toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりブログ

和室をおしゃれにする工夫

ここでは、最近無くなりつつある和室を作るための工夫や造り方を載せています。

「有ったらいいけど広さが確保できない」とか「どこにどうとったらいいかわからない」を解決します。

小上がりの和室

リビングは広くしたいけど、畳スペースは欲しい時に
小上がりの和室スペースを作ると便利です。

  • やっぱりゴロッと寝転べる
  • 取りこんだ洗濯物をたたむ
  • ダイニングテーブルに合わせて椅子として
  • 下部を収納にする
  • 子供の昼寝や病気の時に目が届く

結構活躍する和室になります。

リビングに畳を敷き込む

出来たら和室も欲しい。
人が泊まりに来た時に部屋がない。
でも、必要な部屋を確保したいし、予備のスペースはもったいない。

そこで、リビングに床つながりで畳を敷き込むと
部屋の広さをそのままに、コーナー的な和室を確保できます。
ダイニングテーブルや建具で雰囲気を合わせています。

設計:studio-tanpopogumi

和室におしゃれな照明

座って使う和室は天井の高さは低くてよいので
このように小上がりにして使い勝手を良くしたりできます。

照明も下がるタイプの物でなく、建具をそのまま仕込んだような
凹凸のない物にするとスッキリし、掃除も楽です。

設計:(有)松尾設計室

和室の質と色で空間を仕切る

リビングに続く和室コーナーは
戸を壁に引き込むことで空間がつながり広さも確保できます。

和室としての良さを出すために、
あえて木の質や色を変える事で一段上の空間として仕切り、
独立した部屋のような和室コーナーにしています。

設計:山岡哲哉建築設計事務所

​​​​​​​マンションの和室もおしゃれに

マンションのように、2つの扉をあけるとリビングにつながる和室。
洗濯物をたたんだり子供を寝かせたり、
ちょっとごろっとする時にあったら便利な場所です。

一軒家でも、和風の空間の中にそんな形のプランニングをするとまた違う落ち着いた雰囲気になります。

掘りテーブル

4.5帖の和室の真ん中の畳を取って同じ大きさのテーブル板を設置。
足を落とせる掘りごたつならぬ、堀りテーブルです。

天板や足になる柱部分は畳の下に格納できるようになっています。
要望やアイデアでこんなことも出来ます。
こんなのがあったらなぁ~っていう気持ちがプランを作るのです。

畳コーナーを作って和室に

和室・・・ではなく、リビングの横の小上がりの和コーナーです。

板の間に寝転がるのは少し抵抗がありますし
第一、硬いので、こうしてちょっと横になれる畳コーナーがあるととても便利です。

小上がりにする事でちょっと腰かけるのにも便利ですし、ダイニングテーブルの椅子代わりにもなります。

下の部分は収納になりますが、奥は使いにくいです。

そのため、このお家では奥を板の間にして上部から入れるフタ付きのおもちゃ箱にしています。

奥の板の間部分を、全てを収納にしてしまうと圧迫感が出ます。

上の部分は浮かせることで下の収納が使えるようになり、奥行きも出て、広さを感じます。

和室の収納を浮かせる

少なくなったとはいえ、やっぱり和室は1つは欲しいものです。

でも、他の部屋との面積の関係でなかなか広く取る事は難しい和室。

4畳半くらいが多いのですが、そのまま4畳半では少し狭いです。
お客様に泊まって頂くためでも自身が寝るにしても、布団をしまう場所も必要です。

その面積と収納を両方解消するためのひと工夫が写真のような形です。

和室の奥に少しだけ板の間を取ってスペースを確保し、収納を少し浮かせて作ります。

そうする事で、

  1. 布団の上げ下げがラクになる
  2. 奥に間接照明を仕込むことで軽く見える
  3. 下部を上げて作っていることで床が続き広さを感じる
  4. 床の間のような使い方ができ余裕を感じる

チョットしたことですが、このひと手間にとても大きな効果があります。

このあたりが他と違う建築家との家づくりのワンポイントです。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカーへ