ご依頼があり、お邪魔しました

 

裏のお家の間取り確認に来ました。

IMG_3639

 

敷地の大きさもありますが
家自体もとても大きい家です。

IMG_3597

 

ただ、ずいぶん古いので
この家を生かして大がかりなリフォームでするか?
思い切って解体して建て替えるか?
悩むところです。(^^;)

IMG_3595

 

大がかりなリフォームになると
間取りだけではなく、いざ、開けてみた時に
構造の補強などをしないといけない事もあり
思った以上に費用がかさむ時があります。

IMG_3599

 

ただ、やはり新築を同じ大きさで建てるより
金額的には少なく済むので
利用して抑えて進めるか?

 

IMG_3600

 

ご自身の好みを重視して
少し小さくなっても新築で進めるか?

お客様とは色々な事を話して
方向を決める事がとても大切です。

by tani

セキュリティは気になります。

大阪難波のセコムにお邪魔しました。

 

最近、セキュリティを気にするお客様が多いからです。

IMG_0159

セキュリティは後からつける事も可能ですし

家庭用は配線が出ないような無線も可能ですが

はやり、新築を作るなら

機械部分を小さく、きれいに設置するために

壁の中に配線を仕込んで仕上げるようにしたいですね。

 

図面を持って伺い、設置の計画をしてもらいました。

設置個所によって機械の個数や種類も変更して

少しコストダウンできました。

 

(*^^)v by tani

 

 

 

 

 

引渡しは色々な事を感じます。

外観にインパクトのある施主邸、
今日はとうとう引渡の日です。

img_3559

完成引渡しは嬉しい日なのですが
資金計画、土地さがしからずっとご一緒したお客様と
会わなくなる日でもあるので
いつも少し寂しい気持ちです。

img_3577

それは建築家も施工会社も一緒だと思います。
特に施主邸は、建築家の太田さんの事務所とも近く
毎日のように現場に来て頂いていましたし
工務店さんも回りのお家からの評判もよく
建築家からも施主からも本当に信頼されていたので
やりがいも感じて下さっていたようです。

同じ「家をつくる」という作業ですが、
しっかり期間をとって信頼されてやる気で作るのと
期日に追われ仕事としてとにかく作るだけの場合とでは
出来上がる家も違うのは当然です。

img_3572

設備などの使い方を一通り説明を受け
外回り、室内1つづつ確認頂き、
施主に引渡し書類にサインしてもらい、
無事引渡が終わりました。

img_3566

これは階段に飾られた絵。
この家の建築家であるオオタデザインオフィスの太田さんが
お引き渡しのお祝いに
施主へのプレゼントです。

一緒に長い期間の設計し
素敵な家ができましたね。
ご縁に感謝致します。

今度お会いするのは6カ月点検です。

by tani

完成見学会で感じる空間のちがい

とうとう完成しました!

白と茶のコントラストの綺麗な外観、
2階のリビング部分の連装窓が印象的な
見るからに
「ちょっと違う」家です。

img_3471

2階のリビングには
オーダーメイドのダイニングテーブル。

その高さと合わせて
キッチンの細い棚に続く
家族で使うサイドデスク。

下部は棚になっています。
高さを合わせる事でスッキリし
全体の空間が統一されています。

img_3484

ここは玄関の窓、

柱を上手に取り込んだデザインで
窓の形に合わせて空間を作っています。

img_3501

お子様を連れた御家族の案内をする

 

img_3468

オオタデザインオフィスの太田先生。
連装窓のサッシ枠を隠し
たて型ブラインドの使わない時に隠せるスペースがある部分を
説明しています。

ちょっとした所に手間をかけて作る事で
日常が使いやすく
空間が広く見えます。

 

建築家さんと作った家は
入った時の空間のつくりが全く違います。
間取り図ではわからない
空間の違いを感じる事ができるのは完成見学会ならでは。

もし、建築家の家を見る機会があったら
その空間を体感して見て下さい。
何が違うのか
どうして違うように感じるのか?

見学会は本当に一見の価値があります。

by tani

頭の中の「理想の家」を出してみる作業

お客様の要望。

それは、たぶん最初はお客様もよくわかっていないものです。

頭の中の「理想の家」を

言葉で出していく事で、

自分が何にこだわっているのか?

何を大切に思っているのか?わかります。

IMG_1318

そのために、ハウス・ブリッジでは

オーガナイズを入れています。

IMG_1322

お客様の考え方や、家への要望。

様々な質問から、その方も意識していないこだわりや

好み、家に対する想いを確認していきます。

 

IMG_1333

 

 

 

 

今回は要望もあって、

インテリアの好みと

 

 

 

 

 

IMG_1340

 

 

 

キッチンの使い勝手も

診断してもらいました。

 

 

 

 

 

頭の中の要望を口に出して見る。

話しながら、自分の好みを確認する。

使い勝手に対する考えや優先順位も大切です。

 

頭の整理が終わってから

設計コンペに進むと

自分の想いを最初よりずっとハッキリ要望として

話す事ができます。

 

(≧∇≦)by tani

金消契約が終わったらお引き渡し。

注文住宅を
フラット35で組む場合、
土地と建物は別々に組めないので

土地の時は「つなぎ」と言う手続をして
一旦別のローン借ります。

そして、建物も「分割実行」と言って
3回ほどに分けて支払うことになるので
建物契約時と中間の際にも
「つなぎ」を使います。

今日はその「つなぎ」が終わって
完成時に支払うための
最終支払のための金消契約です。

img_3432

最後の支払いは
本来のフラット35の融資になります。

今までの「つなぎ」から
全部の金額でつなぎかえる感じです。

つなぎを使う場合、
途中で借りる金額分、期間分、
先に金利分だけを支払う形になり
フラット35になってから
本来の住宅ローンがスタートします。

img_3434

ちょっと手続きは面倒ですが
注文住宅の場合
どうしても土地を先に決済し
建物の費用も分けて払わないといけないので
この形になりますが、
「つなぎ」を使う事で
注文住宅でも住宅ローが
ちゃんと使えるようになります。

フラット35は審査や基準などもあり
その審査が降りないと
ローンも借りれないので
そう考えると安心と考える事もできます。

施主様はフラット35の契約し
最終支払いが終わって引き渡し。
引渡ししてもらうまでは
施工会社の建物なので
今日から晴れて
名実ともに施主様のお宅になります。

by tani