toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

洗濯スペースをどう考えて作るか?

洗濯スペースは日光と風があればよいです。

それが洗濯スペース専用なのか、テラスを含めたものなのか、色々見ていきましょう。

・洗濯の動線と要望はこんなにたくさんあります。

・屋上干場

・タイルの床

・階段の上の干場

・サンルーム

・専用の干場

・洗濯の家事動線はよく考えてプランニング

 

洗濯の動線と要望はこんなにたくさんあります。

マンションから戸建になる時、

上下階に分かれる事が多いのが洗濯動線です。

 

①服をどこで脱ぐか?(洗濯物にいつどこでするか?)

②洗濯カゴを置くか?(どこに置くか?)

③洗濯機の場所

④洗濯した物をどこで広げるか?

⑤干し方。

⑥どこで干すか?

⑦どこに取り込むか?

⑧どこでたたむか?

⑨たたんだ洗濯物をどこにどうしまうか?

⑩誰がするか?

 

洗濯物に関する動線や使い方、考え方は

家庭によって結構違います。

 

それは、部屋の配置にも関係します。

例えば奥様が一人でがする場合なら、

その人のやり方で考えたらいいのですが、

夫婦共働きが多い昨今、ご夫婦で分担したり、

子供のしつけなども兼ねて、子供も一緒にする場合、

また、洗った洗濯物を各自の部屋に持って行く場合など

特に、動線や収納の場所は気を付けるところです。

 

それに、①~⑩の動線が上下階に分かれる時、

どの作業に負担がかかるか?によって

同じフロアで済むようにする作業と

移動する作業の場所の配置を考えるだけで

日々の家事がとても楽になります。

 

洗濯に関するひとつひとつ、

色々なポイントがあり、工夫があります。

また、

・何で干すか?(竿、ヒモ、ピンチ、ハンガー、四角ハンガー、円形パラソル)

・洗濯小物の場所。

・水回りの配慮

・取り込みやすい。

・見せたくない。

・日が当たる、乾かしやすい、風が通る

・室内干しが必要

・雨が降った時の対策

など、動線以外にも洗濯には個人の違いや要望も多いところです。

そんな洗濯のいくつかの工夫を御紹介します。

 

【屋上干場】

日々の洗濯は家事としての動線も気になり
また、あまり見られたくない人も多いものです。
このお家は
外壁を立ち上げた坪庭の上部にある
屋上の専用干場があります。

 

洗濯機と寝室に近く、洗濯物も布団も
人に見られずいつでも干し放題です。
設計:片岡英和建築研究室

 

【タイルの床】

水回りというだけあって
水が常に気になる場所なので
思い切って床をタイルにするのはどうでしょう?
縦長のシャープな印象のタイルは
洗面から風呂場まで続いていて
ガラス戸の先も見える事で
奥行きと広さも感じます。

 

 

【階段の上の干場】

 

写真の階段の天井部分に
線のように見えるのが、この家の室内干場です。
ウルトラCとも言える
凄いところにあります。
階段を上がった踊り場で洗濯物を干して
設置したヒモを引くと
洗濯物が奥の方に広がって
レール上に均等に干せるようになっています。
日当たりもよく、家のデットスペースである
階段の上部を利用した室内干場です。

 

 

【サンルーム】

共稼ぎのご家庭も多く
お天気を考えると
洗濯物を外に干しっぱなしに出来ないので
室内に洗濯物の干場があると助かります。
最近は外干しをしない家もありますし、
花粉症の方は外干しが出来ない時期には
とても便利です。

 

 

【専用の干場】

洗濯は日々するので、当然干場は必要ですが
外から見られる事はもちろん、
家の中からも、見えないようにしたい物です。

 

夫婦で仕事をしてる方なら特に
天気によっては雨の事も考えます。
このお家は、洗面所から外に出るドアを付け
干場専用のスペースを作っています。

 

洗濯の家事動線はよく考えてプランニング

ここは「洗濯専用スペース」です。
最初から、お客様の要望でした。

左側の部屋が洗濯機を置く場所と
手前が洗面台です。

洗濯をした後、カゴに入れて移動する距離も
ほとんどない、すぐ横が干場スペース。

 

 

ここは南側リビングに隣接しているテラスも兼用の場所で
光もそちらから取りたいのですが
南にマンションが建っているため、

全面開口にするために
外壁を立ち上げて
室内も隠せるし、干した洗濯物も丸見えにならない
そんな作り方をしています。

 

洗面スペースは、室内干しスペースにもなっているので
お天気が怪しい時には
ここに干します。

 

最近はご夫婦でお仕事されている方も多く
室内干しスペースは多くの方が望まれます。

廊下を利用したり、
室内のデッドスペースに作ったり

 

毎日する洗濯ですから、場所は必ず必要ですし

日常の使い勝手がとても気になる部分です。

 

外からも自分も見える場所に干したくないモノですから
この洗濯スペースというのは
本当よく考えないといけません。

 

特に、洗濯は一連の動線を
ワンフロアで取りにくいので
どの動線を上下階に分けるか?などは
他の家事動線とのからみも考えて
しっかり計画したいものです。

 

苦手な家事はできるだけワンフロアでできるよう
プランを計画した方が良いかと思います。

Pocket

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ