注文住宅【業界動向をどう見るか?】

今年になって住宅を進めようと思っている方が
多いように思います。

実際、最近家作りを検討していると言う方やご契約が増えています。
また、今まで新築戸建てにこだわる方が多かったのですが
最近は中古をフルリノベーション、
または、リフォームを兼ねてプランを考え直したいという
要望のお客様も多いように思います。

今年の4月からと言っていた消費税が延長され
贈与税非課税のワクの延長や
エコポイントの復活などもあり、

また、今は底値、底値とも言われ続けていた金利が
いよいよ、マイナス金利による低金利。

今まで、何かの条件があっての金利優遇が
変動だけでなくフラット35も金利優遇があります。

いつか!と家を買う事を考えていた方は
今年こそ!と具体的に動いているように思います。

20160412

消費税が8%になったあたりをキッカケに
業者は材料や人件費もあがり
施工金額は少し高くなっていますが、
金利の事を思えば
例えば3000万円 35年として
ずっと店頭金利が2.875%ほどだった変動金利が
今、2.475%
金利優遇もありますが、
単純に店頭金利で支払い総額を出すと
5555万程だったものが5235万。
320万程も変わります。
金額が高くなればもっと差額がでます。

景気の事を考えて
上がる傾向にまだないと思う方も多いですが
住宅は欲しいと思ってすぐに買えるわけではありません。
特に土地購入からの注文住宅の場合は
時間もかかりますので
計画を立てて進める時期とは言えると思います。

by tani