toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

照明が変えると部屋も変わる提案 その1

照明と言っても形は様々。隠したものや見せるもの、何を照らすのかということも重要です。

そのデザインで部屋が一気にオシャレな雰囲気になるのですから凄いですよね。

 

【蛍光灯の箱】

薪ストーブが目に入りますが・・・
手前のダイニングテーブルの上の照明
普通の蛍光灯を木の箱に入れただけのものです。

 

テーブルの長さに合わせて
明るさを取りつつもシンプルでローコスト
潔い感じもあり、逆にオシャレです。
設計:中村建築研究室

 

【照明を組み合わせる】

部屋の照明は何を使っていますか?
ペンダント、シーリングライト、ダウンライト
それぞれ特徴があるので
部屋によって照明を選ぶ事で
雰囲気が変わります。

 

また、1つの部屋に1つの照明ではなく
天井にダウンライトとスポットライト
建具である引き戸は障子の効果で
廊下の光をゆるやかに入れるので
部屋の照明を用途や時間によって
使い分けています。
設計:北野彰作建築研究所

 

【レトロな電球】

便利に使い勝手よく
設備や家電も機能的で
動線や収納の多い
ステンレスのオリジナルキッチン。

 

室内は
漆喰の壁や天然木にこだわり落ち着いた空間。
そんな中で
ちょっとレトロな照明が
全体をまとめてくれています。
設計:HAUS

 

【照明の選択】

1階の部屋に明るさを入れるために
思い切って一部屋を吹き抜けにすると
とても明るくなります。

 

大きなしっかりした梁や
建具の美しさが空間のデザインのようです。
そんな空間を見せるために
あえて照明は抑え、電球を4つ吊るしています。
吹き抜けにたまる夏の熱い空気
冬の暖気を調整するために
シーリングファンを設置しています。
設計:和田修二環境建築工房

 

【ほおずきの照明】

明るい事はもちろんですが、
形や色は部屋のアクセントにもなり
照明にはその人の個性が出ます。
鏡の横の壁に埋め込まれた可愛らしい照明は
ほおずきの中に小さな電球がしこまれています。
家を建てた時に使おうと
施主が買っておいた物を照明が活きるよう
石タイルの中に埋め込みました

 

 

【照明で飾る】

照明は部屋の中のアクセサリーのように
選ぶ物によって部屋の雰囲気が変わります。
照明自体を個性的に選ぶのも良いですが、
1つでは普通の照明をいくつも付ける事で
逆に個性的な照明になります。
明るさの調整もしやすく
遊び心や可愛さも感じますし、
コストダウンにもなっています。

 

 

間接照明をつくる

照明器具は選べば結構金額も高く
選べば費用もある程度かかります。

 

もちろん、高価なものはそれなりに良いので、
それを選ぶのも楽しい物です。

逆に、用途だけを用意すれば
明るさを取れたら良いとも言えます。

 

写真は、シンプルな蛍光灯の前に
一枚の板を設置しただけの照明。
十分明るく雰囲気のある間接照明になっています。

 

好みのペンダントライトを選ぶ

建築家と家づくりをすると
自分の要望を使い勝手よいプランに変えて
提案してくれるので
話し合いながら進めるのですが、
ダイニングテーブルの上の吊り照明だけは
好みで選ぶ方が多いです。
照明には個性が表れるのでしょう。
このお家は、全体が和風です。
黒と木の色でスッキリまとまっていて、
そのまま合わせてシャープな照明を選びそうですが、
その中にガラスの丸い照明が
とても目立って素敵です。

 

 

 

飛び出した蛍光灯

VEと言う言葉。設計でよく使う言葉です。

機能などを下げずにコストダウンをする提案のこと。

これはそのVE案のひとつで、
リビングに置くダイニングテーブルの

上の壁から縦に飛び出した照明です。

細い箱に蛍光灯を仕込み
壁からワイヤーで設置してあります。

 

 

【収納を浮かせる】間接照明の効果

間接照明というと

ちょっとムードある照明の演出のような

そんなイメージが強いのではないでしょうか?

 

間接照明の効果は色々あります。

みんなが集まるリビングはなるべく広くしたい。
という、要望が多いところです。

 

収納を浮かせて床を見せると
その先に床が繫がって見える事で広さを感じます。

さらに間接照明を仕込み明るくすることで、
更にその効果を強く感じる事ができます。

 

 

奥行きがもっとあるように見える事で

リビングが広く感じます。

 

この上はTVを置くスペースなのですが

重いイメージの黒いテレビも

軽やかに感じるという効果もあります。

 

室内に合わせて照明を作る

その部屋に合う照明は
どうやって選んでいますか?

部屋の大きさ、光の色、タイプ。
好みの色、形、用途、金額にもよります。

照明は部屋の印象を大きく変えるので
選ぶのは結構と難しいと思います。

 

なかなか好みの物がない

こんな照明があったらいいな!と思ったら

「作る」 という選択もあります。

 

 

ここは2Fにご自宅がある1Fの店舗。

 

素材を生かした木の空間にあう照明として

黒く塗ったH型をした鉄鋼を照明として作りました。

 

H の下部の凹んだ部分に普通の蛍光灯を仕込み

そして

H の上部の凹んだ部分に緑(写真はシュガーバイン)を入れ

下にたらすようにしています。

 

緑のカーテンが

間接照明にあたって独特の雰囲気の照明になっています。

「照明を作る」という選択もあります。

 

照明を真剣に考えてみる

これ、部屋のどの部分に付いている照明かというと

四隅の角に付いているんです。

しかも、肩くらいの高さの所です。

 

寝室の照明なので

明るさもそんなに必要ではなく、

部屋全体に明るくするより

必要な場所にだけあったら良いと言う事で

この形になったとの事。

 

部屋に入って意外な所にあったこともあり

ちょっと変わった照明なので

見学会の時に写して来ました。

 

 

照明は室内用、室外用、

用途や場所によって分かれていますが、

厳密にどこでどうつかわないといけない

と言う事はありません。

 

船舶用の照明を

テラスや外壁、浴室の照明にしたりします。

 

結局のところ、

形と用途に合っていれば

使い方は設計する人の提案によって

大きく変わる部分です。

 

しかも照明って家の中にどれだけ使われているでしょう。

相当の数を使っているので

これを見直していくと

使い勝手はもちろん、

結構な減額要素でもあります。

 

上の照明も、器具や大きさから言っても

金額は安価です。

寝室なので光量もそんなにいらないと言う事で

選んだ照明ですが、

なかなか素敵なアイデアだと思いました。

 

用途は?

明るさは?

スイッチは?

場所は?

どんな形がいい?

明るければ良い?デザインも必要?

掃除は?

自動?手動?

何を照らす?(一部、全体)

使い勝手

 

などなど、照明1つでも

色々な聞き方をされると

この場所の照明はこれは外せない条件!

と言うのがあるはずです。

 

改めて照明を考え直してみると

違いますよ。

特にこれから家を考えている方は

要チェックです!d(-_^)

 

間接照明を上手に使う。

アイデア次第で色々使える間接照明

立ち寄った喫茶店。

ちょっと変わった間接照明でした。

 

有孔ボードのように

等間隔に穴が開いている板の後ろに照明を仕込み

凹ませた壁に収めた間接照明です。

 

 

この、凹ませていると言うところがミソですよね。

間接照明は壁をつかって反射させ

壁全体を明るくする事で

雰囲気のある空間を作ります。

 

どんな部屋にどんな照明を使うか?

家でいうと寝室や

食後のリビングなど

落ち着いた雰囲気をつくるのには

とてもイイ感じになります。

 

でも、明るさが欲しい時もあるので

間接照明ではなく、

調光にして調節できようにもします。

 

照明はとても難しいものです。

部屋の用途によっては

照明を使い分ける必要があります。

 

例えば、部屋全体を明るくする場合は

上からの明るさが必要です。

 

勉強部屋などは

手元も暗くならないようにしますね。

 

雨の時に部屋が暗い時には蛍光色

部屋を優しいイメージにするのには電球色

最近はスイッチ1つで

蛍光色にも電球色にもできる照明も出ています。

 

間接照明は減額案にもなります。

間接照明の話しに戻りますが

この間接照明って

照明器具がなくできるので

よく減額案にもでるんですよ。

 

前に板1枚、収納の後ろなどに仕込むだけ

それも、安価な照明器具で大丈夫です。

 

通常の家づくりにも

各部屋の照明計画の中に

間接照明も考えてみて下さい。

 

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ