大阪 京都 神戸 和歌山 で建築家との家つくりならハウスブリッジ 家の設計について

  • facebook
  • twitter
  • googleプラス
  • instagram
  • フリーダイヤル:0120-615-541
  • お問合せ・資料請求

フリーダイヤル:0120-615-541

5つのサポート 設計について

建築家との家づくりなら家族の想いをそのまま"カタチ"に

例えば… 趣味の自転車をいつでも眺めていたい。 家族の「顔」がいつでも見ることができるキッチンやリビングがいいな。 都心に住んでいるけれど、どうしても「庭」はゆずれない。 キッチン~リビング~ランドリー。より効率的な生活動線に憧れる。...etc

建築家との家づくりは、なんといっても自分達の想いをカタチにしてくれるところではないでしょうか?でも、『建築家=ハードルが高い』と感じている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

建築家に設計を依頼する時に抱くイメージとは

自分達が理想とする家を建てたい!建築家に依頼して素敵でカッコいい家を建てることができたら…

でもいざ建築家に設計をお願いするとなったら「値段がすごく高いのでは?」「どこに依頼したら良いかわからない」「どうやって要望を伝えたら良いの?」「自分たちに合う建築家はどうやって探したらいいの?」そんなお考えをお持ちではありませんか? 

安心してください。 建築家に依頼することは「価格」の面でも「コミュニケーション」においても、ハードルが高いわけではないんです。

建築家と一緒に家をつくるということ

建築家は「家の設計」だけを行う人ではありません

建築家は家の設計を行う専門家ではありますが、彼らの仕事はそれだけにとどまりません。「家が設計図通りに建てられているのか?」「指定通りの構造計算が守られているのか?」「柱や梁に手抜きが行われていないか?」などの工事進捗の監督や、ケースによっては、建築材料の値引き交渉までも担当してくれる、心強い味方でもあります。
建築家との家づくりについてもっと詳しく

設計料は60万円~可能

実は建築家(設計士)への設計は、60万円からでも依頼することができます。あまり知られてはいませんが、建売住宅・分譲住宅・マンションなど、通常、目にすることの多い建物のすべては、建築家(設計士)が設計しており、その設計料は当然ながら、建物の費用に含まれているのです。

しかし一般的な感覚として、お客様がそのことを意識されることはありません。なぜならこれらの建物の設計主はハウスメーカーや不動産業者であり、設計費用が建物の内訳として明らかになっていないからです。また「戸建て・マンション」を扱う業者さんが、お客様に設計費用について説明することも普通はありません。

お客様との丁寧なコミュニケーションこそが建築家の最大の仕事

ハウスコンシェルジュがお客様のご希望を丁寧にお聞きします。

建築家(設計士)はお客様の想いやご要望をカタチにするのが仕事。言い換えればお客様と上手くコミュニケーションをとることができない建築家は、建築家として失格だといえます。

ハウスブリッジとパートナーを組む建築家の中には「ムズカシイ言葉をたくさん使う」「取っつきにくくて話づらい」そんな建築家は一人もいません。けれどコミュニケーションの取り方、会話の感じ方は人によってさまざまです。

そこでハウスブリッジでは、お客様と建築家が上手にコミュニケーションをとっていただくため、専門の『ハウスコンシェルジュ』が仲立ち。 建築家とお客様との間に立って、スムーズなコミュニケーションが成立するように、お手伝いいたします。 理想の家に近づけるための「あんなこと」「こんなこと」… ハウスコンシェルジュにご遠慮なくご相談ください。

家の設計に関するお客様の声