toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

移動手段だけでない階段の作り方

階段と言っても色んな種類があります。

螺旋階段や下が透けて見えるもの、鉄を使ったものや木製等々。

家の雰囲気にあった階段を選んでいただければいいなと思っています。

 

 

なるべく見えないように
通路として作る事の多い階段ですが
子供がリビングを通って上がれるように
など、上下階の行き来をあえて作る場合
ミュージカルのタラップのように
あえて目立つ所に階段を設置して
壁面を違う仕上げにすると
違う階段の表情になります。

 

設計:(株)庄司圭介アトリエ

 

【階段の工夫】

階段は
①その他の用途に利用する
②空間を圧迫しない
➂造形をポイントにする
この階段はスケルトンにして軽くみせつつ
黒鉄の手すりをポイントにし
窓を上下に取って明るさを確保しつつ
収納を取り
絵を飾るスペースにも利用する。

 

何気なく様々な工夫がされています。
設計:(株)セイ建築設計室

 

【軽い階段】

階段は上下階をつなぐために必要ですが
その位置を面積のムダなくつなぐのは
意外とむずかしいものです。

 

欲しい位置に作ることで
空間を邪魔しないために
鉄骨を素材にし、踏み板を強化ガラスにする事で
階段の存在はあるものの
向こう側の見える軽やかな階段にしています。
(株)庄司圭介アトリエ

 

【天井のない収納】

2階建ての木造の家。
1階の収納の天井がありません。
「電気をつける」
当たり前な事なのですが
中が確認できれば良いような収納なら
確かに日中は電気が無くても使えます。

 

1階の室内収納ならこんなこともできます。
もちろん、一応電気は付いてますけどね。
建築家の発想には驚きます。
設計:SPACE-CREATION高木建築事務所

 

【欠ける階段】

土地の面積を考えお客様の要望を入れて
プラン二ングしていく事は
面積が小さい程大変です。
この階段の一段目は三角に欠けています。
動線を考えスムーズに通れるように
斜めにカットしているのです。

 

面積を抑えつつ使い勝手を考えた
建築家の知恵です。
ほんの小さな事ですが、
こういう所を見ると
建築家と家を作りたい思います。
設計:SPACE-CREATION高木建築事務所

 

【かくれる階段】

昨日の作りつけの机があるリビング。
壁収納の一番左側に見えるのは
2階に上がる階段です。

 

そうです。収納と同じ色の引き戸で
開けると階段になっています。
上がる暖気や下がる冷気を遮断して
上下階を季節で快適に過ごせる工夫です。
設計:studio-tanpopogumi

 

【階段の工夫】

間取りに影響のある階段ですが
造形として気になる所でもあるので
見せ方もそれぞれです。

 

このお家は段差を利用して収納とからめつつ
それがデザインにもなっています。
暗くならないよう上部をガラスにしている事で
デザイン性も高く感じます。
設計:山岡哲哉建築設計事務所

 

【階段を出す】

家の階段、上下階の移動に必要ですが
その分の床面積が取られ
斜めの部分を「どう利用しようか?」と
言う事にもなります。

 

いっそのこと、
階段を室内にからめず
ポコッと外に出してタワーのようにすると
部屋も取りやすくなります。
設計:内田雅章建築設計事務所

 

【一本足の階段】

1階から2階への移動手段として
どうしても取らないといけない階段。
収納を取りこみムダにしない。

 

場所を取らず上手に空間を利用して作ったり
あえてオブジェのように見せる
階段のかけ方もあります。
スキップフロアで半階だけ上がる階段
真ん中の柱を一本通す
見た目にも美しい階段もあります。
SPACE-CREATION高木建築事務所

 

【階段横にフリースペース】

階段を上がったところには
各部屋へのアクセスのために空間を取ります。

 

1階から3階への2階の階段横、
ここにフリースペースを取ると
各部屋への物の移動、作業する台、
図書する机、遊ぶ空間、家事室など
使う人や目的を決める事なく使える
便利に使えます。
少し長く取る事で複数の用途の利用もできます。

 

【見せる階段】

2階戸建ての場合、
階段は2階にあがるために
面積を取られるけれど
作らないといけないものです。

 

写真の階段は
壁も柱も作らず空間に設置し
下をそのまま室内のように使っています。
上がる手段だけでなく
面積をじゃませず
美しく見せる階段です。
川添純一郎建築設計事務所

 

【階段 家具】

戸建ての場合、階段は必要ですが、
マンションには必要ない部分なので
ここだけはデメリット?

 

下に収納を作ったり、天井が斜めのトイレを作ったり、
そんな空間を上手く生かすためですが、
リビング階段とテレビボードを
くっつける斬新なプランです。

 

【軽い階段】

マンションから2階建ての戸建てになる
デメリットとしたら
ワンフロアの生活が上下階になる事。
そして、そのために
階段を取らないといけない事。
当たり前なのですが、
面積的にも、もったいない所です。
出来るだけ存在としても空間としても
部屋に取りこんだ軽い階段です。

 

【シャープ見える階段】

白い壁に濃いめ床、
そこに細くシャープな印象のストレート階段
空間の中の色や配分は
見る人に感じるものです。

そう見えるように
階段を鉄で作り、
踏み板裏側の手前の角部分を少し落とし
あえて階段を細く見えるようにしています

 

【階段に棚】

上下の部屋をつなぐ階段に棚を作っています。
本の多いお家はもちろん、
この本棚に入れるくらいの本はあるかと思います。

 

リビングで読んだ時。
個室で読んだ時。
通り道の「階段図書館」に返して下さい。
それに、お母さんが干してたたんだ洗濯物を
ここに置いておけば
子供が持って上がるなんて事もできます。
上下階のちょい置き。が出来て
思った以上に用途があるように思います。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ