toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

書斎・フリールームをどう作るか?

書斎やフリールームなど主要な部屋以外にほしい部屋があるとき、どのようにスペースをとるのか。

リビングなどに作る場合もあります。

窓の上の本棚

リビングテーブルをさけて
PCや家計簿、ちょっとした書き物の
スペースがあるととても便利です。
机なので照明もさることながら
窓も欲しいもの。

窓を取るとそこに収納を取らない事が多いですが
ちょっとした棚と兼用の本棚なら
むしろ取った方が便利で洒落ています。
設計:studio-tanpopogumi

家庭図書館

本の好きな人のお家です。
好きな本に囲まれた部屋。

横に長い窓の所のデスクで、
手前の丸テーブルで、
白い鉄の階段に座って
好きな所で本を広げて読めます。

高いところの本もラクに取れるハシゴも
邪魔にならず移動可能な特注です。
設計:川添純一郎建築設計事務所

書斎の場所①

少しわかりにくいですが、
手前にある石の低い壁で
L字型に仕切ってあるところが書斎コーナーです。

家で仕事をする事が多いお施主様でしたが
部屋としてとるのではなく家族のいるところ
LDKの一角に場所を確保して欲しいとの要望でした。
背面に大きな本棚があります。
設計:HAUS

書斎の場所②

数日前に投稿した書斎の場所①は
LDKの一角を仕切った形でしたが、
ここは、LDKに隣接はしているものの
部屋として仕切った形、
仕事や趣味に没頭できる場所です。

部屋の角はLDKの窓からの
光や風が入るように壁に隙間を作り
家族の気配や距離感を近く感じるようにしています。

書斎の場所③

最近、書斎の要望が多いです。
それだけ仕事を家でする方が多いのか?
自分だけの空間として理想もあるかもしれません。
ただ、2つのタイプの方がいて
書斎は欲しいけど、閉鎖的な部屋ではなく
家族の気配は欲しい人。

狭くても一部屋にして閉じた部屋にして欲しい人。
この写真はリビングの一角
ルーバーで軽く仕切り
テーブルだけ設置したコーナーとして作っています。
設計:中村建築研究室

 2way 部屋

部屋を振り分けるために
2階にはどうしても踊り場ができます。

踊り場を有効に使うのもよいですし、
プラス、両サイドの部屋とつなげ
その踊り場自身を部屋に取り込むと
さらに有効に使えます。

左側は仕切る引き戸を壁に引き込めるようにしています。
右側はレール仕込み戸を付ける事ができるようにして
踊り場をどちらの部屋にもつながる空間にしています。
設計:村岡デザイン事務所

書斎はやっぱり欲しい部屋

男の城や隠れ家的なイメージからか
書斎は御主人の要望によくあがります。
誰にも邪魔されない自分だけのスペースが
きっと必要なのでしょう。

家の規模やスペースに関係なく
要望も多く作る事もよくあります。
つい上がりたくなる三角屋根のロフト部分に
ハシゴで上る御主人だけのスペース
高台なので天窓から町が一望できます。

家族のつくえ

リビングの一角に机を設置する事が
最近よくあります。
ご主人の書斎として
奥様の家事机として
お子様の勉強机として
ダイニングテーブルを使うと
食事の時にどけないといけないので
途中になった時に困るって事も多いようです。

簡易な机なら工事の時に大工工事で
費用もそんなにかからず、大きさもピッタリ
作り付けの家具ができます。

収納と家事動線をまとめる

キッチンからパントリーにつながる
動線を取ることはよくありますが
このお家は、その先を
そのままバスルームへつないでいます。
家事動線を考えて水回りをつなぐ事もありますが
このお家はその間にある収納を
ウォークインクローゼットにして
様々な収納を家事動線の中に作っています。

パントリー家事室

最近、キッチンの収納庫である
パントリーのある家は増えてきました。
忙しい主婦も多くなり
ストックする物も増えたり
どうしても細々した物が増えるキッチンを
LDKから見てスッキリ見せたい
と言う事もあると思います。
それなら思い切って!と
その他の収納や家事室を兼ねて
広いスペースを取ってみました。

シアタールーム

贅沢な部屋と思うシアタールームですが
それほど大きな部屋ではありません。
最近は書斎を作る人も増えています。
兼用にしても良いですし
その方の落ち着ける空間や趣味であれば
思い切って作ってみても良いと思います。

リビングに書斎

最近は家の広さとは関係なく
書斎の要望が多い事は以前に書きました。
個室として欲しい人もいますが、
さびしいので家族の気配のする所がいい
と言う事も多く、スペースとして確保する事もあります。

ここはリビングの一角に
左側の壁を少し伸ばしデスクを作りました。
小さい子供のお絵かき
大きくなったら宿題
お母さんの家計簿
昼間は家族で有効利用できる
ご主人の書斎コーナーです。

みんなのフリールーム

家族全員で使える家にある図書館、
のんびり本を読めます。
お父さんは持って帰った仕事ができます。
お母さんは家計簿や趣味の部屋として、
子供部屋ではなく勉強する机として、
それぞれの空間を1つにして
無駄なく家族みんなで
違う時間で使うようにします。

広いテーブルに十分な書棚
スッキリと居心地の良い空間で
集中して作業できます。
それぞれに欲しい空間を
上手に共有する提案です。

書斎は廊下に

個室の作移動に必要な廊下ですが、
そこも室内のスペース。
費用も広さももったいないので
極力少なくしたい部分です。

敷地やプランの関係で
どうしても必要な時には、
逆に利用して書斎スペースを作るのは
どうでしょうか?
書棚と一枚のテーブルだけ設置できたら
立派な書斎コーナーになります。

フリースペース

階段から2階に上がったところは
各部屋に入るための廊下部分になりますが、

そこを、家族のフリースペースとして
大きなテーブルを設置しています。

 

少しわかりにくいですが、
1階に中庭があるため
外壁がコの字型にへこみがあり
左右がそで壁のように出ているので
視線も気にならず落ち着きます。

 

みんなで使えるフリースペースです

趣味の部屋

アウトドア用品、車関係の道具
その他、家の中ではなく外の物置に入れたい物
意外とたくさんありませんか?
ここは駐車場と隣接した納戸です。

玄関から入らず、納戸から室内に入れるようにしています。
それはここが
旦那様の趣味である”釣り”の道具部屋でもあるからです。
竿を立て掛け、細かい道具を並べて置けるようにしてあります。
釣りは早い時間から出かけるので
用意する所でもあり、
奥様の手をわずらわせる事なく
釣り仲間が気兼ねなく来れるようにと
小さな和室が隣接してあります。

床を椅子にして座る

イスの生活が多くなって
昔のように正座する事も少なくなっています。

ただ、イスは広く取りたい部屋のスペースの中、
置く事はもちろんですが、
引いて座るためのスペースが意外と広く必要です。

そこで、このお家は、

掘りごたつのように足を落とし
床に座るようにしています。
イスを置くスペースがなくなり
部屋を有効に使えます。

書斎を作る人が増えている

家で仕事をする人はもちろん、

小さいお子さんがいるお宅も

書類や大事なモノを触られないように、

途中の資料もそのまま置いて置けるように、

書斎を作る人が増えています

 

広い家ではなく、逆にあまり広くない場合だからこそ

必要だったりします。

 

そして、書斎は旦那様の要望で

「男の城」という憧れの空間でもあります。

家族がとても好きな方でも

会社から帰って、1人落ち着ける場所が欲しいようです。

 

また、趣味の部屋として

例えば、プラモデルなどのように

シンナーや塗料など危険なモノがある場所を

隔離できるスペースとしても

ファンなどを付けて作る場合があります。

こちらも、リビングからほど近い場所に

1人になれる空間として「夫婦で使う書斎」です。

 

旦那様の書斎としては休みや遅い時間に使い

日中は奥様の趣味のスペースとして

ミシンを置いたり手芸などの細かなモノを使う場所として

また、ゆっくり読書できる場所、

ケンカした時に離れる場所として?

など、色々な要望あり、

坪庭が望める落ち着けるフリースペースです。

 

広くなくても

こうしたスペースがある事は

色々な用途に

日常を便利に使えます。

計画してみては如何でしょうか?

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ