1年点検には会える事が楽しみ

気持ちよく晴れた5月
今日は1年点検に久しぶりに施主邸に向かっています。

設計中、建築中に通い慣れた道も
懐かしく、アッという間の1年だと
思い向かいました。

img_0114

もちろん、まだ一年と言う事もあって
建てた時のまま住宅地の中のモダンな外観の家は
そのままです。

まずは外回りをチェック。
引渡しの時にはなかった花壇や野菜の芽が出ていて
庭が作られていました。(^^)

img_0118

今の所は気になるような事もなく
とても綺麗でした。

室内に関しても
家具や荷物が入った事で
「住まい」という雰囲気が
より良い空間になっていました。

人がいて、物はあって家なんだと思います。
スッキリ整理されて何もない空間は何か味気なく、
さびしい感じがするものです。

1階にある和室にある小さな床の間にも
奥様が探したという
個性的な置物がある事で
グッと雰囲気良い和室になっていました。

こういう、小物や置物は
とても効果があるものだな~と
改めて思いました。

img_0111

今日は建築家のオオタデザインオフィス太田さんも
御家族で来ていました。
と言うもの、施主邸のお子様と同年代で
建築中から交流があったからです。

点検中も一緒に遊んでいたので
スムーズにできました。

今のところ、特に気になる事もなく
とても快適に暮らされているとの事。
久しぶりに明るい素敵なご家族に再会できて
嬉しかったです。

(≧∇≦) by tani

宝塚市逆瀬台の物件 6カ月点検

もうすぐクリスマス、
6カ月点検に伺いました。

img_9068

まずは最初のメンテナンスチェックです。
6カ月なので、大きなメンテナンスはないとは思いますが
四季のある中で木の収縮や
建具(扉など)の調整などは必要になりますので
6カ月住んだくらいで一度伺って
住み具合や調整箇所を建築家さんと工務店さんと一緒に
3社で伺っています。

img_9070

チェックとはいえ、お客様によって
すごく気になる方とさほど気にならない方
場所によっても違いますし
そのあたりを聞いて再確認します。

img_9072

土地さがしからご一緒しているご家族なので
お子さんの成長はいつも驚くのですが
赤ちゃんだったお子さんも
もう、こんな事が出来るくらい
大きくなっている事に感動します。
身内の子供の成長を見るような感じなんです。

img_9094

お引き渡しの時には何もなかった室内に
家具や荷物が運ばれて
室内が落ち着いた感じです。

こうして上手に素敵に飾っているところを見ると
建物が家族に愛されている感じがして
嬉しい気持ちになります。

by tani

家づくりインタビューにお邪魔しました。

今日はインタビューをするために
今年竣工したお客様のお宅に
インタビュアーとカメラマンとでお邪魔しました。

IMG_20151031_144037

お引き渡しの時から、半年弱、
家具も入って生活が始まっていました。

土地柄にも少し慣れたとの事。
少し見ない間にお子さんが大きくなっていて
いつも驚きます。

土地探しから始めた家づくり、
その時の事から、家づくりしていく過程で
色々思われた事を改めて聞きました。

by tani

引渡しは色々な事を感じます。

外観にインパクトのある施主邸、
今日はとうとう引渡の日です。

img_3559

完成引渡しは嬉しい日なのですが
資金計画、土地さがしからずっとご一緒したお客様と
会わなくなる日でもあるので
いつも少し寂しい気持ちです。

img_3577

それは建築家も施工会社も一緒だと思います。
特に施主邸は、建築家の太田さんの事務所とも近く
毎日のように現場に来て頂いていましたし
工務店さんも回りのお家からの評判もよく
建築家からも施主からも本当に信頼されていたので
やりがいも感じて下さっていたようです。

同じ「家をつくる」という作業ですが、
しっかり期間をとって信頼されてやる気で作るのと
期日に追われ仕事としてとにかく作るだけの場合とでは
出来上がる家も違うのは当然です。

img_3572

設備などの使い方を一通り説明を受け
外回り、室内1つづつ確認頂き、
施主に引渡し書類にサインしてもらい、
無事引渡が終わりました。

img_3566

これは階段に飾られた絵。
この家の建築家であるオオタデザインオフィスの太田さんが
お引き渡しのお祝いに
施主へのプレゼントです。

一緒に長い期間の設計し
素敵な家ができましたね。
ご縁に感謝致します。

今度お会いするのは6カ月点検です。

by tani

完成見学会で感じる空間のちがい

とうとう完成しました!

白と茶のコントラストの綺麗な外観、
2階のリビング部分の連装窓が印象的な
見るからに
「ちょっと違う」家です。

img_3471

2階のリビングには
オーダーメイドのダイニングテーブル。

その高さと合わせて
キッチンの細い棚に続く
家族で使うサイドデスク。

下部は棚になっています。
高さを合わせる事でスッキリし
全体の空間が統一されています。

img_3484

ここは玄関の窓、

柱を上手に取り込んだデザインで
窓の形に合わせて空間を作っています。

img_3501

お子様を連れた御家族の案内をする

 

img_3468

オオタデザインオフィスの太田先生。
連装窓のサッシ枠を隠し
たて型ブラインドの使わない時に隠せるスペースがある部分を
説明しています。

ちょっとした所に手間をかけて作る事で
日常が使いやすく
空間が広く見えます。

 

建築家さんと作った家は
入った時の空間のつくりが全く違います。
間取り図ではわからない
空間の違いを感じる事ができるのは完成見学会ならでは。

もし、建築家の家を見る機会があったら
その空間を体感して見て下さい。
何が違うのか
どうして違うように感じるのか?

見学会は本当に一見の価値があります。

by tani

金消契約が終わったらお引き渡し。

注文住宅を
フラット35で組む場合、
土地と建物は別々に組めないので

土地の時は「つなぎ」と言う手続をして
一旦別のローン借ります。

そして、建物も「分割実行」と言って
3回ほどに分けて支払うことになるので
建物契約時と中間の際にも
「つなぎ」を使います。

今日はその「つなぎ」が終わって
完成時に支払うための
最終支払のための金消契約です。

img_3432

最後の支払いは
本来のフラット35の融資になります。

今までの「つなぎ」から
全部の金額でつなぎかえる感じです。

つなぎを使う場合、
途中で借りる金額分、期間分、
先に金利分だけを支払う形になり
フラット35になってから
本来の住宅ローンがスタートします。

img_3434

ちょっと手続きは面倒ですが
注文住宅の場合
どうしても土地を先に決済し
建物の費用も分けて払わないといけないので
この形になりますが、
「つなぎ」を使う事で
注文住宅でも住宅ローが
ちゃんと使えるようになります。

フラット35は審査や基準などもあり
その審査が降りないと
ローンも借りれないので
そう考えると安心と考える事もできます。

施主様はフラット35の契約し
最終支払いが終わって引き渡し。
引渡ししてもらうまでは
施工会社の建物なので
今日から晴れて
名実ともに施主様のお宅になります。

by tani

いよいよ大詰め!外構の打合せ。

内装はほとんど出来上がり、

キッチンも据え付けられました。

img_3144

天板は白の人造大理石、
ステンレスの方もいますが、
最近は人造大理石にする方が多いですね。

色や風合いも色々ありますので
面材とも合わせやすく
好みのキッチンになりやすいからかもしれません。

施主様は建築家さんのおすすめもあり
他の素材を邪魔しないよう
清潔感のある白で
天板も面材も選ばれていました。

キッチンに立ってみたリビングの景色です。
img_3147

横並びにサッシが続き、
景色も綺麗ですが
室内の明るさもしっかり取れて
1階から上がってこのリビングに入ると
カフェのようなオシャレな空間です。

 

玄関のイメージを確認しつつ
外構の最終チェックをしました。
img_3138

敷地も広く車を振り分けで
3台ほど止める事が出来るよう
上手に設計して下さっているので
来客があっても助かると思います。

by tani

素材の打合せ、もうすぐ完成です。

つ予定通りの工程で進んでいます。

今日は現場打合せ。
決まっていない色や材料を決定しないといけません。

リビングの横にあるテーブルが付いていました!(^^)

img_2812

キッチンの横にパントリーがあるのですが
そのパントリーからすぐに出れる洗濯物干場。
そのベランダの屋根の素材チェックです。

色は透明素材の茶色のモノに決定。
暗くならず、汚くならず、
外壁の色とも合っているので
イイ感じです。

img_2822

そして、玄関のタイル。

タイルって難しいです。
質感や大きさなどもありすぎるほとありますし
使う場所によってテクスチャーも気になります。
玄関は雨の日にすべってもいけないし
汚れるので色も気になります。

それ以上に、周りの色やイメージと合うモノ!
そのあたりは建築家さんが入っていると本当に心強い!

img_2827

条件をクリアし、お客様の好みもわかっているので
絶妙な選択をしてくれます。
いくつかに絞って提案してくれて
あとは、確認するだけ!
流石です。

今日はキッチンのあたりのイメージができていたので
画像を撮って
何をどうしまうかなど確認。

img_2837

建築家さんにとっても
お客様にとっても
完成は嬉しい反面、さびしいものです。

もうすぐ完成ですね。

by tani

そこ、ここに、建築家ならではのテクニック!

宝塚の現場打合せです。

陽気も暖かくなってきました。(^^)

IMG_2539

先週、先々週とイベント、完成見学会で

現場に来るのは久しぶりだったので

ずいぶん進んでいました。

施主様お久しぶりです!

IMG_2527

2階のリビング!!

広~い ヽ(*^ ^*)ノ

連なる窓の雰囲気や各部屋との配置など

図面では見ていたものの、実感するのとやはり違います。

IMG_2531

 

 

 

 

オオタ デザインオフィス

太田さんとお施主様。

歓談~♪

 

 

 

今日は、内装の打合せ。

壁紙とロールアップやバーチカルカーテンの

色合わせ決定しました。

IMG_2535

 

ここ、なんだかわかりますあk?

天窓なんですが、

1つの天窓が2つの部屋をまたいで

振分けになっているんです。

 

コストダウンもあるのですが、

いい感じでした。

工務店さん、壁t紙貼るの大変そう・・・

(;^_^A  お願い致します。

IMG_2542 IMG_2553

 

施主様との打合せの後は

工務店さんの現場監督さんと打合せです。

1階和室にある小さな床の間。

その奥に赤い壁紙でポイント!

本当にできるのが楽しみです。

 

ヽ(*^ ^*)ノ by tani

やっぱり上棟式はしたいですね。

快晴の日。今日は建てかたです。

そう、『上棟』です。

CIMG6781

最近、上棟式をする方は少なりようですが

当社がかかわる物件のほとんどは

上棟式をします。

CIMG6782

 

 

ただ,工程と日程、休みの関係で

上棟の当日、上棟式をすることは

本当に少ないです。

工務店さんの工程を邪魔する事なく

スムーズに進めてもらい、

お施主様の都合とお休みがあった日に

あとから式だけを工務店さん、ずっと関わる大工さんとする

という感じです。

CIMG6783

 

 

でも、上棟は建てかた専門の大工さんも大勢来るので

にぎやかな現場になります。

休みが合うようなら是非見て頂きたい様子です。

 

上棟式をすると

大工さんとのコミュニケーションもできて

依頼主が見える事で、お互い繫がる感じがします。

 

施主様のおうちを

宜しくお願い致します!!

 

(*′ノO`)  by tani