toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

「デザイン住宅とは」デザイン住宅ってどんな家?ハウスコンシェルジュがわかりやすく解説します。

2019-12-07|

デザイン住宅、デザイナーズ住宅、とはどんなものでしょうか?
デザインされた家、デザイナーがデザインした家、イメージは何となく感じるかと思いますが、色々な意味で一般的な家との違いがあります。

デザイン住宅の定義

本来、この「デザイン住宅」という物に、ハッキリした定義はないようです。ただ、聞き手のイメージは、 デザインされた家、デザイナーがデザインした家という印象を受けるのではないでしょうか?

この「デザイン」に、①形、空間を実際デザインする。という意味と、②暮らし方をデザインする。 ③暮らし方をデザインする 。という3つの意味があると思います。

① 形、空間を実際デザインする。

文字通り、外観、間取りのデザインです。

街並みに合うようなデザインもそうですし、逆に、一見して一般的なとは違う、一種、目立つ外観や、間取りの取り方によって外観がデザインされている必然的な形になる場合もあります。

街並み合うとは、隣接する他の家も含めて家自体を敷地の中で考えていったり、緑と融合させて色合いも家のデザインとして考える事もあります。

他とは全く違う形にする事はわかりやすいデザインと感じるかもしれません。

奇抜な形や他と違うとわかる家だけでなく、室内から見て、景色の良い窓を連装にして連ねる事で、窓が外観のデザインになったり、吹き抜けを取る高い天井の形体が外からデザインしたように見える事など、室内のデザインが外から見た時にも意味を持つ形になって事も同じ形のデザインに含まれるでしょう。

②色や素材をデザインする 。

施主には色々な希望や要望があります。こだわりを形にする事がデザインになる場合もあります。

好みの色合い、素材の使い方も、デザイン住宅と言えます。色はわかりやすいですが、素材も色々あります。その部屋の用途によって素材が変わる場合もあります。

水回りにタイルを使う事がよくありますが、水に強いという特性だけでなく、素材のもつ色合い、質感を楽しむ。

壁に石を貼ったり、珪藻土を塗るなどは、空間を楽しむデザインでもあり、調湿効果を考える環境のデザインでもあります。

色合いは視覚的に印象が変わりますし、木、石、タイル、紙、ガラスなど素材を変える事でも空間の印象は大きく変わります。

 

③暮らし方をデザインする 。

①②は見てわかりやすいデザインですので、デザイン住宅というとそんなイメージが強いと思います。 単にデザイン性と住みやすさを両立させた 見た目だけではありません。 その中に「住む人の暮らしをデザインする」施主に合わせた住まいが一番大事な要素です。

皆さん、性格は違います。その性格や暮らし方に合わせる事こそ、デザイン住宅の意味です。

家族の普段の生活のしかた、部屋の使い方、頻度。片付けの好きな方、苦手な方、スッキリした空間で物が出ているのが嫌い​な方、使いたい物がすぐに使えるように置いておきたい方、家事の時間、動線、家を家族に合わせて作る事も大事なデザインです。

これは本人の要望だけでなく、住まい方や性格をしっかり話し合う事で、空間のプロに話す事で整理し、提案するとう形でデザインしていく方法もあります。

世のデザイン住宅はすべて建築家の手によるものなのか?

イメージはそんな感じがしますね。

すべてとか絶対という事ではないですし、もともとハッキリした定義もないわけですから、単なるイメージかと思います。

ただ、用途や素材、色、性格、頻度などを考えつつ、立体である空間デザインをしていく事はなかなか難しい事です。

それには、単にデザインという事だけでなく、安全な空間であるための構造の知識も必要です。

一つ一つはできても、総合的に家をデザイン住宅として考えていくのはやはり建築家の知識や経験が必要と感じます。

 

自分らしいデザインとは?暮らしとは?

自分らしさとは、住みやすく心地よい家に他なりません。

その空間にいる事が心地よいと感じる事ができる事が、「自分らしい、自分仕様のデザイン」です。

家を考える時、家族それぞれの性格や日頃の生活の仕方をよく考える事。改めて話してみると、知らない一面だったり、好みを知る事も多いものです。

一人で住むだけなら個人の好みですが、家族で住む家の場合、そのデザインは皆にとって心地良い、使いやすい空間である事が大切です。

 

デザイン住宅とは

まとめ

デザイン住宅とひとことで言っても、いくつもの意味がある。

形や素材、色だけでなく、空間をデザインするときに特に必要なのは、その人に合う心地よい空間を作る事。

様々な要素を考えて、プロが入り、全ての要素を含めて提案する事を主にデザインする事。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ