工務店の比較

工務店はどこに依頼しますか?

工務店と言ってもたくさんありますし
建物によって得意、不得意もあります。

一般的に設計に弱い所が多いので
気密断熱、自然素材、○○工法など
特色を打ち出して他社との比較で
告知する会社も多いですし
設計事務所の案件を中心にしている工務店、
土地付きの建売りを中心に自社で手がける工務店、
大手メーカーの下請けを中心にする工務店など

工務店によって
本当に様々な所があります。

先日伺った設計事務所に、こんな素敵な折柄の額が飾ってありました。

 

 

もちろん、技量は意外と違うものなので
その工務店の仕事はとても気になる所です。

でも、一般の人が話を聞いて
建てた物件を見て
それを判断するのはとてもむずかしい事です。

それは元々順番が違うからです。

みなさん当たり前と思っていますが
建ててもらう工務店やメーカーを探し
図面もできていない、何を使うのか材料も決まっていない
そんな状態で契約からスタートします。

本来は、
自分達の要望や金額を伝えて
大きさ、予算、材料、設備など
プランニングしながら全てを決めて
最終図面ができてから
「この家をどこに建ててもらう?」と、
工務店を探します。

それは1社ではなく
いくつかの工務店に依頼します。

 

材料はその時期で価格が違います。
また、下請けさんやメーカーの設備など
仕入れの金額は工務店にとって違うため
同じ材料や設備でも価格が変わります。
おつきあいの程度や発注の数によっても仕入れ値は違うので
様々な材料を数多く発注する家一件の金額は
工務店によって様々です。

工務店やメーカーと言っても
その会社の中に家を作る全ての人がいるわけではなく
たくさんの専門業者さんに下請けとして入ってもらい
一件の家を作っていきます。
建具屋さん、サッシ屋さん、塗装屋さん
電気屋さんなどの専門業者さんを束ねて
スケジュールを調整し仕事をするのが工務店の仕事です。

価格は、その工務店の仕事の忙しさにもよります。
とても忙しい時期に依頼する場合は
下請けさんのスケジュール調整ができないと
別の下請け業者さんに少し高くても依頼するなど
各下請け業者さんの単価も変わってくるので
どうしても高くなる可能性が高いです。

別の仕事が入っていな時期に依頼すると
下請け業者さんのスケジュールも組みやすく
各下請け業者さんの価格が安くなると
当然、合計の金額も安くなりますし、
工務店さん自体、仕事を入れたいと思ってくれるので
価格も少し抑えてくれる場合もあります。

時期、規模、腕、下請け業者、仕入れ
あらゆる条件で工務店さんは
技量や価格が違うものなのです。

だから、比較が必要になります。
時には、しっかりした間違いない工務店1社に依頼する時もありますが、
時期や価格がある家づくりの場合
比較は必要です。

ただ、予算が厳しい家づくりの場合、
最終見積りで数社の見積もり調整は厳しいくなるので
最終図面に行く途中の段階で
事前に数社に概算見積を取って
1社に決めた上で詳細な打ち合わせをして
決めることもあります。

各工務店さんも
依頼が確実に自社に来る場合は
各下請けさんにコストダウンなどを再度依頼してくれたりしますが
相見積もりの段階では
必ず自社に仕事が来ると決まっていないのでなかなかそこまでできません。
だから、コストが厳しい場合は
少し早い段階で工務店を絞った上で、
設計をしつつ、材料の価格を確認しつつ
工務店にも金額を確認して
一緒に調整しながらすすめる事もできます。

そして何より大事なのは
工務店さんのやる気。
気持ちが入ってやる気のある工務店さんの作った家と
やる気なく仕事としてとにかく作った家と
やっぱり人が作るので仕事は変わります。

依頼する人の気持ちも大事ですし
あまりに厳しい減額をするのもやる気をそこないます。
契約してから作る家ですから
できた物を買うのとは違います。

よろしくお願いします!と気持ちよく依頼できる工務店であること。
いい家作りますよ!とやる気で受けてくれる工務店であること。
そんな工務店に適正価格で依頼しましょう。

by tani

家づくりに必要とされる第三者②

トータルにかかわっていく存在

「ハウスコンシェルジュ」「コーディネーター」の業務は
どこに属することなく
第三者として客観的に関わるため
お客様の立場で考える事ができます。
そして、家を作ろうと思った時から
その家が完成し、点検までトータルに関わっていきます。

4つの流れ

そして、お客様の立場に立った時に
喜ばれることがもう一つあります。

ワンストップで確認する

セットになった住宅取得手段においては、
一式扱いで面倒でない分、
それらの金額の内訳が詳細には把握しにくいかと思われます。

一方、「コーディネーター」が入ることにより、
何度も資金計画書を作成することでお客様に、
どこにいくらかかっているかなどの内訳をはっきり知っていただけます。
それによって複数回の金額交渉や調整の機会に恵まれ、
コストカットできます。

結果、「コーディネーター」が入っても総予算が下がる傾向にあり、
お客様に喜んでいただけます。

比べて選べるようにする

土地探しや住宅ローン、資金計画や家づくりに
関連した税金や税制なども結構な手間がかかります。
住宅ローン一つにおいても、複数の金融機関に様々な商品があり、
その良し悪しをお客様がすべて把握するのは不可能に近いと思います。
そこまでしていられない・・・というのが現状です。

家考える

それらを「コーディネーター」が入ることで安心して進める事ができ
建築家との家づくりが、選択肢のひとつになります。

「コーディネーター」の役目は、
「比較して選べるようにすること」です。

主観ですすめたり、特定のところにするのではなく、
複数の中から最終的にお客様が選べるようにすることです。

安心して住めるようにお手伝いをする「コーディネーター」が入る事で
家作りの様々なポイントで必要な選択をして

かけたい所と削減したい所を分け、家づくりができます。

そうする事で自分好みの家作りが
予算内で、できる事ようにしていきます。
建築家との家作りは特別なものではなく
誰でもができるようになる事で
自分好みの素敵な家に住める人が増えます。

by tani

家づくりに必要とされる第三者①

建てたい人の気持ちをつなぐ

建築家や工務店の現場監督などの存在は、
お客様も知っている専門業種になりますが、
お客様側に立って資金計画して、
ローン、土地、建築家、工務店を比較しながら選び、
最初から最後まで一緒に進めていく
「コーディネーター」の存在はまだまだ認知されていません。

建築家などの専門業種は誇りを持つプロですが、
設計する段階に至るまでの、土地探しや資金計画、住宅ローン、
ましてや営業活動などをあまり行いません。

何からどう始めてよいのかわからない方がほとんどなので
その結果、すべてセットで建ててもらえるメーカー、
土地建物がセットの建売り、売立てへと
足を運びがちなのが実情です。
かけ
でも、本当は自分の家ですので
こだわりや好みを重視して
建てたいという気持ちは度の方にもあると思います。

d278e1b51e868cdf399897c5710ad387_s

「ハウスコンシェルジュ」という存在が専門業種と並んで
家づくりにかかせない存在として知って頂くことで
お客様の好みの家を建てる家作りはもっと増えていくと思います。

施主の望む家作りを叶える

「ハウスコンシェルジュ」と言う名前は
家を建てるための黒子のような存在です。
「コーディネーター」とも呼ばれています。
その仕事内容とは
家を持ちたい!と思った方に
本当にその方が描いている家を建てるために
様々な人をつなぎ
適正な予算の中に収める仕事です。

また、
設計をする建築家と家を建てる施工会社が
対等に施主の家作りに関わり
お互い協力できるようにすることです。

16d66f387c463f7d3e14b4cad322fcb9_s

例えば、施工会社主体の下請けの建築家、
施工会社の中の設計部署という図式になると、
予算などの具合により施工のしやすいように設計を合わす形となり、
建築家は思うように設計できなくなります。
純粋にお客様サイドに立つ専門家がいない状態です。

それは施工会社が指揮を取り、
一般ユーザーのためを考えた家づくりになりにくい形になります。

続きは次回に・・・

by tani

家を建ててもらう工務店のこと②

工務店によって違う事

たとえばメーカーに材料を発注する時、
工務店によってメーカーや下請け業者からの仕入れ値は違います。
今までのお付き合いや、頻度や量など、
その工務店によって安く材料が仕入られるメーカーと、そうでないメーカーもあります。

お付き合いやその時のメーカーや下請け業者の在庫によって
「別のメーカーなら安く入る」「別の物なら安い金額で出せる」という事もあります。

ですので、工務店によって
同じ物ででも、そのひとつひとつの金額が違うので
多くの下請け業者やメーカーの部材を集計してまとめる工務店の見積りは
会社によって大きく変わります。

また、施工内容によっては得意、不得意もあり、
技術や腕も違います。

ece23223e8fb08f2320b3b5143dc23c5_s

もし、注文建築を希望するなら、図面をしっかり見る事ができる事、
設計士、建築家と家づくりをするなら、
設計士、建築家との家作りをした事のある工務店に依頼する事をお勧めします。

図面に示されているあらゆる部分の作り方は
考え方や作り方が設計図によって違います。
図面の意図を知って
どのような意図でこの図面の指示になっているのか?
読み取る事ができないと困るからです。

設計と施工は図面を元に
お客様のために協力して家を建てるパートナーです。

やる気のある所に依頼する

家は商品ではありません。
出来ている物を買う時はネットで調べて安く買ったりしますが、
家は契約してから人が作るものです。

単に安ければ良いというわけではありません。
100均の物で良い物もあれば
材料や質の良い物を買う物もありますよね?

それなりで良い物とそうでは困る物がある事、
良い物はそれなりの価格がある事を
私たちは知っているからです。

適切な価格でしっかりした仕事を依頼する事
そして、なにより
快く仕事をしてもらえる工務店を選ぶ事はとても大切な事です。

ee985c6c83091414c82da69691984a13_s

時期的にキチンと時間を取れて
人も手配できる工務店

忙しくて必要な時間も十分取れない
手配できる人も少ない工務店
当然、仕事内容も変わってきます。

やる気があるか?ないか?も大きな違いです。
家は人が造る物なので
やる気があって、やりがいのある仕事の場合
できる物も違ってきます。

工務店と一言で言っても
本当に様々です。
良い工務店を選ぶのは意外とむずかしい物です。

by tani

家を建ててもらう工務店のこと①

工務店は「施工 = 家をつくる 」をする会社です。
ですから施工会社、または工務店と呼ばれます。

施工会社を比べて選ぶ

図面もないのに建ててもらう施工会社から選ぶという、
順番が逆の家づくりが当たり前のように思っている方が多いですが、

本来は、
 プランが決まって、
    ↓
  材料も決まって、
    ↓     
  設備も選んで
    ↓
  建ててほしい家の要望と打ち合わせがすべて済み、
    ↓
  このまま建てられる図面ができて
    ↓
  見積りを依頼します。

その見積もりは1社だけでなく数社は選んで見積りする事で
内容や金額の比較ができます。

工事2

通常の買い物では当たり前にしている事を
家作りでは会社の規模や営業の対応、工法や設備の比較で
建ててもらう所を当たり前のように先に決めて、
それからプランを考えています。

当初のプランでできるはずだった金額も
プランの打合せによって変更はありますので
当然金額も増額になります。

設計と施工を決める順番が逆だからです。
設計と施工を同じ会社に依頼するからです。

最終図面で工務店に見積りをする事。
見積りにはそれぞれの会社の様式があり
単価や数量はもちろんですが
同じ図面を見ても見積りの取り方は会社によって違います。
見積りにはその会社の姿勢も見えます。

また、図面さえあればどこでも施工できると思っていますが
図面を読む力は施工会社によって様々です。
当然、腕、技術も施工会社によって変わります。

良い家をしっかり建ててもらうためにも
工務店を選ぶ必要があります。

そもそも施工会社とは

一言で工務店と言いますが、
工務店はその専門業者をまとめる仕事をしています。  
図にすると、こんな感じです。

工務店と下請け
  
一件の家を建てるのに
専門の下請け業者は
20社ほど入ります。
キッチンメーカーもこの1つに入ります。

工務店は工務店で
下請け業者を比較して1つの見積りを作り
全体の金額をまとめる仕事。

それから、全体の工程を組む仕事があります。

工期も費用の大きな要因です。
20社ほどもある下請けの仕事を
上手く組み合わせて仕事の依頼をする事が
工務店の大事な仕事です。

by tani

設計する人は誰ですか?③

違い③ 図面の枚数が違う

家を建てるのに必要な届け出に
「建築確認申請」と言う物があります。
届出に必要なのは申請書類と図面です。
この届出の内容がその地域の条件に合う建物であれば
許可が出て建てる事が出来ます。

ハウスメーカーや工務店の場合は
この申請図面の数が多くて5~10枚ほどではないでしょうか?
許可が出るために必要な数、提出します。

建築家に依頼した場合、図面はその30~100枚以上になる事もあります。
申請に必要な枚数はもちろんですが、
それ以上に
お客様と設計で決めた事を、現場で工事する人へ
間違いなく伝わるように細かく図面にしていくからです。

建築家2

ハウスメーカーなどでは、家ごとにシリーズ化し、
パッケージ商品としているので、ひとつひとつ全てを
書かなくていいようになっています。
規格化された図面がある場合はまだいいのですが、
図面が少ないと、工事する側の判断で進めていくことになります。

お客様とは打ち合わせで決めていたのに、
現場の人には伝わっていなかった! というようなことも
詳細な図面があれば防ぐことができます。

図面に材料の指示や設備の仕様も全て書かれています。
図面の枚数が多く、様々な指定が多いということは
きちんとした家づくりにとても大切なことなのです。

また、
全ての図面を一冊の本としてお客様はもらうことができます。
図面は家のカルテです。

この図面があれば
出来上がってしまったら見えない部分や構造や配管などについても、
何年も月日が経った後でもわかります。

・お客様の要望に応じて、より良い提案をしてくれる。
・材料 、プランすべてが自由。
・設計に十分な時間をかけることは大切。
・図面は家のカルテ、図面の枚数は詳細な指示。

設計サポート

資料請求

設計する人は誰ですか?②

建築家に頼む場合と、ハウスメーカー・工務店に頼む場合とは、
いったい何が違うのでしょう?

大きな違いが3つあります。
1、ハウスメーカーや工務店で建てた場合、「工事する側」に設計がいます。
2、建築家に直接頼んだ場合は、「お客様側」に設計がいます。

違い① 建築家が立っている場所。

1、ハウスメーカーや工務店で建てた場合、「工事する側」に設計がいます。
2、建築家に直接頼んだ場合は、「お客様側」に設計がいます。

建築家の立ち位置図

設計は、自分に設計費用を払ってくれる人のために働きます。
設計に支払いをする人は誰ですか?

◆違い②  プランや材料の自由度

・ハウスメーカーや工務店の場合

自由設計をうたう会社も多いですが、ある程度その会社で範囲があります。
ほとんどは決まった工法や仕様・材料があり、それを自社の特徴として広告しています。

「この中から自由に選んでください」という範囲があり、
範囲があるから大量発注によってコストダウンができます。

ただ、大きな会社であれば維持費や広告など経費かかり、
お客様の支払う金額の中に入っています。

打合せの回数は数回が一般的です。
・建築家に依頼した場合

間取りにしても材料にしても、すべて自由に選ぶことができます。
工法や仕様も、お客様の要望を元に予算に合わせて、
どんな家づくりも可能です。

お客様がネットで探した材料や機器などを使う事もできます。

お客様の要望を聞き取り、普段の生活の仕方から
建築家ならではのプランの提案があります。
また細かい要望をプランに入れてくれる事で
その方だけの使い勝手の良いプランができ

設計打合せに3カ月くらいかけます。

ひとつひとつ確認しながら決めるので、
間違いやイメージに違いは発生しにくいですが、時間と手間はかかります。

図面と鉛筆

・施工会社から設計を依頼される「建築家」・・・

建築家との家づくりという言葉をよく目にします。
建てる工務店が〝 建築家 〟を宣伝している場合は
工務店側に建築家がいます。

施工会社が建築家に仕事として依頼している場合、
お客様ではなく工務店が依頼主です。

施工会社の作りやすいように設計を合わす形となります。
建築家が入っていても、ユーザーのための家づくりとは言えないわけです。

・家が建つには「設計」が必要。
・経費の中に設計料は含まれている。
・設計は、工務店のためか? お客様のためか?
・依頼主によって立ち位置が違う

設計サポート

資料請求

設計する人は誰ですか?①

設計を依頼するという考え方

「レシピ」を見て「料理」を作るように、
「図面」を見て「家」を作ります。

その図面を作るのが設計士。
どんな間取りにするか、壁紙やフローリングの材料の種類など、
デザインや間取りだけでなく、家について色々なことを決めるのが「設計」です。

その建物の強度は大丈夫なのか?
建築基準法が守られているか?
どの法律のチェックも「設計」の一部です。
その設計を書き記した設計図面を役所や検査機関に提出して

「建てていいですよ」と許可をもらわないと家を建てる工事ができません。
こうして最初に「設計」をしないと家は建てられないので、

どこで建てたとしても、設計する人が
どこかに必ず存在します。

ハウスメーカーと設計事務所

ハウスメーカーや工務店に頼めば、
その会社の中にいる設計士やプランナーが設計をしていますが
対応するのは営業マンです。

直接、設計事務所に頼めば、設計士・建築家が設計し
担当する本人が対応します。

「設計料」は特別なものじゃない

設計する人がいるという事は、設計料が発生します。
設計した人の人件費や技術料です。
だから、どの家作りでも金額の中に必ず入っています。

建築家に依頼した時には、「設計料」として。
ハウスメーカーや工務店に依頼したときは、経費として見積に入っています。

建築家に依頼したときだけ、
設計料がかかると思っていませんか?
別に支払うか、経費として支払うかの違いです。

61e1f4ff4295ca45350c1423181eb41c_s

・家が建つには、「設計」が必要。
・設計するという仕事に対して、設計料は発生している。

では、
建築家に頼む場合と、ハウスメーカー・工務店に頼む場合とは、
いったい何が違うのでしょう?

設計サポート

資料請求

住宅ローンは選んでいますか?②

貸す側から考える(銀行)

今度は銀行の気持ちで考えて見ましょう。
銀行は、「ローンを組む人の年齢」「家族構成とその年齢」
「お仕事先」「その他のローン」など、その人の内容を調べて

・ちゃんと返してくれる安心できる人に
・より良い人に
・より良い条件で貸したいと思っています。

大きなお金を貸すのですから当然ですよね?
ですから、同じ金額を借りる場合でも
人によって、銀行によっても条件が変わります。

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

ですから借りる方も比較して、
より良い条件で貸してくれる銀行を選ばないといけません。
住宅ローンの手続きは意外とややこしく、
どのように、どのタイミングで用意して良いのか解らない書類も多いです。
銀行の条件やルールが変わる事もよくあります。

土地の購入に住宅ローンを使うのであれば、支払いも始まり、
建てている間に二重の返済期間になる場合もあります。

自身の家づくりに最も適した融資機関を選び、
金利や条件を正しく理解して進める事が大切です。

土地購入を先にする場合

注文住宅を建てようと思って
最初につまづくのがここです。
土地だけのローンを借りることができないと思っていませんか?

土地を見つけて
ローンを借りるために銀行に行くと
工務店との契約書やプラン図が必要と言われるので
その時点で
⓵ 設計士を決めないと借りれない
⓶ 工務店を決めないと借りれない

そう思ってしまいます。
でも土地だけ先に買う場合も住宅ローンは使えます。

住宅ローンは住宅のための特別な低金利のローンなので
土地だけの購入に住宅ローンは使えませんが、
家を建てるために土地だけ先に買うなら使えますので
先に借りる事ができます。

銀行比較

土地を先に融資してもらう事を「土地先行融資」と呼びますが
できる銀行、できない銀行があるので
最初にできない銀行に行ってしまうと
「できない」と思ってしまいます。
住宅ローンは銀行によっても違いますし
初めて説明を聞いてすぐにわかる人は少ないでしょう。

窓口の人の説明が下手な事も多く
自行のローンの事しか説明しないので知らない場合もあり
説明された人は「できない」と思いこんでしまうのです。

少し手間はありますが、
土地だけ先に融資してくれる銀行はありますし、
住宅ローンとして借りる事ができます。

借りる側、貸す側それぞれ条件によって違います。
土地を購入してから建物を建てるまでの期間もあります。
内容を理解して自分にとって
少しでも有利な住宅ローンを選びましょう。

by tani

住宅ローンサポート

資料請求

住宅ローンは選んでいますか?①

借りる金額より高い住宅ローン

土地を買う時にほとんどの方は住宅ローンを使うでしょう。
土地は現金でポンと買えない高い金額だからです。
そして、
・意外と、選ぶことなく決めている住宅ローン
・その人の考え方や性格など人によって選ぶローンも違います。

何より、土地や家の金額より高いのは「住宅ローン」そのものです。
土地や家は比較して悩みますが
住宅ローンを悩むひとは少なく、
不動産業者の進めでそのまま借りる方が多いのが現状です。

住宅ローンは比較して選びましょう。
同じ金額を借りても
融資先によって、金利や条件は違います。

銀行

借りる側から考える(自分)

長期で返す住宅ローンなので銀行の条件によって総支払額は大きく変わります。
また、
同じ金額でもそのローンの種類によっても変わります。
住宅ローンは、その後の生活にも影響するので慎重に選ぶ必要があります。

多くの方は自己資金を入れた方が良いと思っているようですが
そうとも言えません。

例えば、総額 3000万円で、自己資金 500万円ある場合、

・Aさん 資金500万円使い、住宅ローン2500万円借りる。
・Bさん 自己資金使わず、住宅ローン3000万円借りる。

もし、住宅ローンを組んで、程なく亡くなってしまった場合・・・

Aさん家族は、住宅ローンは無くなりますが、自己資金もなくなります。
Bさん家族は、住宅ローンも無くなり、自己資金500万円も残ります。

住宅ローン?自己資金?

そうです。
住宅ローンは支払い終わるまで保険にもなっているのです。
ましてや、低金利の住宅ローンを少なくして、
後になって、車ローンや学費ローンを組んでは本末転倒です。

その判断はその家庭の考え方によって違いますが、
それによって、組み方も金額も変わってきます。

住宅ローンは銀行によって種類があり、
様々な条件も違います。

変動金利や固定金利、その他にもタイプは色々あります。
選択することによって支払額も違います。
メリット、デメリットを正しく理解して、
選ぶ事が大切です。

また繰上げ返済の手数料や諸経費なども
金融機関によって大きく変わるので比較する事が必要です。
内容を知って、
自分に合うタイプや条件の住宅ローンを選びましょう。

住宅ローンサポート

資料請求

by tani