toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

洗面所の要望に対する提案 その2

普段洗面所はプライベートな空間ですが、来客があったときはどうするでしょう?

建築家が入ると、一般と違った提案ができます。

・タイルの洗面台

・メイク室として洗面所を作る

・パブリックな洗面スペース

・洗面台は選ぶポイントがたくさんあります。

・2階の洗面所の作り方

 

【タイルの洗面台】

バスルームに隣接している洗面所。
白にまとめた空間です。

同じ白でも、それぞれの素材が違う事で
逆に質感を感じます。

タイルの洗面台は、
可愛さもあり少しレトロな雰囲気もあります。
小さなタイルで台を、大きなタイルで壁、
その壁をバスルームに続けています。

 

 

タイルの大きさも色々あり、
それによっても雰囲気が変わります。

飛び出す形にした事で
意外と大きくどこに置くか迷う
洗濯カゴの置き場所にもなっています

 

メイク室として洗面所を作る

洗面所でメイクする人、

意外と多いのではないでしょうか?

 

水があって、鏡があって

小物を置ける棚がある。

メイクする条件そろっていますよね。

 

そこで、洗面所をメイクする部屋として作ると

ちょっと素材などが変わってきます。

 

 

鏡がスライドして収納の引き戸になっています。
普通は洗面の位置と合うように
少し左に鏡があり、小さな窓が見えます。

 

朝の支度が重なった時、鏡を中央に持ってくると
2人でも使いやすくなります。

開けた時の中の色を

ドキッとするようなショッキングピンク!

洗面所の天板はピンクベージュのキラキラタイル

照明もメイクの時に肌がきれいに見えるように選んでいます。

 

毎朝、使う時、

女性はテンションが上がりますよね。

 

パブリックな洗面スペース

洗面所って

意外と家族以外の人も使いませんか?

お友達が来て手を洗うなんて事もあります。

 

そんな時、普通の洗面所は

バスルームと隣り合っている空間で

洗濯機がある、だから、洗濯物もある・・・

と言う事が多いかと思います。

 

歯磨き、顔洗う、

意外と、プライベートな空間です。

でも、そこに手洗いがあったら

通す以外ないですが、ちょっとためらう事ありませんか?

 

このお家は洗面所を別に作っています。

壁も少しオシャレなガラスタイル。

 

 

下の空間はそのままに

タオルや最低限必要な物だけを

しまって置けるよう、洗面台は引出しにしています。

 

こんな洗面なら

「どうぞ!」って使ってもらいやすくないでしょうか?

 

家族が多いお家にも

2つ洗面ボールをつくったりしますが、

1つを別のスペースに作ったら

パブリックとプライベートを分ける事ができますし

使いやすい空間になると思います。

 

ちょっとした事ですが

日々の中でいいなと思えるスペースがあると

ちょっと幸せになります。

 

洗面台は選ぶポイントがたくさんあります。

洗面所って

その人の考え方や使い勝手によって

違います。

 

まずは洗面のボールの位置

この写真では

①台の上にのっている形

もう1つは、

②台に埋め込まれてる形

 

好きな形かどうか?と

掃除の事が決め手になると思います。

 

それから、水栓の場所

①この写真ではボールの上にのっていますが

②ボールの形によっては外からボール上に付く形になります。

 

決めては、形の好きずきと

やっぱり、掃除ですね。

水栓を使ったあとに水ぬれした手でしめる事で

水が台に垂れるので

気になる人は多いですよね。

 

洗面ボールの形状が一番気になり

好みのある部分だと思いますが。

四角、丸、楕円だけでなく色々あります。

大きさや深さも様々、

毎日の洗面、ハミガキだけでなく、

靴を洗う、コンタクト、化粧などなど

何をするか?で形状も変わると思います。

 

素材もありますね。

通常は陶器が多いですが、

人口大理石の一体成型や、和風のもの

個性的なモノもあります。

 

あとは

最近は朝のラッシュを考えて

ホテルのような2ボールにする家も増えています。

広い洗面台に2つの水栓が付いているようなモノもでています。

 

 

そして、水栓の形状

グースネックのようなモノもありますし

まっすぐに伸びた形、

シャワー水栓に変えられるモノ

 

それから、取手の形状

回す、倒す、ひねる、押すなどなど色々です。

 

台や壁の素材などもありますね。

耐水性が気になる場所ですが、

好みのイメージもあるはず。

 

 

ポイントに沿って写真の洗面を説明すると・・・

 

木の台上に置く陶器四角い浅型ボール(言い方変ですが・・・)

に水栓が1つ

押し上げるタイプの取手ストレートな水栓

ボールのにのった形で、

カベはタイルにしています。

 

と言う感じ。

洗面台を決めるだけで

こんなにポイントがあるんです。

 

ポイントを考えて

選んでみて下さい!

 

2階の洗面所の作り方

ここは2階に上がった所にある

フリースペース。

 

正面に見えているのは2階のトイレです。

その横に洗面所。

 

2階に洗面所は必要です。

お掃除の時など、1階で水を汲んで上まで持って行く

ちょとと水が必要な時でも

1階に下りないといけないのはとても面倒です。

 

かといて、そのスペースを取るのは

もったいない。

そこで、

 

 

トイレの手洗いを兼ねた洗面を

2階の洗面所として扉の横に

壁を凹ませて作っているのです。

 

トイレを広くして使うような事もありますが

洗面を外に出す事で

通常使う抵抗もなくなります。

 

2階は家族の部屋があるので

朝、夕と顔を洗う、歯磨きをするなど

支度をする鏡といい、2階にもあるととても便利に使えます。

 

洗面所は

どこにどう作るか?で使い勝手が変わります。

プランニングの時に

よく話し合って決めましょう。

 

 

Pocket

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ