土地の金額はどうやって決める?

注文建築をしようと思ったら、
どこで建ててもらおう・・・と言う前に
土地がないと始まりません。

そこで土地探しがスタート。
でも、土地は条件なりの金額です。
お買い得というのはなかなかありません。

気になる土地を見て回る。いくつも見るので画像を残す。

もちろん、譲れない条件はみんなそれぞれあります。
条件が良いだけ金額も高く
①金額
②エリア
③駅からの距離
④面積
⑤駐車スペースがあるかどうか。
⑥土地の形や向き
⑦周囲の環境
⑧道の付き方
条件はたくさんありますが
全ての条件を満たした土地を買える人は
ほぼいません。

土地を長く探していると
「土地を買う」ということに終始してしまいます。
本当は
「家を建てるため」です。

道路の確認、周りの環境もチェック!

終の住処ですから
もちろん、色々気になります。
でも、車のオプションと一緒で
あれこれとこだわる程に高くなり、
土地が良い条件で買えたら
家づくりの総額は少なくなって
思い通りの家が建てられられない、
思っている以上の増額になってしまう
という事になりがちです。

じゃあ、どうしたらいいんでしょう。

古屋のある場合は解体や外構にかかりそうな部分も見る

土地はあくまで家を建てるためのものです。
でも、そこにこだわるなら土地に費用をかけるというのも一つ。
家はこだわらない。
考え方によったらそういう選択はありです。

家にこだわりたいなら
土地はどうしも譲れない条件以外は目をつぶる。

自分の家族が住む家
どこで、家族とどんな風に生活をして生きたいか?
話し合って決めるしかありません。

そして、土地の金額が決まらないと
土地探しはできません。
その金額をしっかり出して範囲を決める事こそ
どんな条件を選ぶか?決めることができます。

それは
自分のキャッシュフローを出すことで家づくりにかける事ができる
全体予算がでます。
その全体予算からどうしてもかかる諸経費を引くと
土地+建物の金額になります。
これがMAXです。

その予算を土地と建物の費用に
どっちにいくら位かけるか?のバランスを決めると
土地の金額が出ます。
多少の調整はできるものの、
大きな誤差なく土地の予算がわかります。

悪条件があっても費用をかけることでクリアできるかも確認

土地の金額が決まると
条件は自ずから決まってきます。
その範囲内で探す事。
それが大切です。

注文建築を建てるなら
土地選びを間違わないで進めないといけません。
しっかりキャッシュフローを立て、
土地予算を知ること。

それがまず大事な事です。

by tani