それぞれの建築家さんに会いました。

IMG_3127

各建築家さんの施工案件を回り
その家にお邪魔させて頂き
実際、室内を見せて頂いての
コミュニケーションプランは初めてです。

施主様のご協力があって
実現しました。

やはり、その建築家さんのつくる空間は
その方それぞれで個性が出るので
実際見れたのはとても良くわかったと思います。

その上で、
「庄司圭介アトリエ一級建築士事務所」さんが
選ばれて設計に進むことになりました。

庄司圭介アトリエの庄司さん、
担当の三田さん、
どうぞ宜しくお願い致します。

堺市中区で設計の打合せ

設計コンペで選ばれた建築家、

内田雅章建築設計事務所の内田さんとの打合せ、

最初、自分の理想を言葉にして伝えるのが難しいのですが

プランも打合せごとに要望や希望もハッキリしてきます。

図面に慣れて、その図面の中に自分が立って、

どう動くかを想像する事ができるようになるからです。

 

img_3082

この部屋は近くの方がよいかも!

ここには収納があったら便利!など

自分の普段の行動パターンを考えて

打合せが進みます。

img_3086

設計士の方も

その要望が出てくることは嬉し事で、

施主の好みや使い勝手がわかると

より良い提案ができるからです。

 

今回も違う要望が出て来て

次回の打合せの時までに図面に落とし込んでもらいます。

上下階のある住宅はどちらかの間取りが変わると

簡単に移動するだけではなく、

1階と2階の高さの関係で、平面の図面で簡単に見える事が

階段の位置などで難しい場合もあります。

 

設計するのは思っている以上に大変なのですが

それを落とし込む事。

大変な程、それを驚くようなプランの提案をしてくれるのが

建築家です。

 

by tani

 

 

素材の打合せ、もうすぐ完成です。

つ予定通りの工程で進んでいます。

今日は現場打合せ。
決まっていない色や材料を決定しないといけません。

リビングの横にあるテーブルが付いていました!(^^)

img_2812

キッチンの横にパントリーがあるのですが
そのパントリーからすぐに出れる洗濯物干場。
そのベランダの屋根の素材チェックです。

色は透明素材の茶色のモノに決定。
暗くならず、汚くならず、
外壁の色とも合っているので
イイ感じです。

img_2822

そして、玄関のタイル。

タイルって難しいです。
質感や大きさなどもありすぎるほとありますし
使う場所によってテクスチャーも気になります。
玄関は雨の日にすべってもいけないし
汚れるので色も気になります。

それ以上に、周りの色やイメージと合うモノ!
そのあたりは建築家さんが入っていると本当に心強い!

img_2827

条件をクリアし、お客様の好みもわかっているので
絶妙な選択をしてくれます。
いくつかに絞って提案してくれて
あとは、確認するだけ!
流石です。

今日はキッチンのあたりのイメージができていたので
画像を撮って
何をどうしまうかなど確認。

img_2837

建築家さんにとっても
お客様にとっても
完成は嬉しい反面、さびしいものです。

もうすぐ完成ですね。

by tani