富田林市の家 建築家が決定しました。

先日の「設計コンペ」は
本当に素晴らしいプランばかりでしたが、
今回の建築家は

若林秀典建築設計事務所
に決定致しました。

この度は建築家の方々
多くのご参加ありがとうございました。
今後とも、
建築家ネットワークナビをよろしくお願いします。

次回の設計コンペの募集もしてます。
ご参加宜しくお願い致します。

by tani

富田林市の家 店舗+自宅の建築家プレゼンテ―ション!!

ヒアリングから2週間、

5名の建築家の設計コンペの日です。
施主様も緊張しますが、各先生方も短い時間の中で
プレゼンテ―ションするのはドキドキすると思います。

長い時間、施主のために考え練って下さったプランを想いを
伝わって欲しいと願いからです。
始まります・・・

 

1人目は 片岡英和建築研究室
タイトル【WEB  Library】

住宅地の中でプライベートを意識して
光の取り込み方と外からの視線に配慮したプラン。
2F住居の水回りを1Fに下し、
自宅と店舗の割り振りを使い分け
仕事スペースに畳のコーナーがあり
要所に和を取り込んでいます。

 

2人目は ADS一級建築士事務所
タイトル【SQUARE⁺】

店舗である1Fに十分な広さを取り、
作業のしやすさを考えたプラン
2Fは要望を全て盛り込んだうえに
収納を建てに取るなどコンパクトにまとめました。

 

3人目は オオタ デザイン オフィス
タイトル【本と住む家】

使いやすい住居空間にポイントをおき
風水の方角も意識したプラン。
店舗の必要な条件をクリアした上で
作業動線も短くする事で面積を絞り
2Fにを広く取っています。

 

4人目は エム.アイ.エー.アーキテクツ
タイトル【BUNTAN-HOUSE】

ヒアリングの時の桜、庭の文旦など
自然を意識したプランはプロローグから始まりました。
1Fの階高を高く取り十分な収納量の店舗
外階段で上下を分け
しき込みの畳スペースは多目的に使え
収納を部屋の真ん中に配置して
環境の良い庭を生かしています。

 

5人目は 若林秀典建築設計事務所
タイトル【職住一体の住まい】

水回りを1Fに下し、
コンパクトにした店舗はスライド式の本棚を配置
アプローチを歩かせた少し奥に自宅玄関
搬入搬出は全面にを取ったプラン。
仕切りを自由にできる子供部屋
腰かけられる出窓が南にあり
心地良く過ごせるリビングを提案

 

 

全てのプランが出そろって・・・
長いようであっという間の時間でした。

同じ敷地とは思えない
それぞれのプラン二ングは素晴らしく
本当に先生方に感謝。

 

どの建築家と家族の住む家、
仕事の空間を作っていこうか・・・
悩む日々です。

第一印象、プラン、相性も含めて
お返事おまちしております。

お疲れ様でした。

by tani

富田林市で設計コンペ開催!

富田林市で建築家の設計コンペを開催しました。

建築家ネットワークナビの登録建築家80名の中から

お客様に合う設計士さんを5名選び、

直接会って要望を伝えてプラン二ング頂く

それが設計コンペです。

 

要望に対してのプランだけでは

良い設計はできません。

そこには要望の意味があり、それによって提案が変わるからです。

 

建築家との家づくりの素晴らしさの1つは

要望する意味を考えて、

より良い提案をしてくれることです。

 

会って話す事で感じる事ができる人柄や

相性はもっと大切です。

リアルコンペにしかない出会いです。

お部屋を別に用意する事もありますが

お客様の好みや新居でも使いたい家具などの確認もあるので

ヒアリングはご自宅でしてもらう事が多いです。

 

こちらで用意する資料はとても多いので

先生方も資料を見るのに真剣!

 

ヒアリングの後は施主様の店舗に伺いました。

そう、店舗&自宅のご要望です。

沢山の本が積み上げられた部屋がいくつもあり

作業動線が悪かったり、負担が大きかったりしています。

次回のプレゼンテ―ションでは、

効率よく、作業の流れよく

素晴らしいプランが5つ見る事ができます。

 

最後は現地にご案内しました。

既存住宅を解体しての新築工事です。

 

ちょうど土地家屋調査士さんが測量に来ていました。

今回のプラン二ングにも正確な測量図は必要です。

各先生方には、

施主に合って頂き、直接話してもらう

現状を見て頂き把握してもう

現地を見て頂き周辺の環境ふくめより良いプランを検討頂く

設計コンペのヒアリングから、

次回はプレゼンテ―ションです。

 

5名の先生方がどんな素晴らしいプランを提案下さるのか

本当に楽しみです!

 

by tani

土地の見方と店舗付き住宅のローン

 

店舗を含めて家づくりを検討している施主様と

今日は土地見学にも行きました。

住宅地としてきちんと造成された土地です。

もう、いくつか家も建ち始めています。

高低差のある土地は気を付けないといけません。

駐車スペースを取る場合、

彫り込む作業、土止めをする作業に関して費用がかかります。

建物の形状にもよりますが

土地を見る時は

そのままで家が建つか?と言う事です。

 

建てるまでに何らかの作業が必要になる土地は

その費用も含めて土地の価格として見ておく必要があります。

 

 

ご自宅と店舗を併用する方が時々います。

家の半分までなら

住宅ローンで組む事が出来る場合が多いのですが、

そのあたりは、

各金融機関によって見方や考え方が違うので

ひとつづつあたって行くしかないところです。

 

 

 

 

 

 

事務所には本がいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

事業主の場合は特別です。

住宅ローンの見方もサラリーマンの方に比べると厳しい事がおおく

事業内容や申告の仕方によって

組めるローンは色々です。

 

事業融資もありますが

店舗を別に事業融資で組める銀行もあれば

できない銀行もあります。

また、組む時期もあります。

様々な要因があり審査される住宅ローンですので

家だけでなく、仕事の事も考え

その方の考えや融資先の考えを聞き

要望にあった良いローンを組む必要があります。

 

by tani

 

土地さがしと住宅ローンはセット!

先日の見学会にいらしたお客様とご契約頂き、

今日は土地見学→ライフプラン→融資と

長時間お付き合い頂きました。

 

まずは朝から土地見学、

・車2台を止めたい

・仕事場と住居を共にして使いやすく作りたい

という要望もあり

2台停めようと思うと、35坪ほど必要です。

面積とエリアを絞って本日見学した土地は10件ほど。

中古の戸建ても対象。

古家を解体して更地にして建築地とするのはもちろん、

築浅で、良い物件なら中古のフルリノベーションも考えて検討中。

 

駐車スペースや仕事場のスペースなどが

上手に取れれば、既存住宅を上手に利用するのも

十分な構造チェックや調査は必要ですが

コストダウンできて賢い家づくりとも言えます。

 

今後の、「インスペクション」という形

既存住宅を再利用していく流れがあります。

・宅地取引士による物件調査

・建築家の診断

・シロアリ調査

・鑑定士による価格調査

を元にその物件の評価書によって、

住宅ローンの評価にもつながり

借りやすくなる住宅ファイル制度というものができつつあります。

 

今は既存住宅が住まれないまま残っているのが

1つの問題になっているので

いよいよ本格的に制度化されるようです。

 

 

前回、ライフプランナーさんの診断を受けてもらっていたので

今日は診断結果を元に今後のキャッシュフローを作っていきます。

 

借りれるというだけでなく

家を考えた時に今度の生活すべてを見直して

しっかりキャッシュフローを見直す事で

家づくりにかけて良い金額を出す事ができます。

 

そうして、その予算が出て初めて

土地金額の目標額が出ます。

ここをしっかりしないと、色々かかる別の費用分がオーバーして

予算内に収まらないからです。

 

今回、お客様は事業主さんと言う事で

サラリーマンとはちょっと違う住宅ローンを調べます。

 

 

土地を見つつ、住宅ローンを探すのはとても大事な事です。

買いたい土地が見つかったら

すぐに住宅ローンが必要になるからです。

条件の少しでも良い、その人の考え方に合う住宅ローンを探すのには

少し時間がかかります。

一生払っていく住宅ローンの事を

ご自身がしっかり把握頂くためでもあります。

 

「どうにかなる」とはいかないのがお金です。

ライフプランを元にキャッシュフロー、そして

良い条件での融資は不可欠です。

 

始まったばかりですが

一日お疲れ様でした。

土地は長く探せばよいものではありません。

きちんと期間を決めて進めましょう。

 

宜しくお願い致します。

 

by tani