toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

お客様の声 Vol.8

-お客様の声Vol.8-
O様:人との出会いにより魅力的に完成した家

開放感あふれる空間や、広々とした窓、洗練された外観が魅力的な岡本さま邸。

「完成した家を見て、こんなに素敵な家に住めることに呆然とした」奥様がそう語るとおり、理想を遥かに越えた家づくりが実現した。

どのようにして家づくりは進められたのか。
成功のポイントは、相性のいい建築家やとことん相談できるファイナンシャルプランナーなど、人との出会いにあった。

【インタビュアー】
家族構成やご職業について教えてください。
【ご主人】
競馬場の運営の仕事をしています。年齢は36歳です。【奥様】
36歳、主婦です。3歳の娘と3人暮らしです。
【インタビュアー】
どういったきっかけで、今回家を建てることになりましたか。

【ご主人】
以前から、子どもが小学生になるころまでに、家を買いたいと思っていました。今年の5月で結婚5年目になるので、その節目に家を建てようと、妻と話になりました。

【奥様】
同じ社宅に住む友人数名が、一時に家を買って出て行ったんです。それがきっかけで、年齢的にもそろそろ家を買うべきタイミングなのかなと考えるようになり、主人と話し合いました。

【ご主人】
私はもう少し先でいいと思っていたのですが。なんせ、先延ばしになっていた結婚式の準備をしている最中だったので。結婚式の準備と家づくりと同時進行になるなと思って。けれど、家を建てようと決断しました。

【インタビュアー】
なるほど。そういう経緯だったんですね。
マンションや建売などの選択肢もあるなか、なぜハウスブリッジで注文住宅を建てることにしましたか。

【奥様】
家を建てることになって、どういう家を建てたいかと、街を歩きながらいろいろなお宅を見ても、いいと思える家がなかなかありませんでした。そんなとき、夫の姉の家が素敵だったことを思い出しました。以前遊びに行ったときに、とてもいい家だと思ったのですが、それがハウスブリッジさんの家だったのです。

資金計画も、私たちだけで立てるのは不安で、どうしたものかと悩んでいたのですが、義姉が「ハウスブリッジさんなら資金計画の相談にも乗ってくれるから、話だけでも聞いてもらったら」と背中を押され、相談に行くことにしました。

【インタビュアー】
実際に相談されてみていかがでしたか。
【奥様】
私たちの世帯収入や家族構成、ライフプランなどから、ファイナンシャルプランナーが資金計画を立ててくれました。子ども1人ならローンはこれぐらい、3人ならこれぐらい組める、というようにシミュレーションしてくれたんです。家を建てるとなると、予算や将来のお金のことが心配だったので、安心できてとてもよかったです。

他のハウスメーカーだと、「いい土地なんだし、ローンは組めるから」と一方的に押してくるばかりで、そんなにローンを組んで大丈夫なのかと不安に思うばかりでした。ハウスブリッジさんはその点、相談に乗りながら一緒に考えてくださったので、他とはかなり違いました。

【ご主人】
予算を4,000万円に設定していたのですが、実際にかかった費用は、ややオーバーの4,300万円でした。

【奥様】
借り入れる際には「怖いな、こんなに借りて大丈夫かな」と不安を感じていたのですが、家が建ち、暮らし始めると、「よし、返していこう」と前向きな気持ちに切り替わりました。建てた家に十分満足できたからでしょうね。

【インタビュアー】
家づくりではどのような点にこだわりましたか。
【奥様】
デザインや建材など、感覚的に好きと思うものをたくさん取り入れた家にしたいと思いました。開放的でありながら、プライベートな空間も確保できているような家が理想でした。

【ご主人】
仕事で服を汚して帰宅することがあるので、玄関で着替えやすいよう、玄関を広くしてほしいというのと、リビングの隣にテレビ部屋を作りたいというのが私の希望でした。後はすべて妻に任せました。

【インタビュアー】
家づくりは順調に進みましたか。
【ご主人】
概ね順調でした。ただ、土地探しには時間がかかりました。場所は、子どものことを考えて、駅近が希望でした。最寄り駅に新快速が停まらなくてもいいけど、新快速の停車駅まで自転車で行けるところにしたいとも。また、駐車場には車を2台置きたかったので、ある程度の広さがある土地がよかった。そうした条件を優先した結局、土地は想定より少し高くなり、それで、トータルの費用が予算を上回りました。

【奥様】
土地探しは半年近くかかりましたね。いろいろ見たけれどこの土地は気に入って、ここなら予算を少しオーバーしても構わないと思えたので、ここに決めました。

【ご主人】
他の土地は、子どもの小学校まで遠いとか、女の子だから治安や、駅までの道のりが気になるとか、いろいろひっかかって。途中で心が折れそうになりました(笑)。でも、もっと土地探しに時間がかかる場合もあるそうで、ハウスブリッジの谷さんのお話しだと、これでも順調な方だったみたいです。

【奥様】
土地探し以外では、特に苦労を感じませんでした。谷さんがずいぶん助けてくれましたし、それに、何より家づくりが楽しかったからです。

【インタビュアー】
家づくりを楽しく感じられたということは、設計士との相性もよかったのでしょうか。コンペはいかがでしたか。

【奥様】
建築家ってもっと気難しいのかと思っていましたが、コンペに出てくださった5人の先生はみんな若く、難しそうな人もいませんでした。どの先生のプランも素晴らしくて、感動したのを覚えています。それぞれにまったく違う良さがあり、どう選んでいいか悩みました。

【ご主人】
どの先生にお願いするかは、妻に任せました。

【奥様】
プランももちろん重要ですが、それ以上に相性が大切だと思いました。先生と相談しながら家づくりを進めたいのに、お互い言いたいことが言えないと困るので。

【ご主人】
お願いすることにしたミサオ先生は、人柄のいい方でした。話しやすくフランクで、こちらが「これがいい」と言うのに対して「それはダサい」と言われたこともあったかな(笑)。和気あいあいと家づくりを進められてよかったです。

【インタビュアー】
それでは、設計は順調だったんですね。

【奥様】
順調でした。予算にできるだけ近づけようと、雰囲気を損なわないよう気をつけながら、建材のグレードを落とすなどしてもらえて助かりました。

【ご主人】
打ち合わせは5、6回ほど重ねたと思いますが、順調でした。それに楽しかった。

【インタビュアー】
完成した家は満足なものでしたか。
【奥様】
完成した家を最初に見たときは、「ほんとに、こんなに素敵な家に住んでいいのか」と呆然としてしまいました。それぐらいうれしかったです。

【ご主人】
とてもうれしかったですね。思っていた以上に空間をゆったり感じられる家で、気に入りました。
お正月には家のお披露目を兼ねて、親族を招きました。30人ほど集まりましたが、そんなに窮屈じゃなかったです。

【奥様】
遊びに来た友人からは、「ドラマに出てくる家みたい」と褒められたり、好評です。私もとても気に入っていて、特に開放的な空間や、外観、天窓が好きです。

【ご主人】
ウッドデッキでは、バーベキューや流しそうめん、子どもはプール遊びをしています。ライトがつくので夜でも明るく、のんびりお酒を飲むのにもいいです。

【インタビュアー】
家づくりをお考えのみなさまにアドバイスをお願いします。
【ご主人】
オーダーの家は、一つひとつ決めて組み立てて完成させていくのですが、家を作り上げていく工程そのものが楽しいです。
【奥様】
最後まで妥協せず、理想の家を手に入れてほしいと思います。
【ご主人】
家は高い買い物ですが、妥協せずに選べば、とても大きな満足を得られていいものですよ。
興味があれば一度、谷さんに相談だけでもしてみるといいと思います。