家作りいいね【洗面について】

メーカーのセット物を入れるなら
置くだけになりますが、
好みで選ぶ場合、
気を付けたい事がいくつかあります。
ボールの形、好みはもちろん
洗面で何をするか?を考えて
形、大きさ、深さ、人数によっては数を考える。
台に洗面ボール置くタイプにする場合は台の素材。
水回りである事を気にするなら

20151105
台とボールが同じ素材で一体にすると掃除がラクです。
水栓は使い勝手と好みが分かれる所ですが、
立ち上がりの場所がボールの外にあると
ハンドルの操作の時、台に水がたれるけど
ボールの掃除はしやすい。
水栓がボールから立ち上がっていると
たれにくいけど、水栓回りの掃除が気になる。
水を貯めるための排水をふさぐ機能が
必要かどうか?
コンセントの場所。
小物類を置く棚や鏡なども気になるところです。
毎日使う洗面所、自分が何が気になるか?
選んで決めるとストレスなく使えます。

by tani

注文住宅【外構は意外と難しい】

家ができた!その後の外構ですが
その出来で家のイメージが上がったり下がったりします。

家の雰囲気を大切にしつつ
外構がある事でより印象をupさせる事もできます。
逆に、素敵な家なのに
外構が全く会っていないとイメージダウンになっている事もあります。

通常、駐車場を作る事も含めて
庭や塀、テラス、物干しなどが外構に入ります。

素材によってももちろん金額は違いますが
高低差がある場合などは
どこで高さを解消するかによって
対応によっても変わります。

IMG_9829

家のプランに終始してしまうので
テラスはプランとして考慮にいれても
外構までをしっかりプランニングする事は少ないと思います。

外構は意外と費用がかかるところなので
予算をしっかり考えておくこと
プランの中に外から見える家としての提案
使い勝手を含めた外構の提案をしてもらいましょう。

費用が難しい場合はあとからもできますが
思った以上に費用もかかるため
なかなかキチンと出来ないのが現状です。

予算組みをしておくことは
大切です。

by tani

予算の再確認です。

家の予算。

自分自身でしっかり把握できている人は少ないものです。

大体は、「賃貸の月払いの金額」を目安にするようですが、

今と、今後は違います。

また、希望の家に対して、

土地、建物、どちらにも十分な費用をかけることができる人は

そんなにいません。

だから、キャッシュフローから逆算して

払える金額、借りれるローン額を確認してから

予算を配分していくのです。

 

お金の話の間、ちょっとテレビ・・・

 

最初にする、ライフプラン。

それでも、実際進んでいくと

最初伝えた資金計画のままではない事も出てきます。

そこで、進んだ段階で、再度、予算の見直しをしました。

「月払いを少し減らして余裕をもって支払いができるようにしたい」

そんな要望もでてきます。

そのためには、何もかも思った通りの要望を進めるのではなく

減額できるポイントを探して、

予算を収めていく必要があります。

 

家づくり全体の金額もありますが、

家計の中で使いすぎているお金や、家を建てた後は減額できるお金も

この機会にしっかり確認していきます。

改めて家のお金を考えるよい機会です。

今迄の生活を見直すのはとても大事なポイントになります。

 

by tani

 

 

 

家作りいいね【キッチンの床】

キッチンの天板をそのまま伸ばして
ダイニングテーブルにすると
料理を盛りつけする時、片付ける時、
フラットなので使いやすくなります。

20151104

でも、
立って作業するキッチンと
座って食事するダイニングの床を
同じレベルにする事はできません。

そこで、
①キッチンの床を下げる。
②椅子の高さを上げる。
③両方イヤなのでテーブルに段差を付ける。

あなたならどれにしますか?
以前に集計した結果を後日お知らせします。

by tani

注文住宅【ガレージを考える】

便の良い所であれば、土地も高いので
車をあきらめると言う手もありますが

やはり車は必要となると、
戸建てを考える時の1つの要因として
車を止めるためのガレージは
駐車台がなくなると言う点があります

では、作るとしたらどんな風に作るか?
何を気にして作るか?
場所や作りによってガレージは車を止めるだけでなく
色々な事を考えて作ると良いでしょう。

道路とのアクセス
家へのアクセス
位置
収納
ビルトインガレージ

芹澤邸003

ビルトインガレージとは、雨がかからないように車庫を囲ってしまう事です。
雨にかからず家への入れると
買い物の時、お子さんが小さい時、お年寄りの乗り降り
車を頻繁に使う人ほど便利に感じます。
ビルトインでなくても
玄関まで屋根がかかっているだけでも
もっというと、車の乗り降りが楽な位置に
家の出入り口があるだけでも便利です。

ビルトインの場合、
雨の日、日差しが強すぎる時、子供の遊び場にもなり
洗濯物の干し場に利用できる事もあります。

費用の面では割高になりますが
容積率は延べ床面積の5分の1までひいて良いとはいえ
スペースを取れれてしまうので
家のプランと費用とは調整が必要です。

アウトドア好き、車好きの方は
外の収納も多く必要なので
ビルトインにせよ、通常の駐車場にせよ
必要な外部収納も駐車場とともに考えた方が良いでしょう。

日々の暮らしを考えて
駐車スペースは止めるだけでなく
よく検討して計画しましょう。

by tani

家作りいいね【ウォークスルークローゼット】

ウォークインではなくウォークスルー、
入るのではなく通過できる家族分のクローゼットです。

写真の中央は、占めたドアに付けた姿見です。

20151103
ここはキッチン→パントリー(収納庫)から入り
洗面→バスルームへ出ていく事ができ、
ここから干場に出る動線もあります。

収納を通過する事で、
どちらからでも使う事が出来るとと共に
他の部屋への動線に有効利用しています。

家族のクローゼットをまとめる事で
家事が格段に楽になります。

by tani

家作りいいね【見えないドア】

坪庭の見えるスッキリと広い玄関、
向かって右側の壁に黒く線が入っている所、
そこが、プライベート玄関の入り口です。

20151102
壁のようなドアを軽く押すと開き、
床はそのまま同じタイルが続いています。
そのプライベート玄関から室内に通じています。

中は2帖程で壁全体に棚が設置してあり、
ベビーカーの収納やコートを吊っておく所、
幼稚園の制服や鞄もここに置いておけます。

いつも玄関はスッキリとした状態を保てます。

by tani

家作りいいね【収納を考える】

階段の壁を利用して
LDKに向かってCDの棚を作っています。
昨日の収納もそうですが、
必要な所に兼用して収納を取る事ができます。

多くの方は「収納がたくさん欲しい」と言います。
でも、限られた広さの中に収納をたくさん取ると言う事は
・他の部屋が狭くなる
・収納のために土地を使ってる
と言う事で。本当にもったいない事です。

20151101

解決法は、
①家の物を見直し、必要な物をしぼる。
②部屋を狭くしない収納を考える。

それに、収納は上手に取らないと
ただ、物を貯める場所になってしまいます。

家作りいいね【階段に棚】

上下の部屋をつなぐ階段に棚を作っています。

20151031
本の多いお家はもちろん、
この本棚に入れるくらいの本はあるかと思います。

リビングで読んだ時。
個室で読んだ時。
通り道の「階段図書館」に返して下さい。

それに、お母さんが干してたたんだ洗濯物を
ここに置いておけば
子供が持って上がるなんて事もできます。
上下階のちょい置き。が出来て
思った以上に用途があるように思います。

本棚の場所を別に取る事もないので
スペースの有効利用でもあります。

by tani

キッチンを整理してみる

キッチンの使い勝手は
人によって意外と違います。

よく使うもの、
日常、鍋、フライパンなどはキッチンの近くに置きますが
すぐに使えるように見える所に出しておく人、
また、壁などにかけておく人、
見せたくない、見たくないと言う事で引出や棚にしまう人、
洗ってすぐに乾かす人、ふき取って置いておく人
本当に様々です。

それに、キッチンは通常メーカーのモノを選ぶ人が多いので
用意された組み合わせを考えて
ある程度、決められて範囲でその作りに自分を合わせる形で使っています。

その人の性格や考え方によって
キッチンのモノ達は様々な方法と場所にしまわれています。

新たに家を考える場合
そこを一歩踏み込んで
どういう形だったら一番使いやすいか?
しかも、メーカーに捕らわれず
自分の形で作れるとしたら
とても使いやすくなります。

img_4180

今日はそのキッチンの打合せ。
施主邸のキッチンはオーダーです。
決して高価と言う事ではなく
使いやすい形にする事は
コストダウンになる事もあります。

img_4183

特にキッチンバックは、流行りのパントリーの要素も兼ねているので
どう作るか?で普段の使い勝手が変わります。

冷蔵庫の場所はどこにするか?
買い物から帰っての収納、
リビングからの使い勝手、
炊事をしている時に、別の人が冷蔵庫を使う時に使いにくくないか?

場所が決まったら
見えるように出すか?引き戸に収めるか?

使い勝手が重視されるのか?
見た目をきにするか?

キッチンバックに食器や使いかけの食材、ストックの食材
色々なモノをどう分けて配置するか?
よく使う家電の場所、コンセント
引出しが良い収納、棚が良い収納、

自分の使いやすいキッチンを作ると
日々の家事が変わります。

by tani