自宅に来てもらうリアルコンペ。

設計コンペと言う、自分に合う建築家を選ぶ方法があります。
ネットコンペもありますが
それは単に間取りだけの組み合わせになりがちです。

というのも、
1つは、プランの要望はあくまで
その時に依頼者が伝えている内容だけだと言う事です。
リビングは広く、
和室も欲しい
子供部屋は6畳くらいで2人分など・・・

単に施主の要望だけを伝えるということは
そのまま単にそれを組み合わせる事になります。
もちろん、その人の要望なので
それも一つの答えです。

もちろん要望は大切ですが、
どうして必要なのか?
何に使うのか?
いつ、いつまで使うのか?
どんな生活パターンなのか?
と言う、本来の使い方や要望の意図がとても大切だからです。

その内容をヒアリングすることで
もしかしたら、必要なスペースは同じ空間にあった方が良かったり
いずれ使わないスペースになるなら
その先の事を考えて、違うスペースと共有にしたり
使い勝手を考えたら
要望と違う形や場所にあった方が良かったりなど

建築家にプランニングしてもらうと言う事は
デザインだけでなく
要望を提案という形で
より良い間取りにしてくれます。

必要なスペースを積み重ねていくと
広い坪数が必要になってしまいますが
その内容を聞くこと、提案することで
もっとコンパクトな間取りや
無駄のない間取りを実現することも可能です。

実際会って
その要望を整理し、本来の意図を聞く
それがリアルに合うヒアリングです。

そして、もう一つ。
とても大事なことは相性。

どんなに好みのプランでも
自分の性格や生活の仕方を理解してくれる
相性の合う建築家でないと
家づくりは難しいと言う事です。

生活空間はとてもプライベートな事です。
過ごしやすい空間を作ってもらうためには
自分の全てを知ってもらう必要もあり
話しやすい、付き合いやすい
そんな人が設計として入ってもらう事が大事です。

建築家ネットワークナビの設計コンペは
多くの建築家の中から
相性の合う人、好みの建物を建てる
そんな建築家5名に直接会って
要望を聞いてもらってプランニングしてもらう方法を取っています。

会うことで自分を知ってもらえる。
相手を知ることができる。
文字で伝えるだけでなく
言葉で伝える事でニュアンスが伝わります。

今回も施主のご自宅で設計コンペのヒアリングを開催しました。
事前に用意した要望書を読み解き
様々な質疑をすることで
家具の好みや使い勝手の悪い事での悩み
今後も使いたい家具の雰囲気やサイズを見てもらって
より、知ってもらう事で
本来の自分の要望が明確になります。

そのヒアリングから
各建築家が提案してくれることで5つのプランを見ることができます。
どんな風にプランニングされるか?
要望の受け止め方や好みの感じ方によって
それぞれのプランが提案されます。

どんなプランが出て来るのか
本当に楽しみです。

by tani

色々見たいが当たり前。

和やかな地鎮祭

雨が降ると言われていた土曜日、
午前中は雨もなく、
無事、地鎮祭を迎えることができました。

地元のお寺にお願いして
土地に神様にご愛猿をする「地鎮祭」です。
今度ここに家を建てますので
どうぞ宜しくお願い致します。
と言う祭事です。

お隣に住むご両親も
式に参列して頂きました。
地鎮祭は各地域によって
内容も意外と違います。

四方お清めも、
多くは神主さんだけがしますが
今回はその後、ご家族も一緒にお清めをします。

 

そして、刈初めの儀。
順番や道具を使う人も違いましたが
建築家 → 施主 → 工務店 → 神主 → そして改めて施主 → 神主
と、施主の出番が2度ありました。

初めて見たのが、「鈴払いの儀」です。
祭壇にある鈴を巫女が鳴らしながら場を清め
さらに参列した人達も清めていく儀式です。

涼やかな鈴の音が広がっていました。

参列したそれぞれが祭壇に榊を備えるのですが、
将来の主であるお子様も
丁寧に参りました。
小さくても、その雰囲気は感じるようで
いつも元気なお子さんも
ちょっと静かに、静かに
二礼二拍手一礼です。

何より初めてだったのが、
終わった後のお茶会です。

いつもは祭事が終わったらそのまま片付けて
すぐに帰ってしまう神主さんと一緒に
テーブルを用意して
お茶とお菓子をみんなで頂きました。

地鎮祭という祭事も一つ、心が引き締まるお式なのですが、
こうして参加したみんなで
土地でお茶会をすることの方が
土地の神様は喜んでくれているように思いました。

いつも本当に美味しいお茶を出して下さるお母様
おいしいお茶とお菓子をありがとうございました。

土地の中に栗の木があり
まさに鈴なり!
建築家さんと工務店さんと一緒に
拾わせてもらい頂きました1
ありがとうございます。♪

無事、地鎮祭が済みました。
本日はおめでとうございます。

by tani

新しい家づくりが始まりました。(谷町リノベーション)

親御さんから譲り受けた家を

リノベーションして住まいにしたいと言うお問合せから

家づくりが始まりました。

 

ご自身は違うマンションでお住まいなのですが

近くでずっと空き家としてあったご実家を

思い切ってリノベーションしたいという事です。

周りが立て込んでいるので室内が暗いので、

使い勝手の悪い間取りを一新して

住みやすく、明るくしましょう。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

by tani

土地や家を探す時に気をつけるポイント

注文住宅を建てようと思ったら
建て替えの方以外は
まず、土地を探さないといけません。

でも土地を見て、
すぐに決めることはできないですよね。
気をつけるポイントはいくつもあります。

まずは物件情報を見て
その土地の情報を見ます。
価格、エリアは
それぞれの方の条件そのもので、
用途地域はその地域それそれに条件があります。
建ぺい率、容積率はその土地にどのくらいの建物がたてられるか?がわかります。

面積が意外と難しいです。
まずは駐車スペースが必要かどうか?
間口のチェックが必要です。
通常2mの接道があれば家は建てられますが
駐車スペースを取る場合は、それだけでは難しいので
駐車して横を人が通れるスペースが必要です。
自転車を押して入れる事を考えたらもう少し広く欲しいですね。

ちなみに1台の駐車でしたら、
1Fに駐車スペースを取って2階3階を作れば
20坪程でも4人家族ぐらいなら可能です。

2台車を停めたい場合は、
少なくとも35坪くらいの土地は必要です。

道の場合はきちんと確認する必要があります。

土地への道路は公道かどうか?
私道の場合は、建替えができない場合もありますが
手続きさえできれできる土地も多いです。

家と道の接道の長さもちろんですが
どのように付いているか?も現地で確認が必要です。
物件情報だけではわからないことが現地ではわかるからです。

接道されていたが、段差がある
電信柱があり駐車がしにくい
などは実際見ないとわからない場合もあります。

特に道と土地の関係は気をつけて下さい。
でも、できないという事ではありません。

その土地の条件によって
価格は決まっています。
条件の良い土地は高く、悪い条件の土地は安いということです。
安い金額の分、土地に費用をかけることで
その悪い条件を良くすることができたら
候補地になります。

例えば、駐車スペースがない段差のある土地だった場合
彫り込み駐車場を作ることで解決します。
解体する費用が予算より高くなる場合
価格交渉や解体費用含めてもらうなど
出ている土地の条件を交渉することで
条件に合う土地になる場合もあります。

もう一つ大事なのは「境界」
隣り合った土地との境界線です。
ポイントというプレートが入っている場合は問題ないですが
ない土地がとても多く、
どこが隣との境界線かがわからない土地がたくさんあります。

売買の際に確認するのはもちろんですが
筆界確認といって測量をするのは費用もかかり
通常は確認だけでの取引がほとんどです。

土地の持ち主と隣地の人との見解が一緒ならよいですが
違う場合もあり、
売買する場合には確認は必須です。

弊社で土地探しおお客様が10名ほどいますが、
単に条件だけでなく
住まいをどう作りたいか?によって
選ぶ土地も変わってきますし
予算をどこにどう使うか?によっても
土地の探し方は変わります。

注文住宅を建てようと思った時
すぐに土地探し!ではなく
まず、予算配分を決めて
いくらの土地を探すのか?
価格を知ることが大事です。

by tani