toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

新築で風呂を作るときのいろいろなアイデア 

単に入るだけじゃない。

場所、他の部屋とのつながり方など

いろいろな工夫することで、毎日が楽しくなります。

季節で楽しむ風呂

スーパー銭湯も流行っていますが
お風呂好きは多いですよね。
毎日入るお風呂ですから、
快適だったら嬉しいです。

大きな窓を取って、季節を感じながら
露天風呂風にできる家風呂です。
夏はひさしをふさぎ日をさえぎり
冬はこの状態で光を入れ
明るい開放的に入れます。
設計:和田修二環境建築工房

坪庭につなげる

浴室から見える坪庭は
あるだけで空間の効果は大きいものです。
それにプラスして、
洗面からも見える窓になり
外から浴室へ入れる細い通路になっています。

設計:大西憲司設計工房

バスルームに間接照明

1日の疲れを癒す浴室
メーカーのユニットではなく、
材料をひとつづつ選ぶ形を在来と言います。

落ち着ける空間を作るために
好きな色合い、風合いの材料を使う事
それも空間作りに大事な事ですが、
浴室に間接照明を入れる事で
ゆったりと落ち着いた空間になります。

お風呂のかたち

お風呂にこだわりたい人もいます。
ラウンドバスにテレビ。
何とも言えず落ち着ける
ホッとして長湯になりますね。

換気の必要な所でもあるので
窓も必要ですし
視線が気になる場所の時
外ブラインドを設置する事もできます。

バスコートのある浴室

お風呂は癒しの場。
こだわりたいという方も多いところです。
バスコートを作ると室内の広さを感じる
ゆったり露天風呂。
洗面に続くお風呂を通って
動線の近いこのコートは
目かくしをしてある洗濯物干場にもなっています

風呂の条件

お風呂の仕様って考えた事あるでしょうか?
バスタブの形 = 形や大きさ、背中の当たり具合など
ドアの広さ = 車いすなどを考えて広くしたい。
形 =開き戸、折れ戸、引き戸
向き =ドアの位置、バスタブの向き
窓 =高さやサイズ、付ける位置など
水栓 = カランやシャワーの位置、タイプ
小物置き = シャンプーなどはもちろん、掃除道具などの置き場所。

など選べるとすると意外と色々あり
その条件に合うメーカーは、まずないので
メーカーにする場合は
逆にその仕様に合わせてプランを変更するか、
その仕様を選んで作るという選択もできます。
こんなお風呂も可能です。

外壁の材料でバスルームの壁を作る

ユニットバスではなく、

バスタブや壁材などを自由な材料で作る
在来工法がでする場合があります。

多くの場合、
壁はペンキやタイルを使いますが
このお風呂は壁を
ガルバリウム鋼板という、
通常、外壁に使う材料で作っています。

天井も同じ材料を使い、
少し傾斜を付ける事で、
水滴を片側に流すようにしています。

 

外壁は雨にも強いので
浴室には良い材料と言えます。

色も最近は各色ありますし

なによりフリーメンテナンスと言われているので
汚れにも強く
質感が好きな方ならアリかと思います。

水滴が落ちる方向に素材を使えば
掃除もラクではないでしょうか?

Pocket

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ