toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

【キッチンをどう作るか?】

2019-07-11|

 

【キッチンをどう作るか?】

キッチンは色々な形があります。
その人の使い勝手によって形も変わります。
どんな要望を重視するかによってキッチンを選びましょう。
これは一つのキッチン案です。

■2階キッチンを検討

ここは隣同地がくっついている狭小地の3階建ての家、
便利な市内にはよくある土地条件です。
周りに高さのある家も多い事と、
隣同士が密着しているため、1階は暗くなりがち。
やはり、家族が集まり、日中使う事が多いリビングは
2階にしています。

■考えるポイント

1階にリビングを作ったほうが
玄関からや車からの動線が良かったり、
買い物を2階に持って上がらないといけないことなど
デメリットもありますが、
この明るさには変えられません。
考え方としては
①買い物の荷物を毎回2階に持って上がらないといけない事と
②明るさの
どちらを重視するか?です。
2階にする時に気を付ける事はゴミ出しです。
昨今、分別ごみも多いので
地域のゴミ出しルールや日数によって検討も必用です。

■誰がキッチンに立つか?

この家は
・奥様が食事を作ること、
・小さな子供がキッチンに入れないようにしたいこと、
・油煙がなるべくリビングに行かないようにしたいこと、
が要望でした。
オープンキッチンも多い中、あえてキッチンを囲って作っています。
それによって、
・小さな子供がいても安心して使える
・一人で集中してキッチンを使える
・コンロの場所も考えてさらに壁も囲っているため油煙が回りにくい
という形を選びました。

■ダイニングとの関係

囲われたキッチンの場合、ダイニングとの位置関係も考えるポイントです。
お店のカウンターのように
食事を出したり片付けたりするための開口を作っています。
配膳や片付けもこの小窓を通してするので
両方から使いやすく、
汚れがきのキッチンが見えない効果もあり
スッキリ使えます。
普段見る雑誌や新聞スペースがカウンター下にあり
ダイニングテーブルの近く設置することで、
ついテーブルに置きっぱなしに雑誌や書類などを
見やすく片付けやすい定位置を作っています。
ほんのひと手間ですが、
毎日のストレスがちょっと無くなります。

■ちょっとした工夫

このテーブルは壁側に作った低い収納の上に乗るように作っています。
通常は3人家族のため、広いテーブルは場所も取るので
収納に乗せる事でその分の幅がムダにならず使えます。
さらに、テーブルが4本足になっているので自立するため、
人が多く来た時は、横向きにして使ったり
広いリビングに移動して使う事もできるようにしています。

【建築家ならではのプランニング】

空間をどう利用するか?を意識したプロのプランニングで家づくりを!

 

自分の要望だけでこうしたプランはできません。
要望を整理し、誰が、いつ、どの程度の頻度で使うか?など
その家族の生活や使い勝手に合わせて
聞き取りした要望を提案に変えてくれるのが
建築家との家づくりです。

空間デザインがわかる建築家だからこそ、
平面だけでないプランが実現するし、
空間のムダをなくし
プランニングや材料を考え
必要なコストダウンをする事で
導線を意識した使い勝手の良い家が

予算内できます。

 

場所別ギャラリーとして

各部屋をまとめた画像集もこちらからご覧ください。

家づくりのご質問はいつでもどうぞ。

 

Pocket

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ