奈良の建築地に向かう。

今日は、お客さまの建築地に伺いました。

大阪から奈良の建築地までは

始めて山越え。

 

段々畑がきれいな所を越えて向かいます。

下りの先には奈良の美しい景色と

丁度、施主様の建築家のある団地が見えます。

設計コンペを開催する前の

測量の準備です。

各先生方の条件を合わせるために

土地を測量し、図面を共有します。

少しづつ、設計コンペが近づきます。

by tani

注文住宅【レトロな家とは】

それぞれの人が使う「レトロ」という言葉
家にもよく使われますが、
使っている人がどんな雰囲気を物を指して
レトロと言っているのかは多少違いがあるように思います。

そう考えると
その空間を作る方法も色々あるのではないでしょうか?

例えば、アンティーク、ビィンテージと言うと
ヨーロッパの中世の古い時代を思う憧れのようなイメージ

例えば、無垢床、レンガ、緑の見える窓、ステンドグラス、梁の見える構造
材料を使う事で雰囲気を作る

例えば、照明器具、蛇口、フック、ペーパーホルダー、ボウル
など、物を選ぶ事で手に触れ、目に見える小物で表す

20150712

トイレの小さな明かり窓。好きなステンドグラスをどこかに使いたい。そう思い探した結果、お客様自身が小さなステンドグラスを自分で作りました。

そのそれぞれを上手く取り入れる事で
「レトロ」を感じる空間を作る事。
それは、昔の人の暮らしが、穏やかで自然で落ち着いていた
そんなイメージがあるのかと思います。

何もかもが便利で時間の短縮や合理的になっていくからこそ
心ではそういったモノを求めているし
実際、自分自身が落ち着きホッとできる。

小物1つでもお気に入りの物を使う見る触れる
そんな事で満たされる気持ちになるものです。

家族が集まる空間は、そんな落ち着きや団欒、癒される
そんな空間だとすてきです。
家を買う、建てる、リフォームする時、
自分がどんな空間にいると癒され、好みなのか
機能や設備の比較だけでなく
そんな風にゆっくり考えたいものです。

by tani

注文住宅【レイアウトを失敗しないために】

「レイアウト」は配置。
それは敷地に対する家の配置計画と、
室内のプランの両方があります。

敷地に対する配置は、
土地の向きや道路位置など
その土地の回りの条件に合わせて
また、その他の家の窓や向きに考慮して
お互い住みやすくするために
自分も気にせず、相手にも気を使わなくて良いような
配慮が必要です。

そして、室内のプラン二ング
光や風を取り込む位置や工夫はもちろんですが
その家族がどんな住まい方をしたいか?
生活ひとつひとつを見直して
使いやすく、住み易い、居心地のよい空間にしていく事。

20150915
それには何が必要なのか?
家族それぞれが持つ
家に対する要望や希望をしっかり整理する事、
将来に向かって家族構成や使い勝手が変わる事も予測して
変化に対応できる間取りを考える事、

設計にかける時間と手間です。
他の人の良い悪いは自分と同じではありません。
生活の仕方も家族以外の人に
直接見せない事も多いので
自分たちが暮らしやすくするための
使い勝手の良い、落ち着けるレイアウトを
まとめる事は、単に必要な部屋を足していくだけではできません。

ましてや
敷地に対する配置を考慮して
そのプランを満たしてい行く事はもっと難しいでしょう。

客観的に見て要望を満たすための「提案」があり、
レイアウトに関する知識を含め
プロに依頼する事は
皆さんが思っている以上に大切な事かと思います。

by tani

注文住宅【ルンバの居場所】

最初はちょっとコミカルで
現実的にどうなんろう?と思っていたロボット掃除機ですが
今は日本のメーカーも各社が作るようになり
更に需要も増えそうです。

共稼ぎの多くなり
ストレスなく家事をしたい、負担を減らしたい
そんな自由な時間を少しでも取りたいという
方が多くいると言う事だと思います。

無題

階段下、リビングボードの下、洗面所。あちこちのサイトから拝借して参りました。こんな感じです。

そうであるなら、
最初から「ルンバの置き場所」と確保する。
平たくて感じませんが、意外とルンバは大きいので
後からコンセントの近くに・・・と置いておくと
場所も取りますし、出っ張るために結構邪魔です。

回りはキレイでもルンバはホコリがたまってる
と言う事もよくあります。(笑)

ちょっとしたへこみを作り、
その奥にコンセントを仕込むだけで
スッキリ、ストレスなくルンバが使えます。

新しく家を考え、ルンバを買おうかな?と思ってる人は
簡単にできる事なので要チェックです。

by tani

注文住宅【ルーバーについての色々】

ルーバーを付けると言っても色々な側面があります。
メリット、デメリット。
その効果やイメージはどうなんでしょう?_
付けるとしたらどこに?どのように?注文住宅【ルーバーについての色々】
材質は?

20150830

窓の外に設置

ルーバーを付けるとなる時、その理由は
外から見られたくない。外を見たくない「目隠し」として
形状、デザインとして「見た目」が好み
両方をかねてと言う場合もあるでしょう。

設置する、付ける場所としたら
1.フェンスをルーバーにする
2.窓にルーバーを付ける
3.窓自体をルーバーにする
4.外壁の一部をルーバーにする
5.室内で間仕切りをルーバーにする

20160124

外壁の一部にルーバー

材質としたら
木製、ガラス、ポリカーボネート、アルミなど

設置する場所や材質によっても違いますが
メリットとしたら
・緩やかに視線をさける(調整できるものもある)
・閉塞感がない
・通気性が良い
・オシャレ感
・防犯(外付け固定型)

20150725

外門の一部として

デメリットとしたら
・気密性に劣る
・メンテナンスが面倒
・防犯(ジャロジー窓)

細長い板状にした材料を間隔を空けて平行にした物を
ルーバーと呼んでいます。

適度に視線をさえぎりながら空間をつなげる事ができる
独特の方法だと思います。

用途だけでなく、形状も好みの人も多く
場所によっても材料によっても色々な使われ方をします。

視線だけでなく、光を上手に入れたりさえぎったりもするので
効果的に使うとルーバーでしかできない空間も作れます。

家づくりをする時、その効果を上手に生かしながら
使い方を検討したいものです。

by tani

注文住宅【ルーフバルコニーはアリか?ナシか?】

ベランダとは、外に突き出た、屋根のあるスペース
テラスとは、1階かkら外に突き出たスペース
バルコニーとは、屋根がなく手すりのある、外に突き出たスペース
そして、ルーフバルコニーとは、
下の階の屋根の上を使って作るバルコニーの事です。

雨漏りの原因にもなるとも聞きますが
これは作り方の問題です。

ルーフバルコニーをどんなことに使いますか?
バーベキュー、子供のプール、洗濯物干場、
もちろん使う事も前提ですが、
室内から見る庭や空間として
景色としても広さとしても
あるとないとでは大きな違いがあります。

20151201
リビングから見えて隣接していたら
外の広さを室内に感じて
季節の良い日は室内外仕切る事なく
部屋として心地良い空間になるでしょう。

バスルームから見えるルーフテラスなら
解放感があって癒される空間です。
露天風呂のように外を感じ
好きな方にはこの上ない空間になります。

費用がかかると言うこともありますが
そこに価値をおいているか?どうか?です。

建築のメリットデメリットは
人の間隔によっても変わります。
本当に欲しくて好きな空間は
家の居心地を変えます。

その方がずっと大事だと思います。

by tani

注文住宅【利益率ってどのくらい?】

⓵ハウスメーカー ⓶一般の工務店 ⓷建売り
注文住宅と呼ばれるものは⓵と⓶

⓶が⓷を作ってるとも言えますが、
直接お客様と契約して作る場合が⓶
業者と契約して施工する場合が⓷

ハウスメーカーは地域の一般工務店に施工依頼しているので
当然、利益率はハウスメーカーが多いです。
規模が大きい分、宣伝、人件費、経費は当然大きくなりますので
維持費は価格に入っています。

ハウスメーカーも建売りも同じように工務店がしていると言う事です。

107

そして、工務店と言ってもたくさんありますので
違いはありますが、
工務店が⓵や⓷のように下請けとして関わる場合と
同じ工務店がお客様と直接契約して作る場合
とでも利益率も違います。

自社で受ける場合施工価格の20~30%なら
下請けになる場合は10~15%くらいでしょう。

そしてハウスメーカーの場合
下請けの利益率で仕事を依頼し
お客様とは価格設定が高いので
差額をプラスすると利益率はもっと高くなると言えます。

それが、お客様から見たら信用と安心
下請けで入る工務店からも信用につながる
その差額は保険代のような感じでしょうか。

逆に建売り業者からの依頼の場合、
価格設定が低いので
いかに材料を安く少なく使い、
安い賃金で雇える人で期間を短く作る必要があります。
その利益率を確保するために
安い短い簡単な方法を選ばざる負えないと言う事です。
もちろんそれが全て悪い選択だけではないですが
難しい事ではあります。

販売業者が直接作っている場合は
利益率は25~40%くらいになる場合もあるようです。

良い材料を安く仕入れ、
腕の良い人材で早く作ってくれたらよいですが
判断できる人がいない限り
その選択は難しいと言えます。

by tani

注文住宅【料金の誤解】

注文住宅というと個別にオーダーするので
料金は高くなるいうイメージがありますが
決してそうとも限りません。

大量注文して安くなっている場合ももちろんありますが
個別に注文する一つ一つを
選んで良いものを安く注文できたら
同じくらいの予算で十分注文住宅ができます。

逆にメーカーの物を使わず
オーダーする事でコストダウンになる物も多いのです。

ただ、その材料や素材のそのものの用途や効果
使い方を良く知っている事が必要なので
プロである建築家に施主側に立ってもらう事が不可欠です。

20150706

黒の人工大理石でダイニングテーブルまで4mのオーダーキッチン

料金というと、
建てる側には全部の金額を指しているように感じますが
家の料金は、どこまで入ってるのか?も
示されている料金とは違う場合があり
また、まとめての料金の提示なので不明確です。

建築家が入る家づくりは
その全てが別々になるので
誰にいくら、何にいくらという支払い先が明確です。

それには時間と手間がかかります。
少し面倒ではありますが
逆にそれをかける事で
予算や料金にあった注文住宅を建てる事ができるのです。

by tani

注文住宅【理想と現実】

「理想の家に住みたい」と思う気持ち。
誰でもが持っている夢の一つでもあります。

でも現実には、
なかなか自分の理想の家に
住んでいる人は少ないのではないでしょうか?
そして住めると思っている人も少ない気がします。

30506

姫路ナビ No.305 FOUR SEASONS HOUSE    設計・監理 studio-tanpopogumi

家づくりは色々な方法があります。
あまりにありすぎて
ネットなどで調べすぎるとわからないくなるかと思います。
どのHPも自社の良さを書いているので
何が良いのかわからなくなり混乱もします。
それは見る側面や考え方の違い、取り方感じ方の違いでもあります。
その方法では「理想の家」が「性能や機能のよい家」
になっているのではないでしょうか?

そうした選び方で家づくりをスタートするのは
そのやり方しか比べる手立てがないとも言えます。
比較して選ぶのは具体的に
プランが決まってからでも遅くありません。

でもその進め方は
「理想」を追いながら「現実的」な選び方をしているので
「理想」と「現実」が違ってしまう。
自分がそう選んでしまっているからです。
物を選ぶ前にする事は
誰と家づくりをするか?と言う事です。
理想の家のプランを作る
作る人を探す。

家づくりのスタートする時から
理想を描いて、
誰とならそれができるか?
を探すことからではないでしょうか。

by tani

注文建築【基礎がしっかりしている事】

役所の検査の日です。

基礎1回目のコンクリートを打った後に
配筋を入れて再度コンクリートを打つのですが、
その前に中に入れる鉄筋の検査があります。

DSC07647

現場はこんな感じです。

しっかりとした基礎ができています。
配筋検査は鉄筋と鉄筋の幅、数
コンクリートとの間隔などが決まっていて
それを検査員の方が図面通りか?
測って調べていくのです。

DSC07651

設計の担当、三田さんも測って確認!

基礎の配筋を見るとその家が
しっかり建てられるかどうかがわかると言います。
もし、近くの家が基礎をしていたら見てみて下さい。
配筋が美しく等間隔に並んでいたら
その家は大丈夫です。

DSC07661

検査員が図面を片手に調べて回ります。

同じ材料を使っても
腕や性格は違います。
技術の高い職人で、
仕事にプライドを持った人が手掛けるのと
そうでない場合は違うと言う事です。

見えないところをしっかり作れる職人を
入れる工務店は
見えるところに手は抜きません。

by tani