toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

新築でキッチンを作る時の考え方やアイデア①

長時間使うキッチン

日に何度も使うところですから、

生活スタイルに合わせて使いやすくしたいですよね。

何を重視するか?に寄りますが

色々なPointで書いてみたので是非参考にしてみて下さい。

  • キッチンとダイニングテーブルの高さ
  • オーダーキッチン
  • キッチンの工夫
  • 調味料の置き場所
  • マンションのキッチン
  • クローズドキッチン
  • キッチンの床
  • LDKの気になる事
  • 木で囲う
  • キッチンを中心に

キッチンとダイニングテーブルの高さ

4mの人工大理石天板、長い!
食器の運び、片づけ、掃除を考えて
ダイニングと天板を
段差を付けずつなげたいと言う事で
この形になりました。

でも1つ問題が!
ダイニングは座って使う。
キッチンは立って使うので
高さをどこかで調整するんです。

①キッチンの床を下げる
②ダイニングの椅子を高くする

ここでは①を選び、
キッチンの床部分だけ少し低くなっています。
・床が一部下がっていたらちょっと危ないかな?
・ダイニングの椅子の高さが高いと座りにくいかな?
・フローリングが繫がってた方が掃除しやすい。
・キッチンの使い勝手
こうやって、
その何を選ぶか?によってプランは
大きく変わります。
それを考えながらするから
その人その人で変わるんですよね。
4mもの長さ!って書きましたが、
キッチンとテーブルの長さを足したら
ふつうの長さです。

オーダーキッチン

キッチンを作る、変えると言ったら
当然のようにメーカーのショールームに行き
どのメーカーにするか?と検討するでしょう。

メーカーのキッチンは基本的に
15㎝、30㎝、45㎝、60㎝の決まった箱の
何を選ぶか?で組み合わせるだけです。
いらない物があったり、
長さをそろえるために、必要ない物を選んだり、
メーカーによってある物、ない物があったりします。

でも、自分の使い勝手を考えると
メーカーにない形かもしれません。

見た目の好みもオリジナルで
自分仕様のキッチンで作る料理は楽しいものです。

そして決して高くなるわけではありません。
自分で作るキッチン、使いやすくて不要な物がなく

このみのデザインで作れます。
選択肢に入れても良いのではないでしょうか?

キッチンの工夫

1人で使う分には
キッチンはコンパクトな方が
手も届き移動も楽で良いものです。

でも色々な物や材料を使うので工夫は必要です。
例えば、このキッチン。
奥に棚を設置してます。

その棚の右側は上下がパントリーになっていて
収納を確保。
棚の下はキャスター付きのゴミ箱を
置くスペース。
ちょっとした工夫でキッチンは使いやすくなります。

調味料の置き場所

調味料、どこにおいてありますか?
テーブルの上、食器棚の中、食事の度に出す。
日々必要な物ですし、
近くに置いておきたいものですよね。

設計:(株)セイ建築設計室

キッチンカウンターの下の部分に
ニッチを作って置くと
使いやすく邪魔にならず、
ホコリもちょっとよけられます。
背板を引き戸にしておいたら
キッチンとの共有もできます。

マンションのキッチン

マンションによくある
窓でつながったキッチンは
・コミュニケーションを取りつつ
・配膳、片づけの動線を短く
・作る人の孤独感なく
・作業しながら様子もわかりテレビも見れる
・油煙が回りにくく
・物の多いキッチンが丸見えにならない
設置する場所や向きを考えたら
意外と注文住宅にもアリかと思います。


設計:(株)木津建築設計室

クローズドキッチン

様々な要素で3タイプのキッチンに分かれますが
ほとんどの方がオープンかセミオープンドキッチンにします。
でも、「作る時は作る、片付ける時は片づける」
と割り切ってしまうと、
ごちゃごちゃしやすく、油煙、臭いの気になる所なので
別にする方がよいかもしれません。
木の引き戸の向こうはキッチンで小窓のある

クローズドキッチンです。

設計監理:オオタ デザイン オフィス

キッチンの床

キッチンの足元は日々使うので
水・油でいつも汚れやすい所です。
キッチンマットをひく人もいますが
嫌う人もいます。

設計:一級建築士事務所sign

床のフローリングが木材だと気を使います。
キッチンの床だけタイルにすると
気兼ねなく使えます。
大判にすると掃除もしやすくオシャレです。

LDKの気になる事

要望に最も多いLDK。
家族で集まり楽しく食事をして
キッチンもリビングに向いていて欲しい。
ただ、臭いだけでなくキッチンの煙は
油も含んでいてホコリと一緒になると
お掃除も大変です。

設計:北野彰作建築研究所

天井をつたって流れる湯気やけむりを
ガラス板をおろすことでストップ。
リビングに流れないよう止める事で
全てではないですが、ずいぶん軽減できます。

木で囲う

機能的なキッチンはたくさんありますが
見た目が和風のキッチンはないものです。
こんな風に普通のキッチンを囲う事で
和食のお店のような雰囲気になります。

設計:村岡デザイン事務所

反対側に棚を作る事でカウンターになり
横は通常折りたため、
ステイをつけて使う時に跳ねだすようにしています。

キッチンを中心に

キッチンの場所は家作りの1つのポイントになる
と言う事を以前、投稿で書きましたが、
画像はあるキッチンに立って見たところです。
リビングに向かっていて
正面の壁にTVが設置され、
左の机でパソコン、家事や子供の宿題などします。

設計:ランドサット

庭の景色と高台の土地から借景の良い所。
キッチンを左に移動すると洗面・バスルームです。
キッチンの右には玄関。
また、すぐに上がれる位置に階段があります。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ