toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

北側窓の家

2019-11-03|

暑さが残っていると思っていたらあっという間に寒さを感じるようになりました。

エリア限定の土地さがし

今回は、北側窓の家です。土地探しからご一緒したお家ですが、お子様が小学校という事もあり、現在の校区内で土地を探すご希望でエリア限定でした。

日光を取り込むための工夫

大阪市内の場合、周りが建て込んでいる地域も多く、この土地もそんな土地でした。南側に3階建てがギリギリに建っていたため、土地だけの状態でも影になって少し暗い印象の土地でした。逆に北側にあるマンションは敷地がゆったり建っていたため、建物との間にゆとりがあったので、マンション壁の反射を利用して高窓を取って明るさを確保しました。

そして、1階は居室にして、2階に玄関とLDKを取るという形にした家です。

写真で見て頂いたわかるように、空いている所が玄関で、上部に三角窓、北側に高窓を付ける事でとても明るい部屋になっています。南がふさがっているとは思えないくらい明るくなりました。

窓からの光の取り込み方

窓は南と思っている人も多いですが、実際は直射日光が強く、夏暑すぎて困る事も多く、ひさしやブラインドで避ける工夫も必要になりますが、北側窓の場合は開口がある事で充分明るい窓になり、直射日光でないため、逆に安定した明るさが取れます。

そして、高窓の効果も高いです。

隣り合った家からの視線も気になる窓ですが、高い所に設置した窓は、そんな視線を気にする事なく明るい光を入れやすいのです。この家の場合はFIX窓(開かない窓)にしていますが、高窓でもチェーンや電動など開け閉めができる窓にもできます。

【建築家ならではのプランニング】

空間をどう利用するか?を意識したプロのプランニングで家づくりを!

自分の要望だけでこうしたプランはできません。
要望を整理し、誰が、いつ、どの程度の頻度で使うか?など
その家族の生活や使い勝手に合わせて
聞き取りした要望を提案に変えてくれるのが
建築家との家づくりです。

空間デザインがわかる建築家だからこそ、
平面だけでないプランが実現するし、
空間のムダをなくし
プランニングや材料を考え
必要なコストダウンをする事で
導線を意識した使い勝手の良い家が

予算内できます。

場所別ギャラリーとして

各部屋をまとめた画像集もこちらからご覧ください。

家づくりのご質問はいつでもどうぞ。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ