toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

393 PENGIN(淡路島の家Ⅰ)

【プロデュース契約ありがとうございました!!】 2012年6月28日

直接お電話頂いたお客様です。
淡路島はメーカーさんや工務店さんで建てる方が多いので
話を聞いたりしたものの
何か「ピンとこない・・・」
「自分達の側について公平な立場の人がいたら・・・」
と思っていたとの事でした。
ドリカムパートナーの内容をご説明させて頂き
お客様・建築士・施工会社の3社の間に立ち
その3社の間をつなぎ役として、調整役として
内容を理解し、判断しながら進めるプロデュース。
お客様にとっては
「正しくこれ!いいものみつけた!」という感じだったようです。(^◇^)
時間と手間はかかりますが
一生で一度の家づくり。
お手伝いさせて頂きますので
一緒にひとつづつ進めて行きましょう。
まずはライフプラン。
家だけではない一生のお金を目で見て
自分たちの予算がまちがっていないかの確認です。
これから長いお付き合い。
どうぞよろしくお願い致します。
m(__)m by tani

 

【人生設計=ライフプランに伺いました。】 2012年6月29日

淡路島の入口ちかくにある
観音様?!(◎_◎)


淡路島にはいろんな変わった建物や建造物が目に付きます。
オペラハウス?


これは、コンサートなどが行われる「 しずかホール」。
最初見たときびっくりしました。
今日は家を建てる前に
人生設計を見直すライフプラン。


以外とみんな「なんとかなるだろう」で
予算を建ててしまいがち。
この図は、先を考えずに進む事で困った事になり、
ライフプランを立てることで
キチンと計画できるという事。
リスクを回避する事が可能になるという
わかりやすい説明です。
「なんとなく」や「ザクッと」ではなく
生活にかかるいろいろな費用をきちんと取って
収支を見ていく、ローンをどのくらいにしたら良いのか
お客様に実際の内容を把握頂くためです。


専門家が付いている事で
生活が安定し、安心して家つくりを考えられる。
当たり前のようで
以外と皆さん出来ていないのが現実です。
ハウス・ブリッジ tani

 

【土地を決める条件!】 2012年7月11日

今日はバスで淡路島に向かいました。


三宮から出ているのですが
すごく細い車庫に上手にバスが
縦二列に納まっているんです。( ^m^)
今日はいつくか候補の土地を見に来ました。
ここはのどかな風景が広がる大きめの土地。
地域や校区やご主人のお勤め先にはベストポジション。
でも、地盤が気になります。


こちらはご自宅に近い古家付きの土地。
解体費用や学校までの道のりが少し遠くて心配です。


土地はいろいろ見ないと決める事が出来ません。
たくさん見て、初めて自分達がどんな条件が絶対なのかを知る事もできますし
ご夫婦の意見も段々まとまってきます。
目も肥えて、金額や面積や条件も含め
価値がわかってきます。
そうして初めて
自分が「ここ!」と決める事ができる土地が見つかります。
そんな縁のある土地はいつも
その御家族を待っているように思います。
(*^_^*)ハウス・ブリッジ tani

 

【オーガナイズで自分を知る。】 2012年8月31日

本日、淡路島のお客様のご自宅に
オーガナイザーの方にいらして頂き
「家」に対する要望を考えて頂きました。(^^)


オーガナイズとは自分自身を知る事によって
自分に合った家づくりが出来るようになります。
希望はいろいろありますが
自分の本来の要望やご自身の性格に合っていなかったら
たとえ思ったとおりに出来ても
住みにくい、使いにくい家になってしまいます。


ひとつひとつご自身を整理して
知っていく事で、根底にある家に対する要望や
思っている事を話していく事を
オーガナイザーさんがまとめていってくれます。
意外と、ご夫婦で違う要望なども
聴き取りをしていく事で
お互いを尊重しながらまとまってきます。
少し時間は必要ですが、とても大事なステップだと
ハウス・ブリッジでは考えています。


帰りに高速から見えた
海遊館近くの観覧車。
ネオンでとてもキレイでした。
ヽ(*^ ^*)ノ ハウス・ブリッジ tani

 

【とてもいい土地が見つかりました。ヽ(*^ ^*)ノ】 2012年10月10日

以前に見ていた土地だったとの事でした。
でもその時は
そんなに良い土地だとは思わなかったと言っておられました。
暫く経って、縁あって改めて見た時に
とても素敵な土地に見えたとの事です。
土地との縁は不思議な物です。
今日は土地を見に伺ったので
その足で業者さんの所でお施主様と
土地について確認に伺いました。

明るい業者さんでした。
土地の話はもちろん、
淡路島の建築についてや
ご自身の話 などなど・・・
( ^m^)

とっても広い土地で
素敵は場所です。
建物プランが楽しみですね。
ハウス・ブリッジ tani

 

【設計コンペヒアリングがありました。】 2012年11月20日

今日、設計コンペヒアリングでした。
ご自宅で、ヒアリング資料を元に
お施主様と建築家さんとお話頂き、
要望等を確認いただきます。


これがヒアリング資料ファイル。
当日、お施主様、建築家さんに同じ物をお渡しします。
十分にご確認頂き、ご質問も頂いた上で
現地へ。


大きな敷地は三角形。
図面を見ながら建築家さんはチェック!
この日、空が雲がとても綺麗でした。


やしの木の向こうに


夕方の空に


昇り竜のような雲。
次回のプレゼンテーションが
とっても楽しみです。
村岡建築デザイン事務所様
ef設計様
UK建築計画システム一級建築士事務所様
(*′ノO`) お願いしまーす!
ハウス・ブリッジ tani

 

【設計コンペ、プレゼンでした!ヽ( ・0・)ノ】 2012年12月4日

お一人目は村岡建築デザイン事務所 村岡先生
タイトル 「パパ、ママお帰りなさい。」


2Fリビングの明るさとプライバシーを考えたプラン。
1Fの和室は脱衣所としても使える配置がとても使いやすそうでした。
フラット35Sエコ仕様でQ値も意識して頂いています。


お二人目はef設計 木下先生
タイトル 「笑顔・団欒・家族」


広い敷地を生かした平屋のプラン。
道路をあえて背にして内に広がるコの字型で
お施主様のご要望であるリビングの広さを一番に考えて下さっています。


三人目はUK建築計画システム 日高先生
タイトル 「Borderlessな家」


収納を床下にした事で面積を広げ
平屋にする事で階段などムダを省くプラン。
水平を意識し、目線をさえぎる高床式で、全体が一段高い床になっています。


お施主様は
皆さん本当に良く考えて下さっていますねーと
終った後、既に悩まれていました。
もう少し悩んで、ご夫婦でたくさん話して
決めて下さいね!(^ー^)v
ハウス・ブリッジ tani

 

【青空の上棟式!ヽ(*^ ^*)ノ】 2013年9月20日

朝からの棟上げは夕方には終わり

夕方から上棟式でした。

 

 

簡略した式も、多い中、

この現場では棟梁とお施主様が棟にあがり

祝詞をあげるという本来のお式でした。

 

 

夕日を受けて

厳かな半、響く祝詞・・・

ちなみに棟は女人禁制です。(Θ_Θ;)

 

 

双方のご家族も見守る中、

無事に終わり、

お父さんと一緒にお兄ちゃんも四方お清め、

ご家族4人でくるっと周りを清めました。

 

 

その後、

内田先生と関西ハウスの部長の前川さんと

外壁の色やビス止め方法などの打合せ。

お天気にも恵まれた上棟式でした。(*^-^)

by 南大阪ナビ

ハウス・ブリッジ 谷

 

【洲本市完成見学会 part① 《ペンギン》】 2013年11月12日

 

 

淡路島で初めての見学会です。

土地探しから始まったお施主様との家づくり

建築家さんと家を建てたい!という

お客様のご希望と少し厳しかった予算を

内田雅章建築設計事務所 内田さんと一緒に

形にする事ができました!ヽ(*^ ^*)ノ

ちょっと遠いですが、陽気の良い時期です。

観光も一緒に淡路島にいらしてください。

ハウス・ブリッジ tani

 

 

Pocket

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ