建築家との家づくり【壁に棚を組む】

【壁に棚を組む】
本好きでなくてもある程度はありますし
マンガや雑誌、書類などの紙類など
増えていくものです。

本は重いのでしっかりした本棚も必要ですし
色、サイズ、価格、素材など
ピッタリの物はなかなか難しいもの。

20160308

壁に作りつけの家具、ではなく
棚を組み合わせて格子状の棚を作ってもらう。
大工さんが現場で組んでできるので
家具工事として依頼する程金額もかからず
その場所にぴったりの物が作れます。
設計:内田雅章建築設計事務所

建築家との家づくり【坪庭につなげる】

浴室から見える坪庭は
あるだけで空間の効果は大きいものです。
それにプラスして、
洗面からも見える窓になり
外から浴室へ入れる細い通路になっています。

20160430

設計:大西憲司設計工房

建築家との家づくり【ダイニングの場所】

LDKを広く取る事が多いですが、
壁や建具を立てる事なく
ダイニングを少しだけ離し、
視線の届く範囲に分けています。

20160428

落ち着いて食事をする事ができ
違う事をする家族でも
同じ空間に居心地よく過ごせます。
設計:大西憲司設計工房

建築家との家作り【階段を出す】

家の階段は上下階の移動に必要ですが
マンションのようにワンフロアの家と違い、
階段部分に床面積が取られます。

また、階段を作った下の斜めの部分を
「どう利用しようか?」と
言う事になり、どうしても
デッドスペースができてしまいます。

20160307

いっそのこと、
階段を室内にからめず
ポコッと外に出して階段スペースをタワーのようにすると
部屋も取りやすくなります。

設計:内田雅章建築設計事務所

建築家との家作り【アプローチの取り方】

段差のある土地の場合、
以前、部屋の中で解消する投稿をさせてもらいました。
ここは角地で、
横の道路も前の道路も傾斜があったので
室内をフラットにするために外で段差を解消しています。
単に高さの調整だけでなく
玄関までのアプローチを楽しむため
あえて歩かせ、この家のポイントになっています。

20150827
玄関の奥にある自転車置き場のために
付けたスロープですが、
幅のある物も片輪だけでもスロープがあると上がるで
思った以上に便利なようです。

建築家との家づくり【リビングを下げる】

借景が良い土地や
お庭の景色がステキなお家は
窓からの景色をどこからでも楽しみたいものです。

20160426

リビングの床を一段下げる事で
食事をしている時も
リビングでくつろいでいる時も
景色を楽しむことができると共に
壁なく空間を仕切り、
少し違うスペースを演出できます。
設計:山岡哲哉建築設計事務所

建築家との家づくり【見たい景色に開く】

なかなかこんなに素敵な景色を
自宅の庭に持つ方は少ないですが・・・
全開口にして外とつながるように
部屋と縁側をフラットにすると
途切れることなく景色が部屋と近く感じます。
20160306
引違い戸ではなく、全てのサッシを引き込むよう
1つの壁にしまえるようにすると
窓が残らず、窓の分だけ景色が見えます。
明るさだけでなく、外とつながる開放感は
すがすがしく気持ちよいものです。
設計:和田修二環境建築工房

建築家との家作り【照明の選択】

1階の部屋に明るさを入れるために
思い切って一部屋を吹き抜けにすると
とても明るくなります。

大きなしっかりした梁や
建具の美しさが空間のデザインのようです。
そんな空間を見せるために
あえて照明は抑え、電球を4つ吊るしています。
吹き抜けにたまる夏の熱い空気
冬の暖気を調整するために
シーリングファンを設置しています。

20160305
設計:和田修二環境建築工房

建築家との家作り【プライベート玄関】

時々見るようになりましたが
玄関を開けて
左の引き戸1枚開けると
シューズルーム兼用のプライベート玄関です。

20160304
同じ玄関を引き戸だけで仕切り
上がる床を分けています。

靴を並べたまま収納できるので選びやすく
脱いだままの靴が見えないので
いつも玄関はスッキリします。
設計:永森建築事務所

建築家との家作り【シンプルキッチン】

キッチンを選ぶ時、
「どこのメーカーにしようか?」ではなく
「どんなキッチンが使いやすいか?」と
自分がどんな風に使っているか?
よく考えて見て下さい。

20160303
形に合わせて使うのではなく
自分の好みに合わせると
こんなシンプルな形になるかもしれません。
コストダウンにもつながります。
設計:レベルライン建築設計事務所