ライフプランは買えるかどうか?を見るためではない。

「家賃と同じくらいなら払えるので家を買おう。」
「買ったら払うから何とかなる。」
「ライフプランは受けたことあるけど大丈夫だと言われた。」

など、予算を聞いた時に漠然としていて
意外と上記のように考えている方も多いのです。
でも、「何とかなるだろう」とはいきません。

その家庭によって違う収支、正確なライフプランを立てる

住宅ローンは長く支払うもの、「家づくり」には正確なライフプランが必要です。
まずは、今の年収だけではなく、将来をみこした収入や収支を出して
家づくりにかける予算を出す事が必要です。

家10

それは、家庭のライフスタイルや家族構成によって、ライフプランが違うからです。
同じくらいの年齢で、家族構成も同じ、年収も同じくらい
でも、資金計画は全く変わります。
趣味や旅行に使うお金、車の買い替え費用など、
ご家庭によって、人によって日々使うお金は違うからです。
特に、お子さんの人数や進路によって金額は大きく変わります。

買えるかどうか?ではなく、最後までお金に困らず暮らせるか?

家づくりでライフプランを受ける方が多くなってきましたが
たいていは、買えるか?ローンが組めるか?という
買うためだけのチェック、または、保険見直しのライフプランです。

目的は買うため、保険の見直しではなく「最後までお金に困らず暮らせるか?」
正しく、ライフ=生活 プラン=計画
その家のキャッシュフローです。

おおざっぱな資金計画ではなく、
日々家庭で使うお金をシビアに見直しましょう。
使ったお金以外は貯金できているでしょうか?
貯まっていないと言う事は
計画的に出来ていないと言う事です。
家は大きな買い物です。

こまったな

家を買うためではなく、買う機会に
しっかりとライフプランを見直して
老後までを考えた正確な資金計画を作りましょう。

入って来るお金はある程度決まっています。
何に使うか?で変わります。
その上で家の予算はいくら取れるか?考えると、
自分のしたい生活をするためには
土地付き戸建てではなく、マンションのリフォームになる事もあります。

by tani