toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

本当はこの順番で進める (家づくりの流れ)

家づくりを考えた時、何から始めたら良いか?と迷いませんか?

そろそろ家を考えようと思った時、何から始めたら良いか?明確な順番や答えがないため手探りで始める方がほとんどではないでしょうか?

順番、間違っていませんか?

家を建てようと思った時、ハウスメーカーや工務店を探してませんか?その両方ともが施工会社=家を建てるところです。
でも、家づくりに必要なのってまず土地です。
当たり前のように施工会社を探していますが、本来の家づくりの順番は、いわるゆ順番通りです。
家を建てるために必要なのは土地です。

建替えの人は土地があるので、
プランを考え、建てる所を決める。という事になりますが、一からの場合は、まず土地探し。

土地探しが1番です。

それから、プラン=要望
そのプラン(間取り)を考えてもらうために、ほとんどの方は建てる所=工務店を探しますが、
本当は、

間取りを考えるのが2番目です。

そして、要望をまとめ、納得できるプランが出来たら、それをどこで建ててもらおう!と探すのが施工会社です。

最後が、施工会社探しになります。

本当に順番通りです。

15年家づくりに関わったからこそ、感じる順番の大切さ。

建築のプロとして100人のお客様と家づくりをしてきました。
・宅地建物取引主任者
・住宅ローンアドバイザー
・住宅建築コーディネーター
として、お客様の要望通りの家をサポートする立場で15年仕事をしてきて、この順番通りの家づくりが出来ていない事で様々な問題が起こっていると感じます。

基本通りの順番通りの家づくりが出来れば良いのですが、それが出来ない理由があるため、施工会社から探すような家づくりになってしまっています。

・順番通りの家づくりをする必要がある事。
・その方法

をお伝えします。

順番を知る事で今の問題点や、進め方がわかります。

>家づくりの正しい順番は、あまり取り上げられていませんが、順番通りに進められない今の家づくりこそが問題点です。

① 土地を買う為にプランや見積りが必要
② 間取りを決める前に施工契約が必要。

という事です。

① 土地を買う為にプランや見積りが必要

建物を建てる土地、それは最初に書いたように、もちろん最初に用意するものです。

土地がある人は良いですが、ない人は用意しないといけません。

そして、土地は現金でポンと買えないので、ほとんどの人は住宅ローンを使います。

その、住宅ローンを借りるために、プラン図と見積りや施工契約書が必要なのです。

それは、
金融機関が住宅ローンを貸すために「キチンとした計画なのか?」という確認のためなのですが、

先に土地を買ってからプランを決めて、それを立ててくれる施工会社を探すという順番で進める事ができないことが原因です。

 

住宅ローンで先に土地を買う事ができれば、順番通りの家づくりができる。

② 最終の間取りを決める前に施工契約が必要。

そしてもう一つが、先に施工契約をしているという事です。

おおよそのプラン図​​​​​​​​​​​​​だけで先に契約するから、後に増額になったりするわけです。

土地を用意できたとして、次に、建ててくれる施工会社を探しますが、順番が違います。

施工会社を探して、希望や要望を伝え何度かのプラン変更して、そのまま施工会社との契約するのが当たり前と思っていませんか?

その後に、詳しいプランや打合せして、自分の要望で変更し、最終プランの確定をして、材料や設備は何を使うか?材料を変更したり設備などを決めていくので増額になるのは当たり前です。

プランや材料、設備の金額によって建物総額が大きく変わります。

希望を含めプランは変更になるのが当たり前。間取りの打合せをして、プランを確定する。その上で使う材料を決め、設備を選んで、全てを決定してから見積りを取り、結果、納得できる予算になっていたら契約が正しい順判です。

設計と施工を分けるという考え方。

順番通りの家づくりをするためには、施工契約を先にするのではなく、設計をねり、予算を確認するために設計と施工を分ける事がポイントです。

一般的には設計施工がセットになっている工務店やハウスメーカーでは難しいですが、設計事務所に設計を依頼し、後から施工会社に施工だけを依頼することができます。

要望や設備、工法や材料にはそれぞれ費用がかかります。

でも、予算は決まっているものですから、その予算内で何にいくらかけるか?は優先順位を付けて選んで行くようにします。

予算があるからこそ、選択して予算をおさめるという事ができます。

例えば、

・素材や設備はそこまでこだわらないけど室内の広さは欲しい。
・面積はそこそこでも良いが、材料や設備にはこだわりたい。
・家は何より性能が一番。
・外からの見た目が気になる。
・室内はシンプルにして、家具や照明にこだわりたい。

など、その人によって家に対する要望はそれぞれです。

その一つ一つに費用がかかるので、足したり、引いたりして、自分の予算の中でプランや素材を選択していく事です。

設計の専門家である設計事務所に依頼することで、専門家としてのアイデア、提案があり、要望を上手にプランニングしてくれて、納得するまで設計に時間をかける事ができます。

そして、
取捨選択した要望のつまった納得できるプランができてから、出来た図面を見積りに出すのです。

施工会社は決まっていないので、どこに頼んでも構いません。
いくつかの工務店に見積り依頼をして比較する事もできるでしょう。

 

単に安いという事ではなく、腕や質も、建物の専門家である設計事務所に依頼しているからこそ、チェックしてもらう事もできます。

もう一つ良い事は、

設計した図面通り建てているか?を建てている間、監理してくれる事です。

・設計事務所に設計を依頼するという事は、順番通りの家づくりができる。
・提案やアイデアを出してもらい、プロと一緒にプランニングができる。
・予算を何に使うか?取捨選択して決める事ができる。
・工務店を自由に選べる。
・建築中もチェックしてもらえる。

順番通りの家づくりは=施主のためにもメリットが大きい家づくりなんです。

家づくりを考えるなら、一通りの知識を付けるために勉強会に参加して見て下さい。
今回お伝えした以上に色々ポイントをお伝えしています。

選べる知識をつける『 家づくり勉強会 』

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ