toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

【人を迎える玄関の作り】

2019-09-17|

【人を迎える玄関の作り】

家族を出迎える。
訪問者から見える。
玄関からの見え方は意外と気になります。
 

【収納をデザインとして見せる】

まず目に入るのが
玄関から奥にあるリビングに続く収納。
玄関にも収納は必要ですし
リビングにも必要な収納、
それを、一列につなげる大きなかたまりとして見せる収納です。
LDKと玄関の必要な収納を取りつつ
床から上げて壁に浮く形で設置しています。
大きなかたまりが、床を見せる事で軽さと広さを感じ
その上、間接照明を入れる事で
軽さとシャープな印象を作っています。
その間接照明を同じように天井にも入れています。
上下で取る事で
デザイン性が増す事もあり、
玄関から入った時の印象がとても変わります。
玄関から見える部屋は
通常は見せたくない!と隠す傾向がありますが、
見えてしまうという事なら
あえて見せるという観点で作ったデザインです。

【鏡を利用する】

左手には壁全体を鏡にしています。
玄関では必ず出かける時のチェックをします。
その時に、収納の裏に付けたり、
一部姿見を設置する事もありますが、
どうせ必要な鏡なら壁全体を鏡にするという
建築家の提案です。
単に鏡を用途として設置するのではなく
部屋を映す事で、広さも感じさせるよう
積極的に使う提案です。

【建築家ならではのプランニング】

空間をどう利用するか?を意識したプロのプランニングで家づくりを!

 

自分の要望だけでこうしたプランはできません。
要望を整理し、誰が、いつ、どの程度の頻度で使うか?など
その家族の生活や使い勝手に合わせて
聞き取りした要望を提案に変えてくれるのが
建築家との家づくりです。

空間デザインがわかる建築家だからこそ、
平面だけでないプランが実現するし、
空間のムダをなくし
プランニングや材料を考え
必要なコストダウンをする事で
導線を意識した使い勝手の良い家が

予算内できます。

 

場所別ギャラリーとして

各部屋をまとめた画像集もこちらからご覧ください。

家づくりのご質問はいつでもどうぞ。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ