toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

色々な考え方ができるリビングのアイデア

家の中で一番気になる、要望の多いのはリビング。

家庭それぞれ、家族の関係性などによって作る空間は違います。

また、キッチンなど他の部屋とのつながりもきになるところです。

参考になるアイデアがあるかと思います。

・木造の大空間

・リビングを下げる

・中庭の天井

・主張しない空間

・両方使えるテーブル

・リビングの床を下げる

・畳を敷き込んだフローリング

・上下に分ける空間の壁

・LDKにあったらいいな、ちょっと棚?テーブル?

・自宅にプロジェクターを設置する。

 

【木造の大空間】

「広いリビングが欲しい」とほとんどの方が言われます。
そして構造的に空間を作れる広さは違います。
大空間を望む場合、
構造は鉄筋やRC(鉄筋コンクリート造)になります。

 

ただ、木造でもここまでの大空間を作る事も可能です。
手前のキッチンの横の柱、奥の和室の柱は必要ですが
和室の壁をぬく事で空閑がつながり
とても広いリビングができます。
設計:芦田成人建築設計事務所

【リビングを下げる】

借景が良い土地や
お庭の景色がステキなお家は
窓からの景色をどこからでも楽しみたいものです。

リビングの床を一段下げる事で
食事をしている時も
リビングでくつろいでいる時も
景色を楽しむことができると共に
壁なく空間を仕切り、
少し違うスペースを演出できます。
設計:山岡哲哉建築設計事務所

【中庭の天井】

見た感じはひとつの部屋のように見えますが
サッシの向こう側は外です。

コの字型の家の真ん中を
中庭にする事はありますが
2階に部屋があり
1階の天井を揃える事で広さも感じ
雨が降っていても窓を開ける事ができ
深い屋根がかかったようなスペースです。
設計:HAUS

 

【主張しない空間】

それぞれ好みはある思いますが、
スッキリと落ち着いた美しい部屋です。
吹き抜けの広い空間
天井と壁は同じ素材で作り
壁にシンプルな作りつけ家具
エアコンも隠しています。

壁からは素朴な雰囲気の照明。
それぞれが主張せず全体でまとまって
この空間が出来ています。
設計:川添純一郎建築設計事務所

【両方使えるテーブル】

LDKの続きの和室で寝転べるといいですよね。
でも、細かく区切ってしまうと狭く感じます。
このお家は、畳コーナーを小上がりにして
リビングの中に作っています。

ごろんと出来る和室あり、
椅子としても利用しているので
その分のスペースを狭くすることなく
正座して食べる方も一緒に使えます。

リビングの床を下げる

リビングにはソファを・・・と
当たり前のように用意してしまいますが、

座らずに背もたれにして床に座ったりする方も多く
ソファじたい結構大きいので場所も取ります。

このお家は、リビングの床を一段下げています。

床に座って椅子のようにもできますし
足をのばして下がった床にすわると、
床面を背もたれにできます。

 

何人も座れる大きなソファの変わりもします。
ちっちゃな赤ちゃんのゲージにもなります。

畳を敷き込んだフローリング

フローリングに横になるのに抵抗があるって人いますよね?
やっぱり畳に横になりたい。

どっちの意見もあるように思います。

でも、洋風の室内が多い中、
他の雰囲気に合わせて和を持ってくるのも
難しいものです。

ここは、
ダイニングテーブルではなく、
座って食事をするお家だったので
フローリングの一部に畳をしこみました。

フローリングにラグを敷く感覚で

畳を敷き込んでいるんです。

ラグのように移動したり、めくれたりしないですし

板の間とフラットにしているので

つかえることもありません。

 

ちょっと意外な感じですが、

板の間に寝転ぶのに抵抗がある人も

畳にゴロンとしたい人も

これならOKです。

ひとつの選択だと思います。

上下に分ける空間の壁

LDKはもう当たり前のように

プランの中にありますが、

その間取りの取り方や配置は

それぞれの家によって違います。

 

例えばこのお家のように

空間は一緒にし、

配置もする横にプランニングしても

土地の段差を生かして

空間を仕切っています。

 

壁があるわけではないですが

キッチンとダイニング

そして手前がリビングです。

 

フラットを望む方も多いですが

上下に空間を分ける事で

リズムが生れ、楽しい空間ができます。

 

 

テラスに続く明るい空間と

少し落ち着いた明るさのリビング。

 

その家によって

家族構成によって変わる間取りですが

段差を上手に使って

雰囲気が大きく変わりますので

土地を生かした空間づくりができると

室内も楽しくなります。

LDKにあったらいいな、ちょっと棚?テーブル?

リビングの片隅のところにあるテーブル。

このちょっとしたスペースは大活躍します。

 

LDKが一般的になって

子供達はダイニングテーブルでお絵かき、宿題

大人もそこで何かしら作業しますよね。

 

そして食事・・・・

横にどけて山積みになっていないでしょうか?

少なくとも、途中の時は一旦片付けないといけないですよね?

 

そんな時にこんな棚、テーブルが近くにあったらどうでしょう?

最初からここでお絵かき、宿題!もできますし

窓がいい感じの高さにあるので丸見えにならず

明るく、窓の景色も見える。

 

ダイニングテーブルで作業していても

食事の時にちょっとこの棚に移動。

リビングで使うものって本当に多いので

一時置きの棚があると本当に便利です。

 

写真のようにちっちゃいスツールがあったら

そのまま棚の下にしまえて、

作業の時にはちょっと出して、

生活も便利に感じます。

 

パソコンなどを置く場所も

リビングまわりになるなら、ここに置いて

配線などを計画しておいても良いかと思います。

自宅にプロジェクターを設置する。

リビングにはテレビ。

それは必需品ですが、

今はとても大型の液晶を付ける方が多くなって来ました。

 

50インチ、60インチ。

少し前だと高額だった大きなモニターのテレビも

今は意外と安値で買えるようです。

 

いっそのこと、

もっと大きなモニターとして

プロジェクターを設置する人もいます。

 

シアタールームを別部屋に作る人もいますが

このお宅はリビングの天井に

昇降式のプロジェクターを付けています。

 

プロジェクターの前にある天井の線は

暗幕を引けるカーテンレール。

窓にも遮光のロールブラインドを設置しています。

 

映画が趣味の御夫婦の要望でした。

 

スクリーンはテレビを壁掛けに設置した前に

降りるように作り付けています。

巻き取り式なので必要な時だけおろして使います。

 

部屋を別に作るとスペースも必要になり

頻度を考えると他の部屋が         狭くなるのも気になりますが

リビングに設置する事で

楽しみが増えるというものです。

 

昇降式にするために必要な費用は

そんなに高額ではないので

大スクリーンで映画やテレビを鑑賞したい方には

ちょっとした贅沢ではないでしょうか?

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ