和やかな地鎮祭

雨が降ると言われていた土曜日、
午前中は雨もなく、
無事、地鎮祭を迎えることができました。

地元のお寺にお願いして
土地に神様にご愛猿をする「地鎮祭」です。
今度ここに家を建てますので
どうぞ宜しくお願い致します。
と言う祭事です。

お隣に住むご両親も
式に参列して頂きました。
地鎮祭は各地域によって
内容も意外と違います。

四方お清めも、
多くは神主さんだけがしますが
今回はその後、ご家族も一緒にお清めをします。

 

そして、刈初めの儀。
順番や道具を使う人も違いましたが
建築家 → 施主 → 工務店 → 神主 → そして改めて施主 → 神主
と、施主の出番が2度ありました。

初めて見たのが、「鈴払いの儀」です。
祭壇にある鈴を巫女が鳴らしながら場を清め
さらに参列した人達も清めていく儀式です。

涼やかな鈴の音が広がっていました。

参列したそれぞれが祭壇に榊を備えるのですが、
将来の主であるお子様も
丁寧に参りました。
小さくても、その雰囲気は感じるようで
いつも元気なお子さんも
ちょっと静かに、静かに
二礼二拍手一礼です。

何より初めてだったのが、
終わった後のお茶会です。

いつもは祭事が終わったらそのまま片付けて
すぐに帰ってしまう神主さんと一緒に
テーブルを用意して
お茶とお菓子をみんなで頂きました。

地鎮祭という祭事も一つ、心が引き締まるお式なのですが、
こうして参加したみんなで
土地でお茶会をすることの方が
土地の神様は喜んでくれているように思いました。

いつも本当に美味しいお茶を出して下さるお母様
おいしいお茶とお菓子をありがとうございました。

土地の中に栗の木があり
まさに鈴なり!
建築家さんと工務店さんと一緒に
拾わせてもらい頂きました1
ありがとうございます。♪

無事、地鎮祭が済みました。
本日はおめでとうございます。

by tani