大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など、建築家との家づくりをサポート

サポート内容
資金計画サポート
資金計画の悩み
主なサポート内容
ファイナンシャルプランナーによる「家計ドッグ」

ハウス・ブリッジでは、お金のプロであるファイナンシャルプランナーによる「家計ドッグ」を行うことで、家にかけても大丈夫な無理のない予算を導き出します。 人生には家以外にもお金がかかります。子供は何人?大学進学する?公立?私立?・・・などの養育費のことや、車・家電などの生活必需品の買い替え・老後の貯蓄など、人生にかかる様々なお金を支払いながら、住宅ローンを支払っていけるかどうかをグラフや図を使ってわかりやすくシミュレーションします。

ページのトップへ戻る
家づくり全体の「総予算計画」の概算を算出。

今支払っている家賃と、年収を元に家の予算を決めるのでは、いざという時の心配が残ります。
例えば、年収や現在の借入状況を書いて銀行にローンの仮審査を出せば、いくら融資をしてくれるかを教えてくれます。それはあなたが「借りることができるお金」です。  

しかしながら、そのお金は「借りても大丈夫なお金」とはイコールにならないことがあります。

例えば、年収などが同じ条件でもお子さんが1人のAさんの場合と、3人のBさんの場合では、生活の中で出て行くお金や養育費の額が違います。ローンの支払額は同じでも、お子さんが3人いれば、ローンの支払額は家計を圧迫しかねません。「借りても大丈夫なお金」とは、あなたの家族構成や理想の人生設計に必要な支出を考慮して初めて分かるのです。養育費やその他出費がかさむ時期でも、無理なくローンを支払えるかどうかを見極めることが大切です。

そういった「あなたの家族の場合」の条件を考慮して算出した「借りても大丈夫なお金」を見た上で、最終的に「借りるお金」を決めるのです。これが実際の「ローン借入額」です。

35年ほどの返済期間の支出状況や貯蓄額をおひとりで考えるのはなかなか大変です。ハウス・ブリッジでは、ファイナンシャルプランナーがプロの目線から生活の支出や貯蓄計画を分析し、家づくりにかけても大丈夫な予算を導き出すサポートをいたします。

ページのトップへ戻る
土地以外にかかる「諸経費」を算出。

家づくりには、土地と建物以外にも結構な経費がかかります。一般に「諸費用」とよばれているものです。ハウス・ブリッジでは、土地と建物意外にかかる諸費用をすべて算出して資金計画に盛り込むことで、想定外の出費を防ぎます。

また、もしも希望の土地がどうしても最初に配分しておいた予算より高かった場合など、いくらどこで調整すれば総予算内におさめられるか?調整が可能であるか等、しっかりとした資金計画を立てることで、安心して進めることが可能になります。家づくりを進める中で予算オーバーしないよう後々で調整が出来るように準備します。

こんなにある!家づくりにかかる諸経費の色々
ページのトップへ戻る
土地にかけることのできる金額の把握。

全体の予算から諸経費を差し引いた金額の中で、土地と建物の費用を割り振ります。例えば、希望の土地が少し高めだった場合、建物にかける費用を抑える必要が出てきます。では実際、建物の費用はどのくらいまで抑えられるのか?どの金額までなら土地にかけても大丈夫なのか?というように、土地と建物に掛けられる費用を把握し、予算の配分ができるようにします。

ページのトップへ戻る
自己資金+ローンの全体予算の「配分」を検討。自己資金は大切な財産。ローン額との調整は不可欠です。

貯金の中から建築資金として用意する自己資金。 注文建築では自己資金を用意するのは必要ですが、その金額や配分は単純には決められません。人生のお金の収支を把握し、必要な全体額がわかったら、その金額をどのように用意するかの方法も色々です。 お金に関する考え方は個人によって違います。また、借り方も色々あります。 どのように借りて、どう返したいか?その方に合う借り方・返し方を詳しく聞き取りして決めていきます。

ページのトップへ戻る
支払表の作成。いついくら払う?完成までの支払い計画をサポート。

例えば土地探しからスタートして建築家と家を建てる場合、土地購入、設計、施工の3段階でそれぞれ支払い先が異なり、支払いの回数も異なります。引渡し時にローンが決済されて一括で支払いが出来るハウスメーカーや建売住宅と大きく異なる点が、この支払いのタイミングです。

ハウス・ブリッジでは、どの時期にどこにいくら支払うかのスケジュール管理、自己資金で払うのか、ローンで支払うのかなどの資金繰りの調整、また、支払いのタイミングに合わせた銀行選びなどの「総支払計画」を総合的にサポートし、お客様が理解しながら家づくりを進められるようにします。

ページのトップへ戻る