建築家決定!

悩んで悩んで悩んで
建築家さん決定しました。

毎日色々考え
ご夫婦で話したそうです。
プランは本当にそれぞれに素晴らしく、
最終決定したのは

グランデザインの高宮さん!
どうぞ宜しくお願い致します。

決め手は人柄、
その人の人柄というより自分との相性です。
建築家というと、「先生」と言うような雰囲気もあり
その人の人柄に関係なく
話しやすい、話にくいという
個人的な感覚がどうしてもあります。

それが「相性」だと思います。

緊張しない、話しやすい、通じてると思える
わかってくれてる感じがする。
施主からだけでなく
建築家からもそうです。

その感覚を感じてもらえるのが
リアルコンペの良さです。

5名の建築家さんはどの方も施主と合う方を選んでいます。
それでも
気が合う、話しやすいと思えるのは
お互い会って話して初めてわかる感覚です。

家はとてもプライベートな空間づくり。
プラン二ングをする上で
相性はとても大切です。

そう思える建築家と会えたら
家づくりはほぼ成功です。

本日、設計監理契約
鈴なりの花?
がキレイに咲いている日でした。

by tani

悩む!?プレゼンテ―ション。

雨模様の本日、

「高槻市の家Ⅲ」の設計コンペプレゼンテ―ションがありました。

トップバッターは

ミサオケンチクラボ

タイトルは「SU・BA・KO」

狭い敷地を逆に生かした片持ちの建物
面積を取らないように上手く取ったロフト空間や廊下の使い方。
そして、外観の壁を防火壁を
外部からの目隠しとコストダウンの両立したプラン

 

2番目は

(株)Muff

タイトルは「光がつなげる家族の器」

囲まれた敷地の環境を
数値化した明るさとしてシミュレーションをした上での
各部屋に光が届くプラン。
今後増やせるように面積を少な目にコストも重視したプラン
施主のイメージから合う家を提案

 

3番目は

グランデザイン一級建築士事務所

 タイトルは「光風の家」

敷地と環境を考え
光と風を一番大切にして
2Fの建物でありながらスキップフロアでつなぐ事で空間を生かし
広がりと明るさを重視したプラン。

 

4番目

N+Architects

タイトルは「6 layers floor(6層の床)」

玄関横から入れる大きな収納をはじめ
6層に重なった空間がリズム良く重なり
南の光を落とす細木で組んだ床や
室内から物干場への家事動線など
生活のしやすさに配慮したプラン

 

 

ラストは

高木建築事務所

タイトルは「高槻市の家」

2階がういたようなフォルムの目を引く外観
明るさを取り込む大きな中庭をとり、
その中庭を中心に気持ちよく使いやすい空間が
ぐるっと囲む様なプラン。
スキップフロアを上手く生かし
前面から背面に向けて傾斜する形に
部屋の配置を取った提案。

 

長いと思っていたプレゼンテ―ションは
短く感じたと施主様。

5つのプランを見ながら
「どのプランもよかった」と
終ってすぐにお二人で頭を抱えていました。

5名の先生方が限られた時間の中で
施主様のために出したプラン!
そう言って頂く事は
本当にうれしい事です。

決めるまでの期間、
プランで悩んだ先生方に変わり
今度は施主様が悩んで頂くことになります。
要望の本質を聞き取り
自分達だけのために
建築家5名のの素晴らしいプランから
選べる贅沢な時間です。

お返事楽しみに待っています。

 

いろいろ見たい、が当たり前!

要望を満さないからこその提案。

夏日のような暑い日が続く5月の今日

高槻市の家の設計コンペが始まりました。

20代の若い施主様、
お子様が産まれた事もキッカケになり
この度、家づくりのサポートのご依頼を受けました。

沢山の先生方がご自宅にこられ
好みの家がどんなイメージなのか
色々質問されて
丁寧に答えたおられました。

年齢や個性も様々な先生方
家の質問だけでなく、
「建築家と家づくりをしようと思ったのはなぜか?」
「建築家の創る空間は他の家づくりと違うので
 要望を満たす事だけでないプラン二ングを見て欲しい」
など、色々な意見を頂きました。

確かに建築家のプランは
その方の要望を越えるものなので
ともすると、要望と違うように感じますが
言われた要望がその人にとって本当に使い勝手が良いのか?
そこまで掘り下げて考え、
施主の住みやすい空間をデザインすると
要望と違う空間になる事もあります。

今望む空間と
将来に使う空間とも違うので
経験ある建築家だからこそ
そんな将来にわたっての空間も考えてくれます。

コンペヒアリングの後、
建築地を見に行きました。

解体する家に入り、
2階からの景色や周りの環境などを確認。

この土地は細長く少し狭い土地です。
周りは敷地ギリギリまで隣の家が建っていて
東側に公園が開け2階からはこんな景色

この立地を生かして
次回、5名の建築家がどんなプランを提案してくれるか
本当に楽しみですね!

by tani

参加してくれる建築家さんを決める

建築家の設計コンペを募集したところ

30名近くの建築家が参加希望してくれました。

建築家ネットワークナビのHPにある各建築家のサイトから

先生方のプロフィールや建築に対する考え方などを見て

お客様はどの先生にコンペに入ってもらうかを決めます。

 

それぞれの設計事務所はHPを持っていますが

力を入れている事務所とそうでない事務所では

印象が大きく違いますので

基本的には各HPは見ないようにお伝えしています。

もちろん、建築家ネットワークナビの登録建築家のページは

HPに比べ少ない情報ではその人となりはわかりません。

プロフィールシートの作り方も人それぞれ

画像や内容の違いや雰囲気など

限られた情報の中から選ぶからこそ相性を感じるモノです。

 

お二人とも真剣に長い時間悩んで

5名を選んでくれました。

おしい土地

エリアも気はなる!
日当たりや面積も必要!
住環境は大事!

土地探しは色々な要素があって
気になる事が沢山あります。
もちろん、どれも満たしている土地が良い。
でもそんな土地を買える人はそうそういません。

施主様も土地を探し始めて
1年近く。
沢山の土地を見てきました。

それなりに土地を見る目もできて
見ただけである程度判断もできます。

そんな時に見つけたこの土地!
条件に合ってます。

初回土地さがし

今日から、土地さがしがスタートです。

土地はどうやって探したら良いでしょう?
色々ありますね。 

1. 不動産屋さんに行く
2. netで探す。
3. 折込ちらし
4. 足で歩く

どれも正解ですし、
できたら複数する事
そして、毎日する事。

土地は鮮魚と一緒です。
良い土地は誰もが探していますし
先に見つけた人が良い土地に巡り合える確率が高いです。

今日から土地探しのお客様。
はじめて物件を見て歩くので
まずは条件のエリアと予算の中で見て回ります。

そして、物件の見方。
どういう事を気にしないといけないか?
どこをチェックするか?
物件情報の中でわかる事もありますし
実物を見て、確認する事もあります。

初回は、そういう物件の見方を伝えながら
一緒に回ります。

建物が建っている土地は
想像しにくいですが、土地として見る時の注意があります。
解体費用も必要ですが
インフラはそろっています。
駐車場のない家の場合は作るための費用も要チェック。

土地を見る時は
「建物を建てるまでに後いくらかかるか?」
それをしっかり見極めないと
予算が大きく変わってしまいます。

探し方、見方、予算をチェック
ちょっと面倒ですが、
この3つを常に意識しながら
3ヶ月間は土地探しを頑張ります。

今日は豊中、摂津、茨木エリアを見て回りました。
まず、大事なのは感覚です。
金額とエリア、条件の中の土地が
どんな土地なのか相場感を付ける事です。
これから宜しくお願い致します。

by tani

土地さがしには探す期間を決める事が必要

土地探しの時間をどのくらいかけるか?
それは全体的な計画によります。

賃貸でお住みの場合、
土地を探す時間が、そのまま今の賃貸費用を支払う期間にもなります。
そして、お子様の年齢や、小学校に上がるまでなど、
期間が決まっている場合は、特に土地探しの期間を決めて
探す必要があります。

土地は条件の全てを満たす土地を買える人は
ほとんどいません。
そして、土地は「お買い得」と言う物はなく
基本的には条件に沿って
一定の基準にのっとって妥当な金額が付いています。

南向き、整形地、全面道路の付き方、幅
用途地域やその他の建築に関わる条件などなど
色々な観点で比較し検討する必要があります。

場所はいいけど、道が問題ね!とお客様

ただ、一般的に問題と思われるようね
マイナスな土地条件も建築家との家づくりの時は
逆にそのマイナスをプラスに変えてプラン出来る事も多く
一般の方が躊躇するような土地条件でも
建物の計画がキチンとできれば
それはそれで候補地になります。

マイナスという条件がある場合
土地は通常の評価より安くなります。
安い金額分、対処に費用をかけられれ
そのマイナスが補えたら良いと言う事です。

土地を決めるまでにある程度の時間はかかりますが
かけすぎる事で時間のムダになり
しいては費用もムダにもなります。

土地の条件のどうしても譲れない条件さえクリアしていたら
それは候補地です。

時間をかける分、良い土地が見つかる訳ではありません。
1年余計に時間をかけるなら
1年分の家賃を上乗せして金額を上げて探す方が
条件の良い土地が見つかります。

土地を探す時は
⓵ 優先順位のうち譲れない条件がクリアしている事。
⓶ かける期間を決めて探す。
➂ かける時間分の費用を上げて検討する。

この3つを考え、
決めた期間の中で土地さがしをする事を
お薦めします。

by tani

古家がある土地、ない土地

注文住宅を建てようと思ったら

まずは土地探し。

ネットで検索、
土地が欲しいエリアを扱っている不動産屋さんを回って見る
方法は色々あります。

土地の場所はエリアの確認!
そして、その土地の回りの住環境
現地を回る事はとても大切です。

でも、土地は見ただけでわからない事も沢山あります。

更地で建物がない土地は
比較的イメージがしやすいです。

でも、段差があったり、駐車場スペースをどう作るか考えたり
プランが出来ていない状態でみるので
特に駐車場のアクセスは気になるところ。

段差があっても堀込にしたり
逆に底上げして作ったり。
一見、難しそうな土地でも方法はあるものです。

そして、もっと難しいのは
古家がある土地。

とにかく、古い家があるだけで
土地のイメージはあまり良く見えません。
逆にそのイメージが持てれば
意外とお買い得の土地もあります。

忘れていけないのが解体費用。
でも、家がある場合、インフラは整っている事がほとんどですので
水道、上下水、ガスなど新規で引く必要がないのは
良いところです。

建物があっても
無かったらもちろん、
どちらにしても、地盤調査は必要です。

土地は思いも寄らぬ費用が発生するので
気を付けて確認しましょう。

施主様、
今回はおしい物件でしたね。

by tani

ライフプランはどれも同じじゃない

ライフプランと一言で言っても
目的によって大きく違います。

通常行われるライフプランは
保険の見直し
この場合は保険の掛け替えが目的なので
今の見直しをしながら新しい保険の提案のために
保険を中心のライフプランになります。

また、施工会社が紹介するライフプランは
「借りられます」「建てられます」という
ローンが組めると言う確認が目的のライフプランです。

弊社が行うライフプランは
家づくりを目的として
予算としている金額が本当に大丈夫なのか?
その予算で進めて一生を通じて生活費が滞る事がないのか?
など、とてもシビアに見て無理ない計画なのかを
確認するのが目的のライフプランです。

いつもお菓子などご用意頂き
お金の事でシビアな話なのですが
和やかな時間を過ごす事ができました。
ありがとうございます。

by tani

まずは家計の人間ドックから

新規のお客様。

お若いお二人です。

まずは、大切なライフプラン。

今日は、マネーバランスクリニックの南さんにお願いしました。

2015-03-01 13.15.16

 

 

南さんもお若いのですが

小さなお子様がいる

お母さんでもあります。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

家づくりをするためにライフプランを受けて頂きますが、

早ければ早いだけ、将来に対する備えは

より、しっかり備えられます。

 

お子様が生まれる前のお若い方は

お互いお仕事してる事が多いので

つい、外食が増えたり、余裕があるので

あまり意識なく使い過ぎてしまう事が多いものです。

 

ただ、ただ、ためるのではなく

ご自身のしたい事をしながら

それ以外の「意外と使い過ぎているところ」を見直す事で

家計はびっくりするくらい変わります。

 

お金はいろいろな形で家計に密接しています。

知ることで得する事が

こんなに多いって

知らない方の方が多いのです。

 

まずは、家計の人間ドックである

『 家計ドック 』 受けてみましょう。

 

ハウス・ブリッジ tani