toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

446 堺市西区の家づくりヒストリー

2019.11.15 新しい家づくりスタート

大阪市 生野区 お住まいのご夫婦の家づくりが始まります。 土地さがしからの家づくり、場所は堺市にある鳳という駅周辺をご希望ですが、まずは資金計画 。

皆さんは「家づくり」を考えた時に何から始めるでしょう?

近くの住宅展示場?家の見学会?

家づくりを進めて行く明確な方法や進め方はありません。だから、みんな迷いながら色々調べたり、見学に行ったりしながら手探りで始めるわけです。

でも、それをする前に、どんな家に住みたいのか?そもそも家をどのように考えているか?ご夫婦の考え方も違います。予算もあります。

家に対する要望を出す事、かけられる根拠のある予算を出す事が大事です。

このご夫婦にもその2つをしてもらいました。そして、その結果を元に方向性を決めて土地探しをスタートしました。

2019.12.15 土地探し

昨年スタートした土地さがし、今回は3回目。予算から必要な費用を引き、逆算して残る金額を土地と建物に割り振りする事で、予算に納めていきます。

いくつもの土地を見る事で、自分がこだわるポイントもわかり、相場観が身についてくると見た土地が良いか悪いかわかるようになります。

そして、時間を決めて土地を探す事。

土地だけを買うわけではなく、建物を建てるための土地です。時間をかけて延々と条件に合う土地を探し続ける事はプラスではありません。

ほとんどの人は賃貸にお住まいです。新しい家に住むまでの賃貸料も予算のうちです。1年間土地探しをする事で、およそ100万ほどの賃貸料がかかってしまします。

土地は条件なりの金額が付いています。お買い得という事はありません。

どんな条件を一番に考えるか?優先順位をつけて外せない条件の中から候補地を探していきます。

2020.2.1 3回目の土地探し

良いと思える土地が見つかりましたが、全面道路が私道だったり、奥の家の庭木などがかかっている事など、気になる要素があり別の土地を選ぶことにしました。

土地には色々チェックポイントがあります。

隣の土地との境界、地盤、建物の面積をどのくらい取れるか?価格、道路、駐車場が作れるか?高さの制限など、単に見ても判断が付かないところは、こちらで調べたりして不確定要素をクリアにしていきます。

もし、古家がある場合は解体費用、地盤が弱い場合は地盤改良費用、段差のある土地の場合は駐車場を作るための掘削などの費用。かかる費用がわかれば土地の価格にプラスして考えれば良いのです。

単に見ただけの状態で価格を見ても、建物を建てるためにあとどのくらい費用がかかるか?を試算するのが大きなポイントです。

マイナス面がある土地でも、価格が安く、マイナス面に対して予算をかければクリアできるならば候補地になります。

2020.2.21 土地が決まりました!

迷いも色々あったと思いますが、ここ!という土地で進める事になりました。

土地を買います!と決めた時、まずは「買付証明」という物を出します。そこには条件や買いたい価格などを入れて出す書面です。出すためには住宅ローンがちゃんと借りれるという事も示さないといけません。

だから、土地探しをしつつ、住宅ローンの審査も進める必要があります。

住宅ローンの申込みや手続き、担当者とのやりとりなども弊社で行いますので、ご本人には申込書の記入や必要資料を送って頂くだけです。

最近はご夫婦で住宅ローンを借りる事も多く、審査も一緒に受けて頂き、無事通っていました。

いよいよ、次は設計コンペです!

2020.3.18 設計コンペヒアリング開催

本日、設計コンペのヒアリング。

忙しい施主様ですので、今回はお仕事終わり、帰宅後からのヒアリングでした。

5つの設計事務所の方々に来て頂き、施主宅でのヒアリング。

今回は各事務所、それぞれ2名ほどの参加のため、リビングがめいっぱい!施主様も含めて13名です。

ヒアリング前には建築地も見て頂いた上、施主様の要望をまとめた資料にて質疑が行われました。

要望はそれぞれありますが、文字と言葉にはニュアンスの違いもあり、質疑の中で施主様の想いを感じて頂く事がヒアリングの大切なところです。

次回はそれぞれの設計事務所によるプレゼンテーション。

同じ建築地、同じ条件、同じ時間のヒアリングの内容を経て、いったいどんな間取りが出てくるのか?プレゼンテーションがとっても楽しみです。

各設計事務所の方々!どうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ