toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

家づくりの時の収納の工夫いろいろ

収納方法もさまざま。収納は確保することが難しいですね。

でも、建築家は少しの空間も無駄にしません。そこを収納にするのです。

【窓か?収納か?】

ドアや窓を取るために
部屋の中に壁が少なくなる事があります。
壁は壁で家具を置いたり
収納を設置するために必要なので
それを解消するために
収納の棚の一段の一部を窓にしています。

 

全面収納をそのままに
壁を無駄なく使っています。
設計:㈱庄司圭介アトリエ

 

【収納で壁を作る】

取りあえずたくさんの収納!
と、何をどう入れるか考えずに作るより、
収納された所を考えて作ると
より具体的に収納計画ができます。

普通は階段室の壁にする部分、
そこに、上部は本、下部はCDが
ピッタリ納まるように棚を作っています。
本とCDを収納する事で
棚が埋まり壁になります。
設計:内田雅章建築設計事務所

 

【取れる所に収納】

収納はいくらあっても・・・と言いますが
その収納を面積として取って
部屋が狭くなったら意味がありません。
それでも、収納量は少し余裕が欲しい所。

 

この家はスキップフロアを生かして
階段の段の中を棚に、階段の下をパントリーに
リビングの床下を
一段下がった畳スペースから使える収納に
利用しています。
設計:中村建築研究室

 

【部屋にしない収納】

洋服を上手に収納するのは難しい事。
専用の部屋としてウォークインクローゼットは人気ですが
行く手間、ドアの設置を考えると
部屋として用意するのもムダがあります、
部屋を少し広く取って、
収納そのもので仕切り、
部屋の中に壁を立てるだけの収納にします。
色々な意味で合理的です。

 

設計:永森建築事務所

 

【バックヤード】

真ん中のドアの向こうはリビング
人があるまるリビングで使う物は多く
また、来客のある場所なので
綺麗にしておきたい所。

ここはリビングの大容量の収納
収納の奥はキッチンなので
パントリーにもなっています。
洗面所にも隣接しているので
その収納もかねています。
設計;中村建築研究室

 

【壁計画】

リビングには必要な物、よく使う物があります。
部屋を作ってからではなく、
その定位置をプランの打合せの時に計画し
必要な家具は作りつけにしてしまうと
サイズもピッタリでスッキリした上に
家具ほど価格がかからない作り方もあります。

 

細々した文具や書類、掃除機etc.
リビングに必要な収納を左手の4つの収納に分け
正面にはテレビ、配線の穴を付けたTVボード
上部はフタを開けるとエアコン。
棚板を通して片流れのななめ天井に向けて
間接照明を仕込んでいます。
要望に合わせてプラン、金額、材料を調整しながら
作る楽しさは建築家との家作りならではです。
設計:ソツカアトリエ

 

【大きなロフト】

部屋の一部に収納を取るように
ベッドにもなるようにと、
ロフトは少しプラスするようなイメージですが
作るなら思い切って大きく取る事で
もう1つの部屋のように
常に使えるスペースとしてしっかり取ると
使い方も変わってきます。

 

ちょっとツリーハウスのような感じです。
設計:(有)ミサオケンチクラボ

 

【行動に合わせた収納】

例えば、お化粧はどこでしますか?
・洗面所
・部屋にあるドレッサー
・リビング

それはどうしてか?と聞かれたら
水を使うから、朝支度する動線として、
明るいから、鏡がそこにあるから
など、理由があります。

その理由が整っていたら
別の場所でも良いかもしれません。
収納はその人の行動に合わせて考えてほしいです。

写真は窓の下が収納です。

 

 

【棚の段差を変える】

 

収納は多く欲しいですが、
その他の部屋を狭くしてまで作るのは、
もったいないことです。
なるべく面積を取らずに収納量を取るにも
動くスペースは必要です。

 

壁面に取る収納の幅棚を床から順に
上に向かって棚幅を狭くする事で
体が入り、動きやすく、床面積が少なく
収納を作る事ができます。

 

【押入れ on ベッド】

子供部屋を広く快適にすると
部屋にこもってしまわないようにと
あまり広く取らない。
個室さえあれば、そう広く必要ない。

 

敷地の関係で広く取れない場合もあります。
それでも、収納はないと困るので
ベッドの下の部分を収納にしたりしますが、
どうせするなら思い切って
ここまですると相当な収納が取れます。

 

【ウォークスルークローゼット】

インではなくスルー、
入るのではなく通過できる家族分のクローゼットです。
写真の中央は、占めたドアに付けた姿見です。

ここはキッチン→パントリー(収納庫)から入り
洗面→バスルームへ出ていく事ができ、
ここから干場に出る動線もあります。

収納を通過する事で、
どちらからでも使う事が出来るとと共に
他の部屋への動線に有効利用しています。

家族のクローゼットをまとめる事で
家事が格段に楽になります。

 

【収納を考える】

昨日の収納もそうですが、
必要な所を兼用して収納を取る事ができます。

多くの方は「収納がたくさん欲しい」と言います。
でも、限られた広さの中に収納をたくさん取ると言う事は
・他の部屋が狭くなる
・収納のために土地を使ってる
と言う事で。本当にもったいない事です。

 

解決法は、
①家の物を見直し、必要な物をしぼる。
②部屋を狭くしない収納を考える。

それに、収納は上手に取らないと
ただ、物を貯める場所になってしまいます。

 

【壁に棚を差し込む】

 

収納する物にもよりますが、
整理棚や本棚を家具として用意すると
その分部屋の広さが狭くなりますが
作りつけの棚として作ると、
床を使わないので
思った以上の収納が取れます。
空気清浄機や暖房などを置くスペースにもなり
部屋を有効に利用できます。
角を利用すると強度も取れるので
しっかりした収納で重い物も置けます。

扉を伸ばして隠す

キッチンバックの収納の扉。

ハンドルや取手など付けず、
戸の板を上下に伸ばします。

 

下の部分は少し伸ばす事で
手がかりになり
扉を開く取手の変わりになり、

上部は高く伸ばす事で
棚の上に置いた物を隠す
ついたてになります。

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ