toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

作り付け家具の提案 その1

家に住む中で良く目につく家具のことについて深く考えたことはありますか?

家の雰囲気に合わせ、こだわった家具は思い出にもなります。

ぜひ、オリジナル家具を作ってみてください。

家具に合わせてプランを構成する

最近は、部屋に家具を置かず、

壁収納や作り付けの家具を作る方も多いですが

家具は思い入れのある物。

 

今まで使っていた大事な家具、

親から譲られたもの

お嫁入り道具

そして好みの家具。

 

収納という目的はありますが

それと共に部屋に置きたい好みの家具があります。

 

これもそんな家具です。

 

 

このお客様はこの家具が気に入って

この家具に合う家にして欲しい。というのが要望でした。

家具の高さに合わせて窓を作り

似た素材で上部の棚も作っています。

 

家具の好みは意外とハッキリしています。

色、素材、形。

そんな好みの家具があるなら

その家具が納まって美しく見える空間を作るために

家具からスタートするのもアリです。

 

床の素材や壁などはもちろん

家具の表情がでるような空間作りは

新たに部屋を作る時には大事な事です。

 

また、サイズもわかっているので

窓の位置、場所を家具に合わせて構成する事で

特別な間取りが作れます。

 

家づくりをする前に家具選び。

家具っていつ選びますか?

 

だいたいの方は、家ができてから

その空間に合わせて

大きさ、素材、色、好み

色々な家具を見て選んで買う。

 

そうする方が多いと思います。

 

でも、家具って結構重要なポイント。

好みもありますし、

使い勝手や形もあります。

見るだけでなく、使うものだけに

雰囲気やデザインだけで選べるものではないですよね?

 

特に椅子は大事です。

机、テーブルは頻繁に移動させるものでもなく

重い物を常に置くわけでもないので

デザインや好みだけで選んでもよいとも言えますが

椅子は座り心地が気になります。

 

 

ここは京都にある家具の専門店。

打合せの途中に寄ってみました。

国内外の様々な椅子やソファがありました。

 

 

椅子は体重をかけて、毎日何度も何度も座る。

座ってみて、立ってみて、

毎日使ってもビクともしないしっかりした作りの物

 

少し高くても家を作る際には

予算に入れておきたい物です。

 

そして、家具のイメージに合わせて

逆に部屋を合わせて作る。

 

 

ここのお家はこの家具を最初に選びました。

この家具に合う家を作ってほしいという依頼でした。

 

家具は意外と大きな物です。

その家具の大きさを考えて部屋を作らないと

入れた時に他のスペースが狭く感じます。

 

ダイニングセットなどは

テーブルの長手の長さより、

椅子を出し入れするスペースの方が必要なので

「置く」という空間以上に「使う」空間がいります。

 

色や素材も空間の中では

存在感がある家具の事を考えて決める必要があります。

 

先に家具を選ぶこと

逆に言うと、

家具のイメージがあった方が

出来上がる空間は家具を含めて決めていくので

決めやすく、全体のバランスが素敵になります。

 

家は箱を作るモノではなく

住まう空間をデザインするものなので

家具のポイントはとても大きいです。

 

家づくりを考えた時、

まず、家具屋さんに行って

好きな家具を選んでみて下さい。

 

そして、写真に撮って

こんな家具がおきたいです。って言うと

その家具を置いた時にできる雰囲気の

素敵な空間になるはずです。

 

最初にその分、

ちゃんと予算も取っておきましょう。

 

足場板で作ったキッチンバックの家具

足場板ってご存知ですか?

家をつくる時、大工さんが作業する時に歩く

家を囲む足場の上の板の事です。

 

ペンキが付いたり、傷付いたりしている事が

ここしばらく、usedと言う事で

新しくなく“イイ感じ”に使い込んである風合いを

好む素材になっています。

 

これは、その足場板で作った家具。

 

 

設計に入った建築家さんの提案です。

これはキッチンバック。

食器棚でもあり、レンジや小物を置く事ができる

結構、大容量の収納です。

 

取っ手は、ネットで購入した1つ 300円のアルミ製

足場板によく合っていて

とてもコストダウンで作ったとは思えない出来栄え!

 

施工してくれた大工さんの腕もなかなかのものです。

 

注文住宅の作り付けの家具は

現場で大工さんが作ってくれる家具と

家具屋さんに依頼するものがあります。

現場で作れるのは棚や簡単な扉がある物

引出しなどがある場合は家具屋さんに頼みます。

 

もちろん、家具屋さんに頼むと高くなるので

簡単な作りにして大工さんに作ってもらったと言う事です。

 

材料も使い方で、買った物よりずっと素敵になります。

このあたりが建築家との家づくりの楽しさでもあります。

 

足場板、

実は1Fの床もこの足場板を使ってフローリングにしています。

柔らかいのでそれなりに傷付きますが

それが雰囲気を作っています。

 

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ