収納アドバイザーを入れて計画する。

収納アドバイザーを入れて計画をする事は

自分以外の人に客観的に見てもらう事。

当たり前と思っていた収納も

場所を変えたり、移動する事で使いやすくなるので

本当に発見や驚きがあります。

IMG_4093

今回は、毎日上がり降りしていた2階の収納を1階にして

使わない事の多い1階の荷物を上にあげて

頻度に合わせて収納計画をしました。

IMG_4099

どうしても使いたい家具ではない場合、

処分して一部屋を収納に使ってしまうというのも

容量も増えて、出し入れしやすいというメリットにもなります。

今回は本当に大胆な計画になりました。

リフォームまではもうすぐです。

 

結構たくさんの荷物、スケジュールを立てて

進めないといけませんね!(≧∇≦)b

 

by tani

感激のファーストプラン

要望や夢を語ってもらい
待つ事、2週間。
今日、施主様の家のプランが出来てきました。

庄司圭介アトリエの担当の三田さんが
ひとつづつプランを見ながら
説明して下さいました。

広い敷地ながら
ムダなく、スッキリとして家を望まれているので
コストの事も考えつつ
素敵なプランが出来上がってきました。

IMG_4180

施主様もひとつづつ確認しながら
質問しながら
その平面に示されたプランを
頭の中で3D化してイメージします。

IMG_4183

パースでわかりやすく
出して頂けると言う事で
更にイメージが膨らむと思います。

このプランをファーストプランとして
ここから打合せがスタートです。
建築家の方は図面を説明しつつ
思っているイメージを伝え、
その上で、施主様もさらに要望や使い勝手を
伝えて形にしてく作業です。

by tani

プランを模型にしてくれるととてもわかりやすい

堺市にある施主邸での打合せ。

今日は模型が出来ていました。

img_4072

図面はずいぶん見慣れるとはいえ、
一般の方には、図面を立体にして考えるのは難しい事です。

img_9059

形を含め、部屋の配置や関係性など
模型にしてもらうことで
具体的にイメージできるので
とても助かります。

でも、模型を作る作業は意外と大変で、
ご自身で作る設計事務所もありますが、
模型を作ってくれる専門の外注を依頼する設計事務所も
多くあります。

しかもその模型の費用って
思っている以上に高額です。

img_4077

弊社でしている設計コンペには
5名の建築家が参加して施主の要望を形にして
プレゼンテ―ションしてもらうのですが
その5名のうち、3名くらいは模型を持って来てくれます。

もちろん、施主にわかりやすく提案するためなのですが
持ち出しで作って頂くため
本当に恐縮です。

図面は建築家の仕事の内ですが
模型はそうではないので
建築家が時間と手間と費用をかけて
施主のために作ってくれる
プラスアルファなんです。

今回は施主の要望が色々あり
長い時間の設計になった事もあり
何度もプラン変更があったので
設計コンペの時にも作ってもらった模型と
最終図面での模型の2回も模型を作って下さいました。

内田雅章建築設計事務所
内田先生!
ありがとうございます(^^)

by tani

リフォームする前に大事な収納計画

収納はたくさん欲しいと皆さんいいますが

あればあるだけ使わない物も取っておいてしまう結果にもなります。

このお宅も、大きな納戸や収納、そして荷物がありました。

IMG_4056

屋根裏の収納と荷物

 

家を建て直す、新築にする。

どちらにしても、今の家の収納しているものを

引っ越しするまでに整理しないといけません。

長年、生活してきた荷物は

思った以上にたくさんあります。

 

 

 

 

IMG_4062

(収納アドバイザーの宮田さん)

 

 

そこで、これを機会にプロにお願いして

自分の収納を見直して、

片づけの計画もしようと言う事になりました。

by tani

土地と建物の高低差をどうするか?

 

二回目の打合せです。

IMG_4049

 

前回の要望を入れて
改めてプランニングして下さった図面の説明です。

IMG_4052

 

高低差の件は
外と玄関に入ってからの距離と面積で
どのパターンが良いか?
3つの組み合わせを色別にして
丁寧に説明して下さって
つくづく、やさしい先生だと思いました。(^^)

IMG_4047

 

とは言え、
年末までの期限と予算を考え
早めに概算を取る用意をしましょうと言う
事になりました。

IMG_4053

お施主様のお孫ちゃんです。

 

(^ー^)v by tani