toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

新築で子供部屋を作るときのアイデア 

子供部屋は家を建てる際に子供が何人出来るかわからないことがあるので、

後で仕切れるように壁を作らず簡単に仕切ることがあります。

 

新築の子供部屋でよくある要望

子供部屋は親の考え方で色々です。

よくある要望は、「リビングを通るようにしたい」

家を出る時、帰った時、必ず家族と接する位置に部屋を作りたいという事ですね。

また、今後、性別人数によって、わからない場合、

「将来仕切れるようにしたい。」という要望も多いです。

こもらないように快適にせず、

あえて最小限度の物だけを設置して小さな部屋にする。

などもよくします。

子供部屋のちょっとした工夫

各部屋にエアコンはちょっと贅沢って場合に

2部屋を天井でつなげて、1つのエアコンを共有で使えるようにしたり

ベッドを2つの部屋の壁位置に設置して、

上と下をそれぞれの部屋から使えるようにしたり、

ここは階段下を利用して

小さいうちは母親の目の届く場所で勉強するように

勉強部屋を作っています。

 

各自の部屋は個人の持ち物とベッドだけにすることもありますし

もともと、いずれは独立する事を考えて

別の部屋にする事を考えてプランニングする。など

子供部屋はその家族の関わりや考え方で

本当に色々な形で作ることができます。

部屋で仕切る

子供が小さい時は
親のいるLDKに子供の物が集まります。
おもちゃ・洋服・かばん・帽子
子供の物は細かく多いので
結構リビングを占領します。

そこで、リビングに子供の物を収納する
小さな部屋をつくり
そこに集約するようにしています。
まとまる事で使い勝手よく、
その部屋自体で空間を軽く仕切っています。
川添純一郎建築設計事務所

梁にブランコ

梁(はり)というのは横向きに使う
家を支える木材の事です。
天井を貼って、この梁を隠す方法が
一般的かと思いますが、
最近は梁を見せる仕上げも良く見ます。
・天井の材料が必要なくなる事
・天井が高くなる事
はメリットですが、見えるようになるので
綺麗に仕上げる分手間はかかります。

こんな風にブランコを付ける事ができるのも
メリットかもしれません。
No.305 FOUR SEASONS HOUSE
設計・監理 studio-tanpopogumi

遊び心もポイント

女の子の部屋はやっぱり少し可愛い感じに
したいものです。
壁の色も1面だけ変えるだけで
空間の雰囲気が変わります。
ちょっと遊び心も大切。

その壁に色違いの小さな箱を斜めに3つ
小さな家具ですが、あるだけで
部屋が明るくなります。
ちょっと飾りたくなります。
設計:永森建築事務所

コンパクト子供部屋

子供部屋をどう考えるか?
子供部屋への動線も気になりますが
部屋そのものの作り方、広さも意外と悩むところです。

その時の年齢、性別、関係性、親の考え方によって
とても違うからです。

このお家はお子さんが3人と言う事で
1人づつの部屋を十分に取るのではなく
コンパクトに、広さを有効に使えるように

ベッドを大工工事として現場で作ってもらっています。
高さを取って下も収納に使え
簡易な棚はベッドに座ると机にもなる高さです。

子供部屋にカベを作らず建具で仕切る

建具というのは住宅用語で
部屋の仕切りに使う障子・襖・窓・戸の事です。
ここは3人兄弟の子供部屋。
まだ小さい時はどんな風に使うか
いつ仕切るのか?
同性の場合仕切らず使うのか?
このお家は、
建具をしまう収納スペースを作り
将来、建具で仕切れるようにしました。
3つ並んだ部屋は広々とした大空間として使えます。
子供たちがいなくなった後も
融通が利く使い方ができます。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ