toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

窓・カーテン・ブラインドの工夫 その2

窓・カーテン・ブラインドについて、細かな豆知識やこれからの家づくりに役立つ情報を掲載しています。

種類が多い中で、建築家に選んでもらうメリットなどもあります。

 

【ベランダからの光】

3方が囲まれた狭小地の場合
1Fの奥の部屋は光が届きません。
2Fのベランダの床をグレーチングにして
1Fの屋根を光を通す素材にする事で
ベランダからの光が1Fに届きます。
ここは寝室なのでちょうど良い光量。
朝、こんな感じに明るくなります。

 

 

【明かり取り窓】

窓の形は色々ある話を書いたことがありますが
窓枠は決まってるわけでもなく
制作でき大きさも、ある程度自由です。
壁に埋め込まれたような窓ですが、
これもFIX (開かない窓) です。
ワクを壁の中に見えないように作り
壁と壁の間に
ガラスがはさんであるように見せ
窓が部屋のデザインになっています。

 

 

【断熱の事】

昔はシングル
今、住宅はペアガラスが当たり前で
断熱材の性能も良くなってきてはいます。

日本の製品は良い!と皆思っています。
でも断熱に関しては
今の日本の最高基準は
ヨーロッパの最低基準にやっと届いたレベルです。

「寒さを我慢すること」は
体を鍛える、丈夫になると思っている
日本人気質と関係しているみたいです。

 

 

【窓のこと④ 材質】

部屋の暖かさは
50%以上、窓から逃げてしまいます。
ペアガラス、トリプルガラスなどの
ガラスの作りや、
樹脂サッシ、木ワクなどの
サッシワクの素材によって軽減できます。
素材の価格は高価なものもありますが
ランニングコストも考えて選びたいところです。

 

 

【窓のこと③ 種類】

窓の種類ってどれくらいあると思いますか?
引き違い窓、出窓、天窓、FIXなど50種類程。
中でも、滑り出し窓は縦型、横型、
横型でも上開き、下開き、外開き、内開きと様々。
例えば横型・下開きの場合は
ガラス面がひさしになって
雨でも室内に入らず換気も出来ます。
1つ1つの窓に対して、
知識と経験から窓を提案してくれるのも
建築家の良さだと思います。

 

 

【窓のこと② 用途】

窓は用途によっても変わります。
内外から見る、換気をする、光を入れる。
特に「見る」に関しては
以前の投稿で書いた位置の中で、
デザイン的な意味と共に
室内からは立ったり座ったりする事
外からは隣の窓の位置、
通行する人の視線を線として
位置を考えています。

 

 

【窓のこと① 位置】

建築家と仕事をしていて
一般の家と違うと思うのは窓の位置です。
窓の位置を
建物のデザインの1つとして考えています。
普通、はき出し窓以外は
ほとんどの窓は部屋の壁に対して
真ん中くらいにあります。
どの形で作るか?
どの位置にあったら建物がキレイに見えるか?
それを、室内からも
美しく見える景色とともに考えています。

 

 

ハイサイドライト

壁の高い位置にある窓の事です。

隣の家の窓がすぐそばにあったり
見たい景色ではない。
など、窓を取りにくい時。
逆に、外からの視線を避けたいが
明るさは欲しい時、
よくこの様な窓を取ります。

部屋からは空だけが見えます。

 

 

ラインを作る

サッシの色は種類が少なく
普通、壁の色に合わせて同系色にしたり、
アクセントとして反対色にしたりします。

この家は、窓枠を外観の色に合わせ
窓枠の幅だけ同じ色の壁紙を選び
ラインを作っています。

横に一本のラインが通っている事で
室内がとても広く感じます。

 

 

サッシの枠を隠す

あまり意識してみた事がないかもしれませんが、
サッシの枠は意外と目立ちます。

最近、枠の幅が少ない物も
製品として出ていますが、
その枠を隠して付ける方法もあります。

ここは窓の景色が良い高台の家。
その景色を楽しむために、
2階のリビングに窓を並べて連装にして
枠の上下を見えないようにしています。

 

 

室内ではなく、外にブラインドを作る

ブラインドは便利なのですが、お掃除や、
上げたり下げたりが面倒と言う方もいます。

また昼、室内が丸見えにならず
レースのカーテンのように視線をやんわりさけたい。

窓の外にブラインドのように
ルーバーを付ける選択はどうでしょうか?
夏の日差しを外で和らげる事で
暑さを軽減できるという効果もあります。

 

 

下げるブラインドで優雅な空間

縦型のブラインド、

バーチカルブラインドと呼ばれています。

 

外からの視線や光の調整にも便利です。

素材も横型のように

硬く、強度が必要でないぶん、

布のような柔らかい素材が使えるので

色々な素材があります。

 

下部に少しおもりが入っていて

チェーンやひもで連なって

布が遊ばないようになっています。

 

横型は光の調整にはとても有効なのですが

ちょっと事務所っぽいと言う事で

カーテンのようで、機能的なバーチカルが

オシャレな感じで好まれています。

 

 

新築の場合は

取り付け金具や

レールが見えないように

レールboxを凹ませてつくっておくと

目立たず綺麗です。

 

ここでは、ボックスを作った上部に

間接照明を仕込んでいます。

 

バーチカルは

上に上げられないので

カーテンのように横に溜まる形になるので

小さなお子さんがいると

イタズラしてちょっと困る事もあります。

 

立地の条件によって変わる窓の向きと位置

ここは2階のLDK。

奥に見えるのが玄関です。

2階が玄関の片流れの屋根の家です。

 

ここは大阪市内の家が建てこんでいる

繁華街にあり、写真の左が南側3階建てが建っていて

右が北側で、高いマンションです。

 

そうです。

窓がある方側が北側になります。

 

 

普通だったら南側に窓を取る所ですが、

隣との間が狭く、しかも3階建てだったため

南に窓を取っても光が入りにくく、

さらに隣にも窓があるため

取ってもお互い開けにくくプライバシーも気になるため

 

逆に隣との敷地の間隔もあり、

高いマンションに当たる光の反射を利用して

北側に高窓を取り

そこから光を入れるというプランです。

 

周りが建てこんでいると思えないような

あかるリビングができました。

 

そして、来客の多いこのお家は

1階に玄関を作ると動線も気になるため

外階段を鉄骨でつくり

2階を玄関にしています。

 

もちろん内階段もありますが

プランを生かすため、

使い勝手や動線を考えて外階段で2階玄関。

北側のマンションを利用して光を高窓から入れるなんて

設計に建築家が入ると

プランの考え方が違うよい例です。

 

布製のブラインドがあります。

写真ではわかりにくいですが

これは布製のブラインドです。

 

ブラインドは部屋に入れる明るさを調整したり

太陽の日差しを防いだり

窓の外からの視線をさけたり

室内の様子を見せないようにしたり

 

同じ開閉でも

様々な用途に対応しています。

しかも、外気を入れて視線や光の調整ができるのも

特徴です。

 

 

そんな便利なブラインドですが、

その素材によって

事務所のようなイメージになったり

部屋の雰囲気と合わなかったりします。

 

布製であることで

そのイメージをやわらげ

用途と兼ね備えて使う事ができるので

最近使う方もちらほらいます。

 

でも、少し高価です。

頻繁に変えるモノではないので

窓に布製のブラインドを選択するのも

考えてみて下さい。

 

Pocket

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ