toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

【デザインで玄関の広さを演出する】

2019-07-15|

広い玄関は欲しい空間ではありますが
他の部屋の面積も考えると
思っているほど広く取れない事もあります。

床下まで収納を作らず浮かせる。

まず、床を見せる事。
収納は意外とたくさん必要な玄関ですが、
単に多くほしいと壁一面に収納を作ってしまいますが
狭い空間である玄関に壁一面の収納は圧迫感も感じ
狭さを強調してしまします。
ただ、収納は必要。
そこで、床の下まで付けず収納を少し浮かせて作ります。
床が続いているように見える事で、
部屋の面積を想像でき広く感じます。

天井、床部分に間接照明を入れる

そして、その奥行感を更にupするのが間接照明です。
単にオシャレ感だけでするのではなく
普通は暗い部分が奥が明かる事で
感じる広さもupします。
それだけでなく、宙に浮いた収納も軽い感じになり
軽い印象が広さも感じさせます。
収納量は減りますが幅がムダにならず、
使いたい位置の収納になる事も使いやすさにつながります。
もちろんオシャレな感じもしますし、
ワンランクアップの空間にもなります。

手前から奥に向けて一列に収納をつなげる

浮かせた分、量が減った収納を長さでカバーする演出です。
手前から奥にかけて
一直線の収納と、
上下の収納の間に空間がある事で
壁の位置がハッキリわかり
収納があっても、奥の壁の広さをしっかり感じるので
狭いと感じません。
真っ直ぐつながっている収納自体も
広さを感じる演出にもなっていて
さらに、奥行も深く感じるので
横に縦にゆったりとした印象になります。

奥の壁を反射する鏡面の素材を使っている

収納がぶつかる奥の壁。
そこを鏡面にしています。
一直線につながる長い収納が移って
更に奥に長くつながっているように見える演出です。
反射で光る素材は高級感も感じますし
その他の材料とのバランスもありますが、
色や大きさで、部屋に対する質量がちょうどよく
奥に重さを感じ、落ち着いた雰囲気と
ちょっとした重厚感も感じる演出にもなります。

光を入れる大きな窓を作っている

そして、窓。
玄関はどうしても暗くなりがちです。
そこに、大きな窓を作る事で
明るさを演出。
明るさは何より広さを感じるアイテム、
それを利用するためもあり、
この窓の外は小さな坪庭になっていて
部屋と階段からも坪庭を見えるように設計
直接外ではなく、防犯も兼ねて、
庭の緑が玄関に見えるのは
何よりの演出です。

ポーチと床の段差を低くしている。

もう一つは、床の高さ。
通常は「框」(かまち)があり、少し高くして上がるようにしていますが、
低めに作っています。
段差がある事で、仕切りを感じるため、
床が切れたところまでが床になり狭さを感じるのを
段差が少ない事で、部屋を分断するような空間にならず
つながりを感じる事で広さを感じるようにしています。
この家の玄関は面積的には
広いとは言えませんが
とても広く感じる玄関です。
そのひとつひとつが
建築家のち密な考えから
広さを感じる演出になっています。

【建築家ならではのプランニング】

空間をどう利用するか?を意識したプロのプランニングで家づくりを!

 

自分の要望だけでこうしたプランはできません。
要望を整理し、誰が、いつ、どの程度の頻度で使うか?など
その家族の生活や使い勝手に合わせて
聞き取りした要望を提案に変えてくれるのが
建築家との家づくりです。

空間デザインがわかる建築家だからこそ、
平面だけでないプランが実現するし、
空間のムダをなくし
プランニングや材料を考え
必要なコストダウンをする事で
導線を意識した使い勝手の良い家が

予算内できます。

 

場所別ギャラリーとして

各部屋をまとめた画像集もこちらからご覧ください。

家づくりのご質問はいつでもどうぞ。

 

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ